保育園に通園している子供が朝ごはんを食べない理由

保育園に通う子供が朝ごはんを食べない、ご飯を食べるのに時間がかかるとイライラしてしまうママも多いのではありませんか?

食が細かったり、寝起きが悪いといつまでも朝ごはんを食べようとしなかったり、保育園に行く時間になってしまったりしまいます。

朝ごはんを食べない原因と対策について調べてまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夢と潜在意識の関係は?潜在意識は夢でメッセージを伝えてくれる

夢と潜在意識には関係があるという話を聞くこともありますが、実際にそんなことは起こり得ることなのでしょ...

部活の引退が遅いと受験勉強に響く?成功するタイプとは

部活の引退が遅いのは、本人よりも親が心配になってしまいますよね。しかし、部活を最後まで精一杯させてあ...

新卒と中途との待遇の違いと中途採用者が出世するための秘訣

新卒とは違って中途採用者に求められるのは即戦力。即戦力を期待されて入社しても、新卒よりも待遇が悪...

ニートの息子を追い出す方法とニートにさせない事前予防とは

ニートの息子を追い出すために日々苦労をしているご家族もいるでしょう。現在成人なのに働かないニ...

授業中に寝るのがばれないコツと睡魔に打ち勝つ寝ない方法

授業中に寝るのがばれないコツはあるのでしょうか。寝る体勢や座席によっても先生にばれずに寝るコ...

目薬の差し方には裏技があります。上手く差すコツと正しい使い方

目薬を差すのが苦手という人もいますね。目に入ってくるのが見えるのですから当然です。ですが場合...

ライブに行くために仕事を早退する場合に使える言い訳を教えます

好きなアーティストのライブは自分た休みの日にあるとは限らないですよね。平日の夜に開催されるということ...

旦那が転職?離婚したいなんて言わず旦那を支えるのが得策

旦那が急に転職すると言い出したら、妻としてあなたはどうしますか?妻が離婚したいと思うタイミングに夫の...

野良猫を保護して鳴きやまないときの対処方法について

野良猫の保護をしてなかなか鳴きやまないときにはどのように接したらいいのでしょうか?はじめは威...

七五三の着物は母方が準備?子供の七五三の着物と初穂料について

子供の七五三を控え、着物を誰が用意するものなのか知りたい人もいるのではないでしょうか。母方の実家が用...

子猫は甘えん坊がカワイイ!育て方と性格の関係性について

子猫は遊ぶのが大好きで、飼い主に対しても甘えん坊でかわいいですよね。ちょっといたずらをされて...

自転車に乗れるようになるには?子供の自転車練習方法

子供から自転車に乗りたいと言われたら、どのようにしてサポートしてあげたらいいのでしょうか?自...

PTA会長に推薦された場合の断り方とは?ウソはNGです

PTAの役員をやるだけでも大変なのに、会長に推薦されたりするとなんとか断りたいと考えてしまう人の方が...

父親・母親から受け継ぐ遺伝。二つの遺伝子の行方について

父親の遺伝が強いとか、母親からしか受け継がれない遺伝子があるとか、子供への遺伝については諸説様々あり...

叔父や伯父への香典の金額相場やマナーと悩んだときの対処法

叔父や伯父への香典について悩む人も多いでしょう。叔父や伯父というのは香典の金額が決めづらい立場でもあ...

スポンサーリンク

保育園に通う子供が朝ごはんを食べない時は?

朝のママたちの仕事は、お弁当作りやゴミ出し、朝食作りに部屋の掃除など、本当にたくさんありますよね。

ましてや、まだまだ手のかかる園児のお子さんだと、お着替えや朝の支度など、挙げたらきりが無いほどです。

他の家事は、時間配分して計画できますが、子どもに関するお世話は、子どもの機嫌によっても左右されるので、特に時間のない朝は闘いといってもよいでしょう。

そして、多くのママたちがぶつかるであろう子どもの朝食問題。

朝から、もりもり食べてくれれば安心なんですが、まだ眠たい子どもにとってはなかなか食べてくれませんよね…。

私も、なんとか朝食を食べさせようと、張り切って作るのですが、そんな時に限って全然食べてくれなくてガッカリということも多いです。

まったく食べないお子さんであれば、何か一口でも食べられそうなものを探しましょう。
大事なことは、朝食で何か少しでも口にするということです。

例えば、ヨーグルトやフルーツ、野菜サラダ、ひと口大のおにぎりなど、初めは少しだけ用意します。

お菓子なら食べたい!というのでお菓子を朝食代わりに出すというのは避ける方がいいです。

虫歯の原因にもなりますし、肥満や生活習慣病の原因になる可能性もあります。

少しでも、口にできたら、少しずつアレンジしていきます。

ヨーグルトだったら、シリアルを入れたり、バナナを入れたりなどです。

こうして繰り返していくうちに、朝食を食べることが当たり前になって習慣づいていきます。

保育園に通園する息子の食欲がなく朝ごはんを食べない!

