部屋に蜘蛛が!でも大きい蜘蛛ならそっとしておく手もある

部屋に蜘蛛がいるだけでもびっくりしますが、それが大きい蜘蛛だともっと怖いものです。

すぐに追い出したい気持ちも分かりますが、大きい蜘蛛ならそのままそっとしておくというのも手です。それは、なんとあのゴキブリを退治してくるからだとか!

部屋に出没する大きい蜘蛛の正体、蜘蛛にまつわるジンクスなどご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

柴犬が洋服を嫌がる時の対策!洋服を着せるメリットと嫌がる理由

柴犬に洋服を着せようと思っても、洋服を嫌がるためになかなか着てくれないこともありますよね。柴犬が洋服...

高校の学校説明会で質問することのメリットやするべきポイント

高校の学校説明会では質問を個別で受けてくれることがあります。 このとき、どんな質問をしたらいいのか...

男性が結婚指輪をつけるのを嫌がった時の解決方法と妥協案

結婚したら男性も結婚指輪をつけるものだと思っていたのに、彼から「結婚指輪はつけたくない」と抵抗された...

独身者が多い会社にはこんな理由が!?日本のリアル結婚事情

会社によって独身者が多い会社、逆に既婚者が多い会社というのはあるのでしょうか? 調べてみると、やは...

バラの消毒方法について初心者でもわかるお手入れのポイント

バラを育てるには、消毒方法や水やり、病気対策などきちんとしたお手入れが必要です。 バラを育てる...

ハムスターがトイレ砂で砂浴びはOK?砂浴びの役割と対処法

ハムスターがトイレ砂で砂浴びをしてしまう事に頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。ト...

実家暮らしでのストレス!30代女性が感じる悩みと対処法

仕事を持つ30代の女性でも、実家暮らしの方は大勢います。 食事の心配はいりませんし、金銭的にも一人...

果物ジュースの基本の作り方!野菜や豆乳も使ってみて!

果物はたくさん食べることは出来ないけれど、 ジュースにしたら忙しい朝でも手軽に摂れそうですね! ...

平成生まれと昭和生まれの違い!こんな言動が時代を感じる

高度経済成長時代に生まれた昭和生まれと、バブル崩壊後に生まれた人が多い平成生まれ。 生まれた時代が...

No Image

ヒールの高さは身長に合わせるのが一番!その計算方法を紹介

日本人女性の平均身長が158センチですが、少しでも足を長く見せたい、スタイルをよくみせたいと高いヒー...

ラインが未読のままの友達がスルーする理由、返信してもらう方法

ラインが未読のままだと友達に何かあったのではと心配になることはありませんか。 友達がラインを未...

同棲の生活費は彼氏持ちか折半か。ケンカにならないお金のルール

彼氏と同棲をしたいという時には、お金のことも前もって話しておくのがおすすめです。生活費は彼氏持ちにし...

中学時代はヤンキーだった女子の特徴と友達としての付き合い方

あなたの周りに「この人中学時代はもしかしてヤンキーだったかも…」と思うような人はいませんか? ふと...

猫に睡眠を邪魔される!カワイイけど寝たい!そんなあなたへ

猫に睡眠を邪魔されて、いつもいつも寝不足状態…。 かまって欲しくて起こしに来る姿はとってもカワ...

セキセイインコの寿命を人間年齢に例えると何歳?長生をさせよう

セキセイインコを飼育している人の中には、セキセイインコの寿命を人間年齢に例えると一体何歳なのか気にな...

スポンサーリンク

部屋に蜘蛛が!大きい蜘蛛なら退治しなほうがいい!

部屋に蜘蛛が出るとゾッとしますよね。
虫が苦手な人だと気分も下がり退治したいけれど「こっちに寄ってきたらどうしよう」と考えて中々退治できないでいるなんてことありませんか?

まず初めに自宅に蜘蛛が侵入する原因は、蜘蛛にとっての餌があるからです。
蜘蛛にとっての餌とは主に、コバエやゴキブリです。

ですのでこういった虫が出ない環境を作ることで蜘蛛が自宅に侵入することを防ぐことができ、例えば窓など蜘蛛が侵入できそうな隙間があれば防虫網を設置するなどの対策をしましょう。

自宅に出た蜘蛛で、足が長く大きい蜘蛛を見たことはありませんか?
その蜘蛛は「アシダカグモ」という種類で、夜行性で昼間はあまり姿を見ることは少なく、また性格はとても臆病なので自ら近付いてくることはなく大きな音がすると逃げてしまうと言われています。

そんな「アシダカグモ」の主食はゴキブリと言われていて、ゴキブリのいる自宅へやってきてゴキブリを退治しどこかへ消えていくことから「軍曹」と呼ばれ愛されているそうです。

蜘蛛自体苦手という方も多いかと思いますが、家をゴキブリから守ってくれていると思うと退治しない方がいい気もしますよね。

ですが蜘蛛を見つけてしまった以上、そのままにしておくというのもなかなかし難いものです。

大きい蜘蛛は退治しない方がいいとはいってもやっぱり部屋から追い出したい!方法は?

