老後の一人暮らしが寂しいのではと心配です。

老後の一人暮らしを想像してみました。

一人ぽつんと年老いた自分を想像して、なんだか寂しい気持ちに…。
というあなた。

本当にそうでしょうか?

一生独身でも、結婚していても、大抵の場合残されるのは女性です。
老後、そんな女性がたくさんいるのです。
今まで家族のために尽くしてきた分、老後は独り身で気ままに老後を過ごし、楽しみましょう!

そのためには、若いうちにしっかりと働いてお金をためて、何歳になっても健康でいられる体を手に入れておくのです!
ね?老後が楽しみになってきたでしょ?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫の習性を知れば気持ちがわかる!面白い行動に隠された意味

猫を飼育しているとその独特な習性や行動を面白く感じたりと魅力をたくさん感じますよね。 今猫が何を感...

目薬の差し方には裏技があります。上手く差すコツと正しい使い方

目薬を差すのが苦手という人もいますね。目に入ってくるのが見えるのですから当然です。 ですが場合...

旦那の転勤。子供なしで転勤。孤独とさみしさを乗り越えるには

旦那の転勤による、精神的不安定さを抱えてしまう奥様はたくさんいらっしゃいます。 転勤族だって知...

法事の香典は新札か?法事に使用するお札と香典のマナーを解説

法事に香典を出すことになったとき、今まで香典を包んだことがなければ使用するお札は新札かどうかわからな...

部活で女子との人間関係で悩んだときに読んで欲しい対処法

部活の女子との人間関係に悩む人は意外と多いのではないでしょうか。部活や練習は好きだけど、人とのコミュ...

反抗期の息子。母子家庭だからひどいの?母子家庭は関係ない!

反抗期の息子。 どのように接していいのか悩んでしまう…。 ウチが母子家庭だから、こんなにもひどい...

鼻毛が出てるときの伝え方は?相手を傷つけないように伝える方法

デートをしていたら彼氏の鼻から鼻毛が出てる!そんな時、どんな伝え方をすればよいのか悩んでしまいますよ...

ラムネの中にあるビー玉を取り出す時の開け方と上手な飲み方

ラムネを飲んだ後、瓶のの中に入っているビー玉を取り出したいと思う人もいますよね。お子さんのおもちゃに...

文房具をアレンジで簡単可愛くさせるコツ!仕事の効率もアップ

文房具は簡単にアレンジするだけで自分だけのオリジナル文房具へと変身できちゃいます。 では、簡単...

男性に嫌悪感を抱く理由。原因はそれぞれ!環境やトラウマとは

近くに男性がいると何となく落ち着かない、気分が悪い、嫌悪感があるという女性がいます。 男性に対...

芸人の出待ちをしてプレゼントする場合に喜ばれるものとは

誰しもが好きな芸能人っていますよね。 最近すごくイケメンが多くてアイドルのように人気なのがお笑い芸...

長ネギのみじん切りの方法はこれで一発!細かいみじん切りの方法

長ネギは料理に欠かせない野菜の一つで、色んなメニューの名脇役として登場しますね。 薬味としても人気...

宝石を研磨する方法について。宝石の硬度と磨き方について

宝石を研磨する方法について興味があります! もちろん、ダイヤモンドを紙やすりで磨こうとはしませ...

アラフィフ独身女性の実家暮らしは悩みばかり?その実態とは

「アラサー」という言葉が生まれてから50代前後の人を「アラフィフ」を呼ぶようになりましたが、アラフィ...

女性の肩幅が狭いのが悩みなら広くする方法やおすすめコーデテク

女性は肩幅が狭いと華奢に見えるので、憧れる女性も多いものです。 しかし、そんな肩幅が狭いことに...

スポンサーリンク

老後、一人暮らしだと寂しいよね…。それとも気楽なのかな?

長い時間を掛けて作り上げてきた生活スタイル。
それって、無意識でも自分が生活しやすいように、積み重ねてきたものなんですよね。

例えば、朝起きて朝食の用意よりも先に、身支度を整えて化粧を済ませてから1日を始める人もいれば、朝食の支度が先で全て済ませてから、身支度を整え1日を始める人。
朝の出勤前の一コマでも、手順が人それぞれに違いが出ますよね?

