1ヶ月半頃の赤ちゃんの平均睡眠時間や睡眠リズムについて

1ヶ月半頃になると赤ちゃんも夜ぐっすり眠ってくれるのでは?と淡い期待を抱いてしまいます。
ちょうどママの疲れも溜まってくる頃ですよね。

そんな気になる1ヶ月半~2ヶ月にかけての睡眠時間や、睡眠リズムについてご紹介いたします。

またすぐ赤ちゃんが夜に目を覚ましてしまう原因についても、調べてみました。
参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

宝くじが当たるときには前兆が?コレが気になった時がチャンス

宝くじが当たるときにはこんな前兆があるそうです!?いったいどんな前兆があるのでしょうか?宝く...

停電でもトイレの水は流れる。日常でトイレを知っておくことが必要

停電の時、トイレの水ってどうして流れるの?電動のタンクレストイレの場合はどうやって水を流せば...

ロマンスカーの展望席の予約裏技を大公開!今すぐチェック

ロマンスカーの展望席から眺める景色は格別!予約困難な席ですが、予約裏技があるの知っていますか?あ...

圧力鍋で時短できるのはどれくらい?こんなに時短できます

圧力鍋はどれくらいの時短ができるのでしょうか?扱いが難しいのでは?失敗しそう…など時短は気になるけれ...

化学か物理かどっちを選択するかで迷った時の考え方

理系生徒が授業選択や受験科目を選択する時に悩むのが、化学か物理のどっちにするかです。私立の理...

犬に目薬を差すときに暴れる場合の上手な差し方と、便利な方法

犬が結膜炎などの目の病気になってしまった場合は、目薬を差さないとならないこともありますね。で...

浴室の換気扇で洗濯物乾く!効率的な乾かし方のコツを紹介

浴室の換気扇は洗濯物乾くのにとても便利です。部屋干しでいつも洗濯物がなかなか乾かなくて困っているとい...

親との同居にベストなタイミングは?多い理由と同居前の注意点

旦那の親との同居はできるならば避けたい…、そう思っている女性は多いと思います。しかし、さまざまな...

セキセイインコの性別の見分け方。「ろう膜」や体や性格の特徴

セキセイインコを飼う場合に、ヒナから飼いたいと思うでしょうが性別の判断はどこでするのでしょう。ペ...

ぬいぐるみの収納アイデア!大量のぬいぐるみの居場所を作る方法

どんどん増えるぬいぐるみの収納にお困りの方はいませんか?大きなぬいぐるみや、小さなこまごまとした...

日本で面積が一番小さい県と世界で一番小さい国について解説

日本の中で面積が小さい県は「大阪府」だと聞いたことはありませんか。しかし、今は「香川県」が一番面積が...

女子の財布は黒じゃダメ?開運アップする財布のカラーについて

女子が持つ財布の色は?ピンクなどのかわいいカラーが人気の一方で、定番の黒もよく使われているそうです。...

洗剤の種類を減らすメリットと上手に選ぶためのポイント

洗剤の種類を減らすのはオススメです。種類を減らすだけで洗剤の置く場所もスッキリしますし、ストックの管...

【水泳帽への名前付け】2種類の付け方とコツをご紹介します

プールのシーズンが始まると水泳帽や水着に名前を付けるようにと、園や小学校から連絡がきます。し...

青い着物にぴったりのメイク。基本のメイクやリップやチークの色

一生に一度の成人式は思い出に残るものにしたですね。晴れ着の色も何色にしようか迷ってしまいます...

スポンサーリンク

1ヶ月半~2・3ケ月の赤ちゃんの平均睡眠時間について

新生児~生後1ヶ月頃の赤ちゃんの平均的な睡眠時間は、18時間前後と言われています。
生まれたばかりの赤ちゃんは、ほとんど寝ています。
起きたら、ミルクや母乳を飲み、おしっこやうんちをしてまた寝る、というサイクルを繰り返しています。

この頃の赤ちゃんの睡眠サイクルは3時間と言われていますが、赤ちゃんによって色々です。
放っておくと半日以上寝ているという赤ちゃんも居れば、新生児なのに泣いてばかりで全然寝てくれないという赤ちゃんも居ます。

寝続けてしまう赤ちゃんは、ミルクや母乳を飲ませることができなければ、大きくなれないため寝ているところを起こしてでも授乳させるようにしましょう。

生後3ヶ月を迎える赤ちゃんの1日の平均睡眠時間は、15時間前後と言われています。寝る時間が少なくなるというよりは、起きている時間が長くなったり、まとまった量のミルクや母乳を、飲むことができるようになってきます。

