添い寝で赤ちゃんの寝かしつけをしたい!泣いても耐えて!

添い寝をすると赤ちゃんは安心するそうです。

そして、抱っこでの寝かしつけやおっぱいを飲ませながらの寝かしつけは、ラクですが続けるとママの負担になることが多くあります。

そこで、月齢が低い5~6ヶ月のうちに、布団に横にするだけで赤ちゃんが寝てくれるようにしておきましょう。

最初のうちは、泣いて心が痛むと思いますが、そんなことは気にしてはいけません。
赤ちゃんは適応能力がとても高いので、1週間もすると、布団に横にするだけできちんと寝てくれるようになるはずです。

寝かしつけのコツや、寝かしつけの方法をご紹介します!
赤ちゃんもママも睡眠が大事ですからね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

母子家庭でも保育園に入れないことがある?その理由と対策方法

母子家庭だと保育園に入りやすいと言われているようですが、実際には入れないというシングルマザーの人も多...

高校生男子のがっつり弁当は簡単に。肉ののっけ弁当がおすすめ

毎日のお弁当作りは本当に大変です。忙しい朝は出来るだけ手早く簡単に済ませたいと思いますね。...

100均の材料でDIYアクセサリーハンドメイド初心者でも簡単

ハンドメイドでアクセサリーを作る方も多いですが、ハンドメイドの材料もいろいろと揃えると、市販のアクセ...

体が柔らかくなるストレッチ!毎日やると絶対に柔らかくなる!

体が固いと感じている人は多いものです。ですが諦めてはいけません!ストレッチを少しずつでも、毎...

犬は亡くなる前に鳴くというのはホント?最期を見届けるために

どんなに長生きするようになったとは言っても、人間よりは先に愛犬は亡くなってしまいますよね。犬...

拘置所の差し入れに食べ物は制限あり!差し入れで嬉しいものとは

拘置所の差し入れに食べ物はできるのか疑問に思う人もいるでしょう。拘置所では食べ物の持ち込みは...

産後2週間頃は苦労しなくても体重が減る!産後の体重管理の方法

赤ちゃんを出産後、どのくらい自分の体重が減るのか気になる人もいますよね。産後2週間が経った頃、どのよ...

あまのじゃくな性格になる原因とあまのじゃくを直す方法とは

あまのじゃくな性格になってしまう原因はあるのか。自分に愛情や関心を示してほしいのに、いざ相手が振...

親への挨拶…。結婚前提の彼女の両親に挨拶する時のマナーとは

彼女の親へ挨拶・・・。結婚前提で付き合っている彼女の両親に挨拶に行く時は緊張するでしょう。その場...

【アラフォー女子】一人暮らしを初めてする時に考えるべきこと

今まで実家で生活をしてきた女性もアラフォー前後になると、今後のことをいろいろと考えるようです。...

色占いでピンクを選んだ女性の心理と色の持つ効果

色占いには、深層心理が隠れていると言われます。ピンクを選んだ女性はどのような心理なのでしょうか。...

職場の虐めが退職理由だった場合の注意点と転職する時のポイント

職場の退職理由が虐めということもあると思います。職場で虐めに合うのはとても辛いものです。1日の大...

グルーガンのグルーで作る簡単可愛いアクセサリーの作り方

グルーガンを使う時には、接着剤として購入する方が多いと思います。接着剤としても優秀なグルーガンですが...

ハムスターの床材は新聞紙でもいい?ハムスターの飼い方

ハムスターの床材として新聞紙は適している?適していない?消耗品となる床材はできれば、コストがかからな...

社会人の腕時計の値段の相場とは?年代や職種による値段の捉え方

社会人になると、学生の頃に身に付けていた腕時計がしっくりこない場合があります。新たに腕時計を買い...

スポンサーリンク

添い寝で赤ちゃんを寝かしつけるのは、月齢が低いほうがいい?

赤ちゃんは泣いたり寝ることが仕事だとよく言われます。

特に月齢の浅い赤ちゃんは、一日の時間の大半を寝て過ごしますよね。

寝かせるのに、抱っこをしてあやしながら寝かせるというママも多いのではないでしょうか。

抱っこで寝たから、布団に移そうと布団の上に赤ちゃんを置いた途端、赤ちゃんの目が覚めてギャン泣きされたというのもよくある話です。

仕方なくまた抱っこして、寝かしつける。ですが赤ちゃんもだんだん重くなるので、ママの負担は大きいです。

そんなママは、思い切って赤ちゃんを布団で寝かせて添い寝の習慣をつけるという方法をおすすめします!

