1ヶ月半頃の赤ちゃんの平均睡眠時間や睡眠リズムについて

1ヶ月半頃になると赤ちゃんも夜ぐっすり眠ってくれるのでは?と淡い期待を抱いてしまいます。
ちょうどママの疲れも溜まってくる頃ですよね。

そんな気になる1ヶ月半~2ヶ月にかけての睡眠時間や、睡眠リズムについてご紹介いたします。

またすぐ赤ちゃんが夜に目を覚ましてしまう原因についても、調べてみました。
参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おみくじの恋愛運が『あきらめなさい』そんな時でも解決策はある

お正月には、毎年神社に初詣に行き、おみくじを引くと言う方は多いですよね。または、旅行で訪れた先の...

跳び箱練習を自宅でするオススメな方法と誰でもできるコツとは

跳び箱の練習は跳び箱がなくても自宅でできるのでしょうか?では、自宅でできる跳び箱が飛べるよう...

ハムスターの鳴き声がクックッとする時の気持ちと対処法

ハムスターは様々な鳴き声をしますが、「クックッ」という鳴き声をすることがあります。なんだか苦しそうな...

すぐできる!簡単ハンドメイド子供服の作り方【スカート編】

ハンドメイドが好きな方は子供服も自分で作ってみたい!と思いませんか?しかし小物とは違い洋服となると、...

学校が楽しくないと一年生になって登校拒否してしまう背景

小学校一年生になって楽しく学校に通っていると思いきや、「学校が楽しくない、行きたくない」とある日突然...

七五三の着物の着付け方法!3歳の女の子の着付けとポイント

女の子の七五三は3歳の頃と7歳の頃の2回です。七五三は、子供の健やかな成長を願って行われる行事でもあ...

【卒業旅行】大学生最後に卒業旅行に行かないと後悔することも!

大学を卒業した時、気の合う友達や恋人と卒業旅行に行くという人もいますよね。ですが、誰もがみんな卒業旅...

旦那が自己中で子供!そう!旦那という生き物はそういうものです

旦那の自己中っぷりに、本当にもう腹しか立たない。子供より子ども!イライラする気持わか...

老後の一人暮らしが寂しいのではと心配です。

老後の一人暮らしを想像してみました。一人ぽつんと年老いた自分を想像して、なんだか寂しい気持ち...

神経質を治したい!神経質は疲れる!神経質な人の特徴を解説

自分の神経質な性格に悩んでいる人もいますよね。神経質な性格だと、色々と疲れることもありますから、治し...

地球の傾きの理由!地球の傾きは何度?地球の傾きと四季について

地球は少し傾いていますよね。でも、どうして傾いているのか、その理由を知らない人も多いと思います。私達...

歌の習い事は子供に最適!得られる効果やメリットを解説

子供の習い事でも人気のある音楽系の習い事。「歌」もその1つではないでしょうか。楽器を使って学...

うさぎに赤ちゃんが生まれたら?生まれたてのうさぎの接し方

うさぎに赤ちゃんが生まれたら気になってしまいますよね、母親はちゃんとお世話をしているか?ときには赤ち...

包丁の使い方の基本の握り方や姿勢と素材による切り方の違い

包丁は使い方の基本ができていなければ、調理も上達しません。では、包丁の基本的な使い方とは、置...

食パンにオリーブオイルを使った簡単美味しい食べ方

朝はパン派という方は食パンを食べることが多いと思いますが、どうしてもメニューがワンパターンになりがち...

スポンサーリンク

1ヶ月半~2・3ケ月の赤ちゃんの平均睡眠時間について

新生児~生後1ヶ月頃の赤ちゃんの平均的な睡眠時間は、18時間前後と言われています。
生まれたばかりの赤ちゃんは、ほとんど寝ています。
起きたら、ミルクや母乳を飲み、おしっこやうんちをしてまた寝る、というサイクルを繰り返しています。

この頃の赤ちゃんの睡眠サイクルは3時間と言われていますが、赤ちゃんによって色々です。
放っておくと半日以上寝ているという赤ちゃんも居れば、新生児なのに泣いてばかりで全然寝てくれないという赤ちゃんも居ます。

寝続けてしまう赤ちゃんは、ミルクや母乳を飲ませることができなければ、大きくなれないため寝ているところを起こしてでも授乳させるようにしましょう。

生後3ヶ月を迎える赤ちゃんの1日の平均睡眠時間は、15時間前後と言われています。寝る時間が少なくなるというよりは、起きている時間が長くなったり、まとまった量のミルクや母乳を、飲むことができるようになってきます。