蜘蛛を退治する勇気のある方は外へ追い出しましょう。
勇気のない方は、きっと触るのも近くで見るのも嫌と思いますし、掃除機で吸ったはいいけど「掃除機から抜け出してこないだろうか」とかなんだか不安になりますよね。

そんな時の解決法をご紹介します。

一番オススメなのは、虫取り網を使用することです。
虫取り網で蜘蛛を捕獲後、網部分を回転させ網の中へ蜘蛛を入れてしまい、そのまま外へ持っていきましょう。

虫取り網は、夏頃になると100円ショップでも扱っていて、蜘蛛以外にも蛾などが自宅や侵入した際も活用できるのでひとつ備えておくと便利です。

また虫取り網を使用せずにすぐにでも退治したい場合は、殺虫剤を使用しましょう。

余程虫が苦手な人だと、外へ逃がしただけだとまたいつ自宅へ侵入してくるかわからないと不安になることありませんか?

スプレー式の殺虫剤を使用すればそんな悩みも解決できますし、手短且つ簡単に蜘蛛を退治することができます。
殺虫剤はホームセンターなどで簡単に手に入りますので、すぐにでも退治したいときはオススメです。

部屋でよく見る蜘蛛の種類は?大きい蜘蛛だとどのくらいの大きさ?

蜘蛛の種類には巣を作り獲物を捕獲する「造網型」と巣を作らずに歩きながら獲物を捕獲する「徘徊型」の蜘蛛がいると言われています。

また蜘蛛は肉食の節足動物で基本的には生きているものを捕獲し食します。
日本には約1200種類もの蜘蛛がいると言われていて、種類によって特性や捕獲する餌の種類もさまざまです。

上記でも述べましたが、餌をゴキブリとしている「アシダカグモ」は徘徊型と言われていて、歩き回り餌を探している為、家にもよく出没します。
またその体長は25~30mmと大きく、大きいものであれば足を広げると手のひらサイズになることもあるそうです。

蜘蛛の巣に引っかかった蝶々などの虫を見たことありませんか?

蜘蛛の巣は、人髪よりも細い糸で作られているのもかかわらず破けにくく、また触れてみると多少ベタベタしているそうです。

巣を作るのに最適な場所を見つけては、素早く巧みに巣を作ってしまいます。

蜘蛛を見つけたときには、相当な大きさの巣になっているかもしれません。

夜部屋に蜘蛛がでると不吉!

夜、蜘蛛が出ると不吉だとよく耳にしたことはありませんか?

ある昔話で夜になると女性が蜘蛛に変化して、男性を食べにくるという話があるように「夜の蜘蛛は不吉」と言われています。

遥か昔から夜の蜘蛛は不吉とする考え方はあるようで、日本書紀や、日本の古い書物によると夜の蜘蛛について記されているそうです。

その内容は、蜘蛛の行動を天皇来訪の前兆と見ていたり、夜の蜘蛛は泥棒が来るという迷信があり「盗人の先走り」とも言われていたりするそうです。

また見た目が気味悪く、薄くらい場所に巣をはり獲物を待ち伏せすることで不吉と言われていることもあるそうです。

どういった説にしても、「夜の蜘蛛は不吉」「夜の蜘蛛は縁起悪い」と言われています。

朝部屋に蜘蛛が出るのは良いこと?軒下の蜘蛛の巣も幸運のサイン?

夜の蜘蛛とは違い「朝の蜘蛛」は殺さないほうがいいと聞いたことはありませんか?

朝の蜘蛛は「幸運を呼ぶ証」や「待ち人が来る前兆」としても知られていて、このように言われるようになったのはさまざまな説があるそうですが、その中のひとつで日本書紀には「衣通姫」の説が記されているそうです。

「衣通姫」とは、その美貌が衣を通し輝いていたことが名前の由来となっているそうです。
この衣通姫が朝に蜘蛛が巣をはっていたのを目撃し天皇が来ることを予感し「わが背子が来えき宵なりささがねの蜘蛛の行い今宵著しも」と歌を詠んだことが説の発端と言われています。

このような遥か昔にあった出来事から、蜘蛛は人が来訪することを知らせると認識し、朝の蜘蛛は吉兆で待ち人が来ると言われるようになったそうです。

また現代では蜘蛛に限らず虫が苦手という方も多いのではないでしょうか?

ですが蜘蛛は思いのほか縁起の良い虫のひとつです。

蜘蛛の巣に関して、古代ローマ時代の商人は商売繁盛と金運のお守りとして蜘蛛の巣をモデルとした細工を持ち歩いていたそうです。
アメリカ合衆国の先住民族が手作りしたもので蜘蛛の巣の形をしたお守り「ドリームキャッチャー」という装飾品があります。
「ドリームキャッチャー」は、悪夢は蜘蛛の巣に引っかかり、吉夢は真ん中の穴を抜け眠っている人のもとへいくと言われているそうです。

このように、朝の蜘蛛は縁起が良いとされています。
軒下に蜘蛛の巣ができていても「幸運を呼ぶ証」かもしれませんので壊さないほうがいいかもしれません。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691