もちろん初めのうちは、泣くことが多いと思います。
ですが泣いた時に抱っこするのではなく、ママも横になり添い寝をしてあげます。

赤ちゃんにとっても、添い寝はママを近くに感じられてとても安心できるもの。
それに、寝る体勢を考えても抱っこよりは布団で寝る方が自然な姿勢です。

何日かすると、赤ちゃんも寝る=布団ということが分かってくることが多いです。

布団で寝る習慣がついてしまえば、本当にママの負担は軽くなりますよ。

添い寝をすれば、赤ちゃんの寝かしつけや夜泣きにも対応できる

赤ちゃんの夜泣きで、苦労したという方も多いのでは?

一緒に寝ていると、夜泣きで他の子どもやパパも起きてしまい、どうしたら夜泣きしなくなるのかと考えることもありますよね。

夜泣きにもなりにくく、ママにとっても負担がない赤ちゃんの寝かしつけ方法、それは「添い寝」です。

卒乳前の赤ちゃんの場合は特に、夜泣き=ミルクやおっぱいがないと眠れないということが多いです。

そのような赤ちゃんはそれが習性になっているということが大きいです。

言ってしまえば、夜中の授乳がないと赤ちゃんが絶対に眠れないということはないということです。

その構図が習慣になっているというだけで、思い切って夜中の授乳をやめてしまえば、赤ちゃんも抱っこのときと同じように、それが当たり前になって慣れてしまいます。

夜中の授乳が負担になっているママは試してみてくださいね。

添い寝で赤ちゃんを寝かしつけるには『入眠儀式』が必要

新生児は、一日のうち16時間~18時間もの時間を睡眠に費やします。

そのすべての時間をずっと眠るというわけではなく、2~3時間で目が覚めてミルクを飲んだり、ちょっと遊んだらまた眠るということの繰り返しです。

月齢が進むにつれて、睡眠時間も短くなり、起きている時間が増えてきます。

比較的長い時間睡眠できるようになってくると、今度は睡眠時間をママが管理していくことが必要になってきます。

夜から朝まで、長い時間眠ることができるように、日中のお昼寝の時間や、寝る時間を考えることが重要です。

基本は、日中にたくさん遊んで、昼寝の時間を取り、夜にぐっすり眠るということが理想です。

早寝早起きの習慣が付けば、ベストです。

なかなか寝つくのが難しい赤ちゃんの場合は、「入眠儀式」を習慣付けることをおすすめします。

眠る前にお話しをする、絵本を読む、ベビーマッサージをするという自分がやりやすいものを眠る前に行うことによって、赤ちゃんに「眠る時間」を理解させることができます。

赤ちゃんの寝かしつけ問題。世界共通のママたちの悩みです

赤ちゃんの寝かしつけの問題は、世界中のママが抱える悩みと言ってもいいでしょう。

基本的には、赤ちゃんがスムーズに睡眠できるように日中に活動をして、睡眠の前にはおやすみの儀式をするというのが、ほとんどの国で取り入れられているやり方です。

アメリカなどでは、生まれる前から赤ちゃん用の子ども部屋が用意されていることが常識です。

アメリカやイギリス、フランス、オーストラリアなどの欧米の国では、小さい子どもは子ども部屋で寝るということが当たり前で、逆に日本のように親子で川の字になって寝るというのは逆に驚かれる習慣です。

特にアメリカでは、よくない睡眠の習慣は赤ちゃんにとっても悪影響を及ぼすとされて、睡眠習慣が重要視されています。

例えば、寝る時間になったら、赤ちゃんが寝るベッドに寝かせて、親は部屋を出るということが普通です。

そしてこの場合、赤ちゃんが泣いてもしばらくは様子を見て、ひとりにする時間を徐々に慣らしていくということです。

また、イギリスでは、寝かしつけには、日本のように抱っこしながらや、添い寝はタブーとされていて、生後半年あたりから、ひとりで寝るようにスリープトレーニングを行うようです。

国によっても、分かれる赤ちゃんの寝かしつけですが、日本と他の国ではかなり違っていてカルチャーショックを覚えますね。

泣かれても、ガマン!ガマン!赤ちゃんも添い寝に慣れればラクなんですよ。

「これまでは抱っこで寝かしつけをしていたけど、今日からは布団で寝かしつけをさせよう」、こう意気込んではみたものの、急に新しい方法に変えるとなると、どうしても赤ちゃんは順応できずに抵抗することでしょう。

ここで諦めてもとの方法に戻るか、その抵抗を受け流しつつ徐々に慣れさせるように頑張るかは、ママ次第です。

赤ちゃんは、大人が思うよりも順応性があるものです。

赤ちゃんとママとの根競べになりますが、少しずつ布団で寝るのに慣れさせていくしか方法がありません。

今は、こんなに泣いていてこの先1人で寝れるのか、と不安に思うこともあると思いますが、私も同じように悩んだことがありましたが、いつからか、子どもが自然と布団で熟睡するようになり、今では、眠くなったら自分から布団へ行くようになりました。

なので、そんなに悩む必要はありません。