子どもは、ひとりひとり体格や性格も違うので、食の細い子もいれば、朝からもりもり食べる子もいます。

なんとなく、朝は一日の始まりなので、たくさん食べないと昼まで持たないんじゃないか?と考えてしまいがちですが、子どもは少ない摂取量の中から必要な栄養素を身体がちゃんと吸収してくれるようなので、小食でもそんなに心配はいりません。

もともと食が細い子の場合は、ママがなんとか食べてほしいと、いろんな種類の朝食を並べることもありますが、並んでいる料理を見るだけでお腹いっぱいになってしまい負担に感じることもあるようです。
ちなみに、わたしの場合は、まさにこの状態でした。
ホテルの朝食バイキングのように色々作ったんですが、あれは負担だったんですね…。

なかなか食べてくれないお子さんには、思いきって「主食とフルーツ」の2品にすると決めるのもひとつの方法です。

フルーツは食べやすいようにカットしたり、おにぎりはひと口大にするなど工夫すれば、食べてくれるかも!

保育園前の朝ごはんを食べない時は、朝の過ごし方を見直そう!

起床後は、まだ完全に目が覚めていないので、ぼーっとしている状態で、そのままテレビを見せたりしていないでしょうか?

テレビに頼るのは簡単で、時には上手く利用も出来るものですが、朝一からテレビを見る習慣はおすすめしません。

人間の身体は子どもも大人も朝日を浴びることでリセットできるので、まず起きたら部屋のカーテンを開けて、朝日を浴びましょう。

そして、トイレに行って用を足し、水分も取ります。

そして、朝食の前に、着替えも完了しておきましょう。

パジャマのまま朝食だと、気分がなんとなく休みモードでシャキッとしません。

こうした習慣を続けていれば、体はバランスよく機能することができます。

体が完全に目覚めた状態で、朝食を食べるようにすると、寝ぼけたまま食べるよりも確実に箸が進むはずです。

子供が朝ごはんを食べない理由は?

子どもは、親の思っている通りには食べてくれません。

理想的な朝食の時間は、一般的に、起床してから30分後が良いとされています。

まだ起きたばかりでは、体もエンジンをかけはじめた状態なので、アクセルを踏み込むまで待つのがよいということでしょう。

ただ、この理想どおりにはできませんよね。

子どもの支度だけが朝の家事ではないですからね。

特に共働きのママの場合だと、朝の時間が限られるので、いろんなことに長く時間を取れません。

子どもが「ご飯食べたくない」と言っても、ずっと付きっきりでお世話する余裕は働くママに限らず、ないと言えるでしょう。

そして、イヤイヤ期の子どもなら、なおさら大変です。
あれもいやだ、これもいやだとご飯をひっくり返すこともありますしね。

親としては、何か少しでも食べて欲しい気持ちはありますが、子どもにも気持ちはありますから、少しずつ食べさせることから始めるのがよいと思います。

親の心、子知らずとは、ぴったりの言葉だなと改めて思いますね。

朝ごはんを食べれない子供への対処法は?朝ごはんは大切!

朝ごはんをなかなか食べてくれない子どもには、生活の基本である早寝早起きを習慣づけることが最善の方法です。

テレビを見たり、遊んでいたりして寝る時間が遅くなってしまうと、当然起きる時間も遅くなり、起こしてもなかなか目が覚めないということにつながります。

人間は、夜正しい時間に睡眠をとることで、成長ホルモンが分泌されます。

そして、ご飯を取る時間も大切です。

仕事で遅く帰ってくるパパを待ってから子どもも一緒に夜ご飯を食べたりしていると、体内リズムがくるってしまいます。

子どもの夜ご飯の時間は、睡眠時間からさかのぼって計算し、余裕をもった時間にすることをおすすめします。