親が過干渉!大学生になったら親は関わり過ぎずに子供に自立を!

大学生になっても親の過干渉で悩んでいるという人もいます。過干渉の親は、自分が過干渉だということに気がついていないことが多く、大切な子供のために一生懸命あいじょうを注いでいると思っています。

そんな親の皆さん、子供が大学生になったのをきっかけに、子供に構いすぎるのをやめてみませんか?親の過干渉は子供の自立を妨げることになります。

大学生の子供と親の関わり方や、親の過干渉についてのお話をお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

目つきが怖いのを治す方法!怖く見える原因と改善方法

周りの人から「目つきが怖い」とか「何か怒ってるの?」と言われたことはありませんか?自分では、普通の真...

ブリッジのやり方を子供に教えるときのコツや続ける効果とは

ブリッジのやり方を子供に教えるときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか? では、子供...

趣味がドライブという女性は有り。一人ドライブのメリット

趣味がドライブという人はいますが、男性に多いのではないでしょうか。 では女性で趣味がドライブと...

ゴーヤの葉っぱがしおれる原因とゴーヤを栽培する時のポイント

ゴーヤを栽培している人の中には、ゴーヤの葉っぱがしおれることに頭を悩ませている人もいますよね。 ゴ...

犬の鳴き声で気持ちがわかる!?クーンと鳴くときの気持ち

犬の鳴き声で「クーン」はどんなときにしてくるのでしょうか?子犬のうちなら可愛いクーンも大きくなってく...

幼稚園の年少さんに通園し始めたが友達が出来ない時の解決策

4月から幼稚園の年少さんになり楽しい幼稚園生活を送ってほしいと願うママも多いですよね。しかし友達が出...

新卒と中途との待遇の違いと中途採用者が出世するための秘訣

新卒とは違って中途採用者に求められるのは即戦力。 即戦力を期待されて入社しても、新卒よりも待遇が悪...

見た目が怖い人で本当は優しい人の特徴と見た目通り怖い人の特徴

見た目が怖いけど、本当は優しいという人はいます。あなたの周りにもいませんか? 人は見た目が9割...

ジムの持ち物、仕事帰りに寄るならできるだけ少なくが鉄則!

仕事帰りのジム通いで悩むのが、ジムに必要な持ち物たちの存在。 あれもこれもと用意してしまうと、大き...

食事中に鼻をかむのはマナー違反だと思うか聞いてみた!

ラーメンや、辛いものを食べると鼻水が止まらないことってありますよね。 食事中に鼻をかむのってど...

石粉粘土で作る簡単ブローチ!陶器のようなかわいいアクセサリー

陶器のように見えるかわいいアクセサリーは、石粉粘土という粘土を使ってハンドメイドすることができます。...

韓国語の勉強法が知りたい!独学でも簡単に楽しくできるポイント

韓国のドラマを字幕無しでみたい!K-POPの歌を理解したい! 色んな理由で韓国語を学んでみたいとい...

隣人との騒音トラブル。一戸建てでも注意が必要

隣人との騒音トラブルといえば集合住宅の場合が多いものですが、一戸建てであってもたびたび起こってしまい...

既読スルー!友達から既読無視される。友達の心理と思いつくこと

既読スルー。 ちょっと凹むけど、LINEは気軽なツールです。 あまり気にしないほうがいいと思いま...

芸人の出待ちをしてプレゼントする場合に喜ばれるものとは

誰しもが好きな芸能人っていますよね。 最近すごくイケメンが多くてアイドルのように人気なのがお笑い芸...

スポンサーリンク

子供が大学生になったら親の過干渉はNG!

子どもが大学生になったら、親は子を“保護する姿勢“から“見守る姿勢“にシフトチェンジしましょう。

子の自立を最終目標に掲げていく良いタイミングとなります。

3つの自立

  • 生活的自立
  • 精神的自立
  • 経済的自立

親はこの3つの自立を支援してあげるといいでしょう。

自分の身の回りの整理整頓を始め、身だしなみを整えたり、生活リズムを整えることが出来るのが生活的自立です。

何から何までしてあげていては、生活的自立はできません。

自分のことは自分で考えて決定し、行動できるのが精神的自立です。

大学を卒業した後や就職してからのビジョンは考えているのか、そのためにしていることや出来ることは何かなどを聞いてあげるといいでしょう。行動に起こしているようであれば見守りましょう。

親に依存することなく自分自身が生きていくために働くことが、経済的自立です。子どもはいくつになっても自分の子どもです。生きているうちは色々なサポートができますが、出来なくなったときに子どもが困ることのないよう3つの自立を意識することが大切です。

大学生で親の過干渉はNG!でも放置もNG!

