高校の作文の書き方のコツと高得点を取るためのポイント

高校入試の作文の書き方にはポイントがあるのでしょうか?

作文の苦手だと言う人は、作文を書くときにまずどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

また、高校入試の作文で高得点を取るためにはどうしたらいいのでしょう?書き方のコツやポイントは?

そこで、高校の作文の書き方のコツと高得点を取るためのポイントなどについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫のトリミングのポイントやコツとは?やり方を紹介します

猫のトリミングはどんなことをしたらいいのでしょうか?また、猫のトリミングのやり方とは? 愛猫を...

家が大好きな主婦が増えている。意外と忙しい実態とその理由とは

「お家が大好き」という家の中で生活するのが一番充実しているという主婦が増えています。 「一日中...

原付に乗ることが怖いと感じる人のための練習方法を教えます

原付の免許は持っているものの、実際に乗ってみると怖いと感じてしまう人が多いと言います。普段車に乗り慣...

誕生日なのに友達から祝われない。誕生日はお母さんに感謝する日

誕生日なのに友達から祝われない… あなたは友達の誕生日をお祝いしてあげていますか? 自分...

アロマの香りを長持ちさせる方法とは?場所に合わせる事が大切

アロマの香りを長持ちさせるにはどのような方法があるのでしょうか?アロマの香りは使い始めは丁度良くても...

男性に嫌悪感を抱く理由。原因はそれぞれ!環境やトラウマとは

近くに男性がいると何となく落ち着かない、気分が悪い、嫌悪感があるという女性がいます。 男性に対...

嫉妬や妬みの違いとは?嫉妬や妬みに隠れた心理を紹介します

誰にでもある嫉妬や妬み・・このふたつの気持ちにはどのような違いがあるのでしょうか? 気にしなけ...

主婦のランチは節約ランチ!毎日のランチの予算と節約アイデア

主婦が一人で食べるランチはどのようなものを食べているのか気になりませんか?主婦が家で一人で食べるラン...

革のひび割れ修復を自宅で【革靴編】注意点やポイントと予防対策

革のひび割れの修復は自分でもできるのでしょうか?革靴を丁寧に履いていたつもりなのに、気がつけばひび割...

夏休みの課題【家庭科編】オススメ簡単作品や攻略ポイントとは

夏休みの課題の中には、家庭科からも課題が出されることがありますよね。 家庭科の課題に何を作った...

単位を取れない夢をよく見る!そんな夢をみるのには意味がある

単位を取れない夢。起きた後も後味が悪いです。私は卒業をしてから何年もたつのに未だに、そんな夢を見るこ...

風邪でも朝ごはんは食べよう!パンでも大丈夫!食べたいレシピ

風邪をひいたみたい・・・。朝ごはんは食べた方がいいの?それとも胃腸に負担がかかるから食べないほうがい...

車のブレーキが効かない!原因や覚えておきたい対処法と修理相場

車のブレーキが効かないのは大変危険です。走行中に突然ブレーキが効かないと焦ってしまいますが、そんなと...

ガスの元栓閉め忘れた!問題について。今のガスって元栓ないんだね

ガスの元栓を閉め忘れて外出しちゃった! もう、家に戻ることもできないしソワソワしちゃいますよね...

先生の異動が発表される時期はいつ頃なのか

学校の先生は3年から5年在籍したのち異動するのが一般的です。 正式発表の前には必ず内示されます...

スポンサーリンク

高校入試の作文の書き方のポイント

高校入試での作文の書き方のポイントはどんなことなのでしょうか。

まず、自分は何を書きたいのかを考えましょう。
テーマがあるのであれば、自分はどんな立場から書いたらよいのかを決めます。テーマに対して自分はどう思うのか、正しいと思うのか、また違うと思うのかなどは、とても重要です。どう思っているのか、その立場によって書き方が変わってきます。

その立場に肉付けをすることで、作文が仕上がります。自分の立場が途中で変わってしまったり、言いたい事が変わってしまうようでは、筋が通りません。しっかりと立場に沿って、最後は何を言いたいのか、結論は何なのかを考えてから書き始めることが重要になります。

また、作文を構成する際には、起承転結を意識してください。起は文章の始まりであり、承で始まり説明をして話を続けます。転で文章を逆転させ、結は結果として全体のまとめを書きましょう。これを意識するこで、文章にメリハリがつき、伝えたいことが分かりやすくなります。

