1ヶ月半頃の赤ちゃんの平均睡眠時間や睡眠リズムについて

1ヶ月半頃になると赤ちゃんも夜ぐっすり眠ってくれるのでは?と淡い期待を抱いてしまいます。
ちょうどママの疲れも溜まってくる頃ですよね。

そんな気になる1ヶ月半~2ヶ月にかけての睡眠時間や、睡眠リズムについてご紹介いたします。

またすぐ赤ちゃんが夜に目を覚ましてしまう原因についても、調べてみました。
参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ヘアアイロン【2way】の正しい使い方と注意点を理解しよう

ヘアアイロンの中でもストレートにもカールにも使える2wayはとっても便利ですよね。しかし、便...

脳の疲労回復にはこの音楽がオススメ!癒される理由と効果につて

脳の疲労回復に音楽を!音楽には、リラックス効果があることは医学的にも証明されています。...

計画を立てるのが苦手!克服することはできる?考え方と対処法

計画を立てることが苦手でいつもうまくいかないという人もいますよね。うまく計画を立てて予定を進めて行き...

犬がシャワーを嫌がるときの対処法とシャンプーを嫌がる理由

「飼っている犬にシャワーをすると嫌がるので困る」というお悩みを抱えている飼い主さんもいますよね。シャ...

親の過保護はNG!子供が高校になっても過保護・過干渉な親

「もう高校生になったのに親が過保護で悩んでいる」という人もいますよね。親の過保護は子供の成長に悪影響...

高校の学校説明会で質問することのメリットやするべきポイント

高校の学校説明会では質問を個別で受けてくれることがあります。このとき、どんな質問をしたらいいのか...

自転車の塗装とサビ取りを自分でする方法とサビから守るコツ

自転車の塗装やサビ取りは道具を用意して手順通り行えば、女性ひとりでも意外と簡単に行うことができます。...

スマホの自撮りでかわいく見せるコツ!テクニックでもっと好印象

今は多くの人がスマホを持ち、SNSなどに投稿する人も増えています。スマホで自撮りをする機会もますます...

ジムスタッフとの会話を躊躇するより仲良くなる方がメリット大

運動不足解消やダイエット目的でジムに通っている方も多いと思いますが、ジムスタッフとトレーニング中会話...

旦那がケチ過ぎてムカつく!離婚する前にちょっと考えてみて!

旦那がケチで、ケチすぎて離婚したい!でも、ちょっと待って!浪費家の旦那より、ケチな旦那の...

弟の結婚祝いの相場が知りたい!式なしの場合のお祝い事情

最近は色んな事情から、結婚式はしない「式なし婚」も増えていますね。兄弟が「式なし婚」の場合は...

足首が硬い子供が急増する理由。柔らかくするメリットとその方法

足首が硬い子供が増えているといいます。足首が硬い、曲がりが悪いのでしゃがむことが出来ないそうです...

保育園年少の入園式の特徴と準備しておきたいこと

春から子供を保育園の年少として入園させる場合、入園式があるかどうかが気になります。入園式はあ...

運動会2歳児向けの障害物競争と障害物を作る際の注意点

幼稚園や保育園などの運動会では、2歳児が参加する障害物競争もあります。まだまだ体が未発達な2歳児...

本音と建前が交差する顔の不思議、恋愛するなら左側ポジションで

コミュニケーションの場では常に本音と建前が交差するものですが、相手が本音なのか建前なのか、顔だけで判...

スポンサーリンク

1ヶ月半~2・3ケ月の赤ちゃんの平均睡眠時間について

新生児~生後1ヶ月頃の赤ちゃんの平均的な睡眠時間は、18時間前後と言われています。
生まれたばかりの赤ちゃんは、ほとんど寝ています。
起きたら、ミルクや母乳を飲み、おしっこやうんちをしてまた寝る、というサイクルを繰り返しています。

この頃の赤ちゃんの睡眠サイクルは3時間と言われていますが、赤ちゃんによって色々です。
放っておくと半日以上寝ているという赤ちゃんも居れば、新生児なのに泣いてばかりで全然寝てくれないという赤ちゃんも居ます。

寝続けてしまう赤ちゃんは、ミルクや母乳を飲ませることができなければ、大きくなれないため寝ているところを起こしてでも授乳させるようにしましょう。

生後3ヶ月を迎える赤ちゃんの1日の平均睡眠時間は、15時間前後と言われています。寝る時間が少なくなるというよりは、起きている時間が長くなったり、まとまった量のミルクや母乳を、飲むことができるようになってきます。