1ヶ月半の赤ちゃんが小まめに睡眠時間をとる理由

睡眠中には、脳や発育を促す『成長ホルモン』が分泌されます。体の疲れをとり、精神のバランスを整えます。

睡眠時間も大切ですが、睡眠の質も重要となってきます。

睡眠に、レム睡眠とノンレム睡眠があることはご存知ですか?
レム睡眠は、体は寝ているけど、脳は働いている状態の睡眠で、ノンレム睡眠は脳も休んでいる状態の睡眠です。

生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、レム睡眠の割合が多くちょっとしたことで目を覚ましやすいのです。
ですから、眠りを妨げないようにできるだけ良い睡眠環境を整えてあげるようにしましょう。
赤ちゃんの成長にとって、睡眠は重要な要素です。

また、赤ちゃんには『昼と夜』という区別が存在しません。
ママのお腹に居る時の赤ちゃんは、自分のタイミングで起きて、自分のタイミングで寝ていました。

「昼間は起きて夜は寝る」、このような概念がない赤ちゃんは、自分のタイミングで寝たり起きたりしたいのです。
ですから、「夜なのに寝ない」とストレスをためる必要はありません。
赤ちゃんはこれから、睡眠時間や眠りのタイミングを学んでいくのですからね。

1ヶ月半を過ぎた赤ちゃんがまとまった睡眠時間を取らない原因は?

赤ちゃんが、なかなかまとまって寝られない時に考えられることはいくつかあります。

先程も説明しましたが、赤ちゃんはレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが短く、更にレム睡眠の割合が多いため、些細なことで目を覚ましやすいのです。
ですから、静かな環境を作ったり、室温を適温に管理したり、採光を調整したりと環境を微調整しながら整える必要があります。

母乳の場合、ミルクよりも腹持ちが悪いと言われているので、赤ちゃんが空腹感を覚えやすくすぐに起きてしまうこともあります。
母乳は、出ているか出ていないかわかりませんよね?
また、母乳が足りているけど起きちゃう赤ちゃんも居ます。
基本的に、月齢にあった排泄の回数があればミルクは足りていると判断できます。
反対に、お腹がいっぱい過ぎて調子が悪く眠れないということもあります。

どちらにしても、育児書通りに赤ちゃんはすやすや寝てくれません。
お腹が空いていても、オムツが汚れていてもずーっと寝ている子は寝ていますし、どんなに環境を整え、お腹を満たし、清潔なオムツでも寝ない子は寝ません。

あまり神経質にならずに、赤ちゃんの成長を見守ってくださいね。

1ヶ月半を過ぎたら赤ちゃんの睡眠リズムを整えることも大切

生後1ヶ月半の頃は、睡眠のリズムを整えるための期間だと考えてください。
睡眠のリズムを整えるということは、体内時計を24時間にするということです。
朝起こし、夜暗くなったら寝るというリズムは、つけてあげなければ付きません。

赤ちゃんに、正常な体内時計を作ってあげるためにも、大人が生活リズムを整える必要がありますよね。
仕事の関係で昼夜逆転してしまう職業もあるかと思います。
ですが、なるべく、朝起きて夜寝るというリズムを、赤ちゃんに教えてあげるように心がけましょう。

朝、起きる時間を決めたら、赤ちゃんが気持ちよく寝ていてもその時間に起こすようにしましょうね。
カーテンを開けて部屋を明るくして、赤ちゃんに「おはよう!」と声を掛けてあげてくださいね。
こういった習慣の積み重ねが、規則正しい生活を身につけることに繋がります。

1ヶ月半頃の赤ちゃんの運動発達についてもご紹介!

生後1ヶ月の赤ちゃんは徐々に視力がついてきます。
自分が見えるものを、目で追うようになってきます。
このように、自分以外に世界があることを認識しだすと、赤ちゃんに表情が出てくるようになってきます。
自分の手を認識したり、自分の足を認識したりします。
抱っこすると、視界がかわり景色がかわるので、目をキョロキョロ動かし興味を示すようになってきます。

ですが、まだ首がしっかりと座っていないため、抱っこしてあげる時には十分に注意しましょう。

おしゃぶりについては、色々な意見があります。
生活スタイルは、各家庭によって様々です。
ムリに使うものではありませんが、使ったほうがママの負担が減るのなら、使ってください。