過干渉とはどの程度の範囲のことなのでしょうか?

お金がかかることを全面的に援助したり、家事を今まで通りにこなしてあげることが過干渉と言えます。

あらゆる部分で不自由ない生活をさせてしまうのは、何も出来ない子どもになってしまいます。

一人暮らしを始めたときに、困ることのないようにやり方を教えてあげるのも親の愛情ではないでしょうか?

高頻度で掃除に行ってあげたり料理を作ってあげることは、子どものためのようで実は自分の為です。

放置すれば良いということではありませんが、ほどほどにしてあげるのが子どもの為でもあります。

何でもしてあげるのではなく、やり方やコツを教えてあげましょう。どうしたら楽ができるか、簡単になるのかなどです。今は便利なものがたくさんあるので、一緒に家電屋さんに行ってみるのもいいでしょう。

生活は完璧にこなすのではなく、自分の出来る範囲で過ごしやすいようにするのが一番です。お父さんやお母さんの知恵を教えてあげてください。

親の過干渉で悩む大学生 親から言わせてもらうと

親の過干渉は、ほとんどが正しいと思ってやっています。

外泊禁止や門限はあなたを心配しているからです。一人暮らしをしてはいけないと言うのは、あなたが全部お父さんやお母さんにやらせていてあなたは出来ないと思い込んでいるからです。

そもそも、大学には自分が行きたいから行っているのではないですか?

親の過干渉がどうしても許せなければ、アルバイトでもしてお金を貯めて家を出ましょう。

自分で生活することが、どんなに大変かわかるでしょう。自由な時間が手に入りますが、そのぶん取られる時間も多くなります。もちろん、掃除や洗濯をしないで食事も気にしないのであれば好きなことだけをして過ごすことができるでしょう。

家を出るのもひとつの方法ですが、まずは自分で出来ることを始めてみてはどうでしょう?洗濯や掃除、料理などなんでもいいのでやってみましょう。

また、気持ちはありがたいけれどそこまで心配しなくても大丈夫、信用してほしいと言いましょう。

過干渉とは親の過保護?過干渉と過保護の違いとは?

過干渉は、子供に対して干渉しすぎることです。本人がしたくないことをやらせたり、気持ちを考えずに必要以上に口出しをすることを言います。

では、過保護とはどう違うのでしょうか?

過保護と過干渉の違いは、子どもが望んでいるかどうかにあります。子供の要望を聞きすぎてしまうことが過保護、それに対して子どもが望まないことをしてしまうのが過干渉となります。

過保護が過ぎて、過干渉になってしまうというケースもありますが、過保護の場合こどもは愛情を感じているのに対して過干渉は苦痛に思っていることがあげられます。

過干渉な親のほとんどは、自分がそうであることに気付いていません。なぜなら、子育てや子どもに対しての気持ちはそれぞれだからです。

親が子供のためと思っている行動が、子どもにとって大きな負担とならないようにしなくてはいけません。

自分の価値観を子どもに押し付けることのないようにしたいですね。

親の過干渉にうんざり・・・。親離れ、子離れの方法

今までは、親の言うとおりにしていれば上手くいっていたかもしれませんが大学を卒業して社会人になったときに、自立できていない人は大きな壁にぶつかります。

なぜなら、今まで言われたとおりにしていればなんとかなってきたからです。

自立できていない人は、主体性に欠け、「誰かが何とかしてくれる」と考えてしまいます。

お金を稼ぐ、働くということは、自分で判断をしたり、責任ができたりします。「自分でどうにかしなければいけない」という考えになりません。

子どもは、親が絶対ではないことを知らなくてはいけません。

また、親は子どもが自立するためのお手伝いをする必要があります。それは何から何までしてあげることではありません。

出来ることは自分でさせるのです。自分でしてあげることより見守るほうが難しいこともあるでしょう。親離れ、子離れはどちらかが一方的にするものではなくお互いがお互いのために行うことなのです。

まずは親のほうから、子離れを始めてみましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691