1ヶ月半の赤ちゃんが小まめに睡眠時間をとる理由

睡眠中には、脳や発育を促す『成長ホルモン』が分泌されます。体の疲れをとり、精神のバランスを整えます。

睡眠時間も大切ですが、睡眠の質も重要となってきます。

睡眠に、レム睡眠とノンレム睡眠があることはご存知ですか?
レム睡眠は、体は寝ているけど、脳は働いている状態の睡眠で、ノンレム睡眠は脳も休んでいる状態の睡眠です。

生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、レム睡眠の割合が多くちょっとしたことで目を覚ましやすいのです。
ですから、眠りを妨げないようにできるだけ良い睡眠環境を整えてあげるようにしましょう。
赤ちゃんの成長にとって、睡眠は重要な要素です。

また、赤ちゃんには『昼と夜』という区別が存在しません。
ママのお腹に居る時の赤ちゃんは、自分のタイミングで起きて、自分のタイミングで寝ていました。

「昼間は起きて夜は寝る」、このような概念がない赤ちゃんは、自分のタイミングで寝たり起きたりしたいのです。
ですから、「夜なのに寝ない」とストレスをためる必要はありません。
赤ちゃんはこれから、睡眠時間や眠りのタイミングを学んでいくのですからね。

1ヶ月半を過ぎた赤ちゃんがまとまった睡眠時間を取らない原因は?

赤ちゃんが、なかなかまとまって寝られない時に考えられることはいくつかあります。

先程も説明しましたが、赤ちゃんはレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが短く、更にレム睡眠の割合が多いため、些細なことで目を覚ましやすいのです。
ですから、静かな環境を作ったり、室温を適温に管理したり、採光を調整したりと環境を微調整しながら整える必要があります。

母乳の場合、ミルクよりも腹持ちが悪いと言われているので、赤ちゃんが空腹感を覚えやすくすぐに起きてしまうこともあります。
母乳は、出ているか出ていないかわかりませんよね?
また、母乳が足りているけど起きちゃう赤ちゃんも居ます。
基本的に、月齢にあった排泄の回数があればミルクは足りていると判断できます。
反対に、お腹がいっぱい過ぎて調子が悪く眠れないということもあります。

どちらにしても、育児書通りに赤ちゃんはすやすや寝てくれません。
お腹が空いていても、オムツが汚れていてもずーっと寝ている子は寝ていますし、どんなに環境を整え、お腹を満たし、清潔なオムツでも寝ない子は寝ません。

あまり神経質にならずに、赤ちゃんの成長を見守ってくださいね。

1ヶ月半を過ぎたら赤ちゃんの睡眠リズムを整えることも大切

生後1ヶ月半の頃は、睡眠のリズムを整えるための期間だと考えてください。
睡眠のリズムを整えるということは、体内時計を24時間にするということです。
朝起こし、夜暗くなったら寝るというリズムは、つけてあげなければ付きません。

赤ちゃんに、正常な体内時計を作ってあげるためにも、大人が生活リズムを整える必要がありますよね。
仕事の関係で昼夜逆転してしまう職業もあるかと思います。
ですが、なるべく、朝起きて夜寝るというリズムを、赤ちゃんに教えてあげるように心がけましょう。

朝、起きる時間を決めたら、赤ちゃんが気持ちよく寝ていてもその時間に起こすようにしましょうね。
カーテンを開けて部屋を明るくして、赤ちゃんに「おはよう!」と声を掛けてあげてくださいね。
こういった習慣の積み重ねが、規則正しい生活を身につけることに繋がります。

1ヶ月半頃の赤ちゃんの運動発達についてもご紹介!

生後1ヶ月の赤ちゃんは徐々に視力がついてきます。
自分が見えるものを、目で追うようになってきます。
このように、自分以外に世界があることを認識しだすと、赤ちゃんに表情が出てくるようになってきます。
自分の手を認識したり、自分の足を認識したりします。
抱っこすると、視界がかわり景色がかわるので、目をキョロキョロ動かし興味を示すようになってきます。

ですが、まだ首がしっかりと座っていないため、抱っこしてあげる時には十分に注意しましょう。

おしゃぶりについては、色々な意見があります。
生活スタイルは、各家庭によって様々です。
ムリに使うものではありませんが、使ったほうがママの負担が減るのなら、使ってください。