家庭菜園で育てたピーマンが赤いワケを教えます!

家庭菜園でピーマンを栽培している方も多いでしょう。

ピーマンは家庭でも栽培しやすく、プランターでの栽培も簡単です。

ピーマンがたくさんなって、しばらくするとピーマンが赤くなっていることがありますね。
この赤いピーマンは食べることが出来るの?食べても大丈夫?

また普通の苗を育てたはずなのに、なぜ赤いピーマンが出来るのでしょうか?

ピーマンの栽培方法についてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

独身者が多い会社にはこんな理由が!?日本のリアル結婚事情

会社によって独身者が多い会社、逆に既婚者が多い会社というのはあるのでしょうか? 調べてみると、やは...

兄弟の結婚祝い【披露宴なし】相場や地域差・経済事情について

兄弟が結婚する時の結婚祝いは【披露宴なし】でも10万円包むのが相場であり、一般的だと言われています。...

仕事の失敗で落ち込む時の対処法!失敗を自分の成長に活かすには

仕事で失敗やミスをしてしまうと落ち込むことがあります。どうして失敗したのか、自分は仕事ができないので...

洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置のメリット

「洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置したほうがいい?」という悩み。アパートやマンション...

部活で女子との人間関係で悩んだときに読んで欲しい対処法

部活の女子との人間関係に悩む人は意外と多いのではないでしょうか。部活や練習は好きだけど、人とのコミュ...

大学の入学祝いの金額の相場と姪がもらって嬉しいプレゼント

姪が大学に入学することになったら、やはり入学祝いを贈るのがおすすめです。 そこで頭を悩ませるのが、...

No Image

女性の事、好きな人の事を思い出す男性の気持ちとタイミングとは

好きだった女性、付き合っていた女性など男性が好きな人を思い出す事はあるでしょう。 どんな瞬間、どん...

靴底のゴムの音鳴りが気になる!原因と対処法・靴の音の改善方法

靴底のゴムからキュッキュッと音が鳴ってしまうことが気になってしかたないという人もいますよね。歩いてい...

ミョウガの収穫時期は?夏ミョウガと秋ミョウガの収穫と栽培方法

家庭菜園でミョウガを育てている人の中には、家庭菜園初心者の方もいますよね。ミョウガの収穫時期について...

岡山県民の性格!女性の性格や恋愛感!職場では完全主義者で勤勉

岡山県はその昔、工業地帯だったことから岡山県民の性格は理知的で理論的な面があるとされています。 ...

旦那の転勤。子供なしで転勤。孤独とさみしさを乗り越えるには

旦那の転勤による、精神的不安定さを抱えてしまう奥様はたくさんいらっしゃいます。 転勤族だって知...

韓国人男性は似てる人が多い!顔立ちの特徴と韓国人イケメンとは

韓国人男性の顔立ちのイメージは「塩顔でイケメン」ではないでしょうか。 また韓国人男性は顔が似ている...

犬の鳴き声で気持ちがわかる!?クーンと鳴くときの気持ち

犬の鳴き声で「クーン」はどんなときにしてくるのでしょうか?子犬のうちなら可愛いクーンも大きくなってく...

オービスが50キロオーバーで光った!恐怖の罰金の金額とは

車を運転していてついスピードが出てしまうことはありますが、50キロオーバーでオービスが光った場合はシ...

アロマの香りを長持ちさせる方法とは?場所に合わせる事が大切

アロマの香りを長持ちさせるにはどのような方法があるのでしょうか?アロマの香りは使い始めは丁度良くても...

スポンサーリンク

家庭菜園で育てたピーマンが赤いのはなぜ?

ピーマンと言えば濃い緑色をしていますが、スーパーに行くと赤や黄色のカラーピーマンが販売されています。

私が買ったピーマンの苗は緑色なのに、そのピーマンが徐々に緑から赤色に変化してきて苗の種類が間違っていたのではないかと、不安を感じた経験はありませんか?