高校入試ですので、作文に取り掛かるまえに問題を良く読む必要があります。問題には条件がある場合があります。それを踏まえて、段落を決めて行くと良いでしょう。

決められた文字数の中に自分の強調したいことを収めなくてはなりません。何を強調したいのかを意識して書くことで、自分の言いたい事を上手く伝えることができます。文字数ばかりに気をとられないように注意しましょう。

高校入試の作文で高得点を取るための書き方とは

高校入試の作文で高得点を取るためには、どのような書き方をするのが良いのでしょうか。

まずは、決まった型を作ることです。自分の決まった型を持つことで、書くスピードは格段にアップします。

高校入試の作文は、小論文であることが多いようです。小論文は型が作りやすいため、書く練習を何度も行い、自分の型をしっかりと身に付けておくことが高得点への近道と言えます。

小論文を書くときのポイントです。
最初の段落で、自分の考えが作者と同じであることと唱えます。なぜ同じであるのかというと、その方が書きやすくスピードアップに繋がります。作者とは違うと言うこと唱えようとすると、違うと言うことを正当化しなければならないので、それを説得させるような、強い文章展開が必要になります。たとえ、それが可能であったとしても、高得点に繋がるとはかぎりません。

次の段落では、体験を盛り込むのが良いでしょう。体験を通じて、最初の段落で書いたことが正しいというように具体例を書くようにしましょう。もし、具体的な体験が存在しないのであれば、想像して具体例を作るのもお勧めです

あくまでも、最初の段落の意見と次の段落の内容とが、ぶれないことが大切なのです。

高校入試の作文の書き方で時間配分は大切!

高校入試の作文の書き方で気をつけたい事の一つは、時間配分です。

考え込んでしまい最後まで書き終わらないと、元も子もありません。最後の結論を書くことが出来なければ、結論を伝えることは、もちろんできないでしょう。

入試の為に作文や小論文書く練習をしているのであれば、自分の書き上げるスピードを把握しておくことが大切です。構成を考える時間などは含まず、あくまで原稿用紙を埋めて書き終わるまでの時間のみを計ります。試験時間から原稿用紙を埋める時間を引いた時間が、問題を読んで理解し、自分の結論を見つけ、構成を考える時間に当てることができる時間なのです。

全く何を書くかを決めていない状態から書き始めるのは、一番避けるべきことだと言えます。試験の制限時間の3分の1程度は、問題を読んで自分の意見を見つけ、構成を固めるための時間に当てましょう。

何度も練習し、自分のペースをしっかりと掴むことが大切なのです。練習することで、確実に作文の力はアップします。

高校入試の課題作文の書き方のコツ

高校入試の課題の作文の書き方には、コツがあります。

それは、結論を大切にすることです。結論がなぜ大切なのかと言うと、そこはあなたの意見の最も大切なところになるからです。あなたの言いたいことは、全て結論に詰まっていると言っても過言ではありません。当たり前のことを結論づけても意味はありません。誰もが知っていることや誰もが思いつくことでは、普通の点数しかもらえないでしょう。

高得点を狙うのであれば、結論で、採点する試験官を感心させるようなすばらしい意見を述べることが大切になります。あなたの強い思いを伝えてください。

強い思いは、結論だけでなく、文章全体にも表れます。強い思いや意見をもって、試験時間文章を書くことに集中すれば、それはきっと素晴らしい内容になるはずです。

作文でよく出るテーマのポイントは?

高校入試の作文でよく出題されるのは、文章とともに、表やグラフや絵などから読み取れる内容と、それに対する意見を述べるような作文であることがあります。その際には、文章の読解力だけでなく、付属の資料を読み取る力も必要になります。

テーマが記載され、そのテーマから感じたことを書く作文である場合もあります。この2つが、高校入試の作文で出題されることが多いようです。

書き方で高得点を狙うためのポイントは、加点部分ではなく、どのようなことが出来ていないと減点になるのかと言うことを良く理解しておくことです。

内容には一貫性がありテーマに沿っているか、段落の分け方や構成がしっかりしているか、自分の意見をわかりやすく伝える内容になっているかは、採点に大きく関わってくるポイントです。これが出来ていなければ、減点になってしまうでしょう。

基本的なところにも気を配りましょう。誤字脱字、制限文字数、主語述語、接続語が適切でなければ、減点の対象となります。

しっかりとポイントに沿って、自分の意見を述べることは高得点に繋がります。高校入試の作文は練習あるのみです。頑張ってください。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691