1ヶ月半の赤ちゃんが小まめに睡眠時間をとる理由

睡眠中には、脳や発育を促す『成長ホルモン』が分泌されます。体の疲れをとり、精神のバランスを整えます。

睡眠時間も大切ですが、睡眠の質も重要となってきます。

睡眠に、レム睡眠とノンレム睡眠があることはご存知ですか?
レム睡眠は、体は寝ているけど、脳は働いている状態の睡眠で、ノンレム睡眠は脳も休んでいる状態の睡眠です。

生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、レム睡眠の割合が多くちょっとしたことで目を覚ましやすいのです。
ですから、眠りを妨げないようにできるだけ良い睡眠環境を整えてあげるようにしましょう。
赤ちゃんの成長にとって、睡眠は重要な要素です。

また、赤ちゃんには『昼と夜』という区別が存在しません。
ママのお腹に居る時の赤ちゃんは、自分のタイミングで起きて、自分のタイミングで寝ていました。

「昼間は起きて夜は寝る」、このような概念がない赤ちゃんは、自分のタイミングで寝たり起きたりしたいのです。
ですから、「夜なのに寝ない」とストレスをためる必要はありません。
赤ちゃんはこれから、睡眠時間や眠りのタイミングを学んでいくのですからね。

1ヶ月半を過ぎた赤ちゃんがまとまった睡眠時間を取らない原因は?

赤ちゃんが、なかなかまとまって寝られない時に考えられることはいくつかあります。

先程も説明しましたが、赤ちゃんはレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが短く、更にレム睡眠の割合が多いため、些細なことで目を覚ましやすいのです。
ですから、静かな環境を作ったり、室温を適温に管理したり、採光を調整したりと環境を微調整しながら整える必要があります。

母乳の場合、ミルクよりも腹持ちが悪いと言われているので、赤ちゃんが空腹感を覚えやすくすぐに起きてしまうこともあります。
母乳は、出ているか出ていないかわかりませんよね?
また、母乳が足りているけど起きちゃう赤ちゃんも居ます。
基本的に、月齢にあった排泄の回数があればミルクは足りていると判断できます。
反対に、お腹がいっぱい過ぎて調子が悪く眠れないということもあります。

どちらにしても、育児書通りに赤ちゃんはすやすや寝てくれません。
お腹が空いていても、オムツが汚れていてもずーっと寝ている子は寝ていますし、どんなに環境を整え、お腹を満たし、清潔なオムツでも寝ない子は寝ません。

あまり神経質にならずに、赤ちゃんの成長を見守ってくださいね。

1ヶ月半を過ぎたら赤ちゃんの睡眠リズムを整えることも大切

生後1ヶ月半の頃は、睡眠のリズムを整えるための期間だと考えてください。
睡眠のリズムを整えるということは、体内時計を24時間にするということです。
朝起こし、夜暗くなったら寝るというリズムは、つけてあげなければ付きません。

赤ちゃんに、正常な体内時計を作ってあげるためにも、大人が生活リズムを整える必要がありますよね。
仕事の関係で昼夜逆転してしまう職業もあるかと思います。
ですが、なるべく、朝起きて夜寝るというリズムを、赤ちゃんに教えてあげるように心がけましょう。

朝、起きる時間を決めたら、赤ちゃんが気持ちよく寝ていてもその時間に起こすようにしましょうね。
カーテンを開けて部屋を明るくして、赤ちゃんに「おはよう!」と声を掛けてあげてくださいね。
こういった習慣の積み重ねが、規則正しい生活を身につけることに繋がります。

1ヶ月半頃の赤ちゃんの運動発達についてもご紹介!

生後1ヶ月の赤ちゃんは徐々に視力がついてきます。
自分が見えるものを、目で追うようになってきます。
このように、自分以外に世界があることを認識しだすと、赤ちゃんに表情が出てくるようになってきます。
自分の手を認識したり、自分の足を認識したりします。
抱っこすると、視界がかわり景色がかわるので、目をキョロキョロ動かし興味を示すようになってきます。

ですが、まだ首がしっかりと座っていないため、抱っこしてあげる時には十分に注意しましょう。

おしゃぶりについては、色々な意見があります。
生活スタイルは、各家庭によって様々です。
ムリに使うものではありませんが、使ったほうがママの負担が減るのなら、使ってください。