実はあまり知られていないかも知れませんが通常ピーマンとして売られている緑色のものはピーマンの完熟状態のものなのです。

ですから家庭菜園などで栽培しているピーマンも収穫せずに放っておくと完熟し始め赤く色づくのです。

完熟しているピーマンは苦味も少なく美味しく食べる事が出来ますが、そのピーマンの株がまだ若いうちに完熟させてしまうとエネルギーを使いすぎて、株の元気が吸い取られてしまいその後の期間に十分な収穫が期待できないと言った心配があります。

そのため、始めのうちは緑のうちに収穫し、時期の終わり頃に完熟させて味の違いを楽しむという方法が良いと思います。

うちの家庭菜園で赤いピーマンを育てています

ピーマンは唐辛子と似たような形をしています。ピーマンは唐辛子の甘味種を改良して生まれた野菜でピーマンのほかにもパプリカやフルーツピーマンなども同じく仲間に分類されます。

通常お店で手に入るピーマンは完熟前のものなので、完熟したピーマンをお店で手に入れることは難しいです。

ただ農家さんの話によると完熟したピーマンは、甘味があって美味しく緑のピーマンよりも栄養も豊富なのだそうです。

なぜお店で完熟したピーマンを売らないのか?

それはピーマンが完熟するまでは時間や人件費などの費用がかかる割りに、ピーマンの価格がそれほど高く売る事ができずに割に合わないと言った理由があるようです。

そこで、完熟ピーマンを食べてみたいなら家庭菜園で育ててみると良いでしょう。
家庭菜園では通常のピーマンの大きさまで成長した後2週間ほど待っていると真っ赤な完熟ピーマンが出来上がります。

ぜひ美味しい完熟ピーマンを作ってみて下さい。

家庭菜園でピーマンを育てよう!栽培のポイントとは?

ピーマンは初心者でも育てやすいと言われる、家庭菜園にお勧めの野菜です。
あまり手間をかけなくても1株で40~50個くらいは収穫できると思いますので、実がたくさんつくことも収穫できる喜びも味わう事が出来るでしょう。

またピーマンには栄養が豊富!夏だからこそ採りたての新鮮なピーマンを味わってみませんか?

ピーマンを家庭菜園で栽培する時は苗を購入して育てていくと良いでしょう。

ピーマンの良い苗を選ぶポイント

  • 葉の緑色が濃いもの
  • 茎が太くしっかりしており葉の密度が高いもの(葉は0枚以上付いている)
  • つぼみが付いていればなお良い
  • ポットの底面に白い根が見えて生育の良いもの

元気の良い苗が手に入ったらプランターや畑に植えていきますが、その時期の目安は寒冷地は「5月下旬~6月中旬」、一般地は「4月下旬~6月上旬」、温暖地は「4月中旬~5月下旬」となっています。

ピーマンとパプリカの栽培の特徴について

ピーマンやパプリカを家庭菜園で育てる時は苗を購入してきて栽培するのがお勧め。
種から苗まで育てるのには温度管理が難しいので苗を購入してきたほうが確実に大きくする事が出来るからです。

ピーマンやパプリカは比較的簡単に実をつけるので天気に恵まれよい条件が揃うと夏から秋頃まで1株でもたくさんのピーマンを収穫する事が期待できると思います。

ピーマンは湿気も乾燥も苦手なのでとにかく水はけの良い環境を作るようにしましょう。また肥料も大切で、たくさん実をつけさせるために追肥は欠かせません。

パプリカも同じ要領で育てると良いです。
パプリカはピーマンと比べる大きくかなり肉厚で甘味も強く美味しいです。
またビタミンCやカロテンなどの栄養素もピーマンよりもたくさん含まれています。

このパプリカに含まれているビタミンは水溶性なので生で食べるのが実は一番のお勧めなのです。細切りや角切りにしてサラダに加えて食べるのがお勧めです。

家庭菜園でたくさん収穫できたら楽しみが広がりますね。

赤いピーマンを丸ごと食べよう!

赤いピーマンをそのままグリルして食べる

オーブンでじっくり焼いていきますがもし家にオーブンがないときでも大丈夫!そんな時は魚焼きグリルを使って焼く事が出来ます。魚焼きグリルを使う時は網を入れたままですと火が近すぎるので網をはずして直接ピーマンを乗せます。

時々転がすようにして全面をムラなく焼くようにしましょう。少しくらい焦げてもまったく問題ないです。

大体焼けたらラップに包んで5分位蒸らす。これで火の通りが悪い部分にも熱が回り、皮が剥き易くなります。

蒸らしている間に次の準備をします。タッパーにニンニクを擦りつけておきましょう。

ピーマンが少し冷めたら皮を剥いていきますが注意するのは、赤ピーマンの中の美味しい汁をこぼさないように優しく剥く事です。

皮とヘタを丁寧にはがしたら、中の種と白い筋も取り除きましょう。

そのままの大きさでは食べずらいので赤ピーマンを手で適当な大きさに裂いて(簡単に裂くことが出来ます)塩、レモン汁、オリーブオイルで合えましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691