一人気ままに生活することが、人生において重要なのか、それとも大勢の人と関わり合い煩わしさの中で生活することが人生において重要なことなのか。

人それぞれに違いがあると思います。

大人になってから他人と暮らすと言えば結婚ですよね。
一度結婚して、離婚をすると一人で居るということに、自由気ままさを感じるのか、はたまた寂しさに押しつぶされそうになるのかは、その状況にならないとわからないと思います。

一人って、寂しいのでしょうか?
一人ってなんなのでしょうか?
結婚し、夫や自分の子どもと一緒に暮らしていても寂しさを感じている人、たくさん居ます。
反対に、独身だけど仲間や会社の同僚などと信頼関係があり、他人とつながっていると強く感じながら生きている人も居ます。

一人暮らし イコール さみしい

ちょっと、違う気がします。

老後の一人暮らしは寂しいなんてホント!?一人はラク!

年老いた親を一人で置いておくのは寂しいだろうと、子どもなりに気遣い同居を求める人も居るようですが、女性としての意見としては「やっと一人になれたのに、嫁や孫に気を使いながら生活したくないわ!」というのが本音なのではないのでしょうか?

確かに、体力も落ち、生活する上では誰かのちょっとした助けがあるとありがたいと感じるようです。
ですが、長年、夫のために、子供のために生活してきて、やっと自分の時間が持てるところに来たのに、今度は嫁と孫に気を使うなんて、冗談じゃない!という女性はたくさん居ると思います。

一人の寂しさより、一人の気楽さのほうが勝つのです!

自由気ままな生活。
今まで頑張って、夫や子供のために尽くしてきた自分へのご褒美。
多少の体の不自由さは出てきたとしても、何に追われるわけでもない老後生活。
ぼちぼちやっていく気楽さは、極楽なんです!

更に、不自由さを抱えた生活は、知恵をしぼり対処しなければ乗り切れません。
そうすると、脳をフル回転させますから、脳の活性化に繋がります。

環境が一人なだけで、気持ちは一人ではありません!

老後の一人暮らしが寂しいのでは?と心配ならロボットと暮らそう!

そうは言っても、一人だと会話することができませんよね?
そんなお悩みに今、「ロボット」が注目されているんです!

人工知能を持つロボットの開発は、ありとあらゆるところでなされています。
一人暮らしの老人と暮らすためのロボットの開発もされていて、薬を飲む時間を教えてくれたり、更に薬の飲み忘れまで教えてくれるそうです!
もちろん、リモートコントロールにより離れて暮らす家族に無事を知らせてくれます。

また、室内温度を管理してくれたり、電気をつけてくれたりとスマート家電と連携し、操作してくれます。

もちろん、会話もできますし、歌やダンスも一緒にしてくれるんですって!

逆に子どもと同居しても、煩わしいだけ?

子供からの同居を断ると、「遠慮をしている」と息子や娘から思われるようですが、親からするとそれは違うようです。
経済的な理由でなければ、「寂しいだろう」や「一人にしておくのは心配だから」という感情面が発端の同居はするべきではないというのが最近の同居事情だそうです。

子ども夫婦も自分も、同居しないほうが気がラクであることは事実です。
お互いに窮屈な思いをして、同居をするメリットと、同居によるデメリットをきちんと考えましょう。

また、お互いの生活スタイルが合致しないことはあきらかです。
その上で同居をしても、関わり合いを持てないのですから、やはり「さみしい」という問題は解決されません。

同居しなければどちらかの生活が経済的に成り立たせることができないという問題がある以外なら、健康なうちは感情論で同居をするべきではないのが現状です。

一人?それとも同居?老後の生活メリット・デメリット

自分のペースで気ままに生活できるのが、老後の一人暮らしの最大のメリットですよね。能力というのは使わないと、劣化していきます。
同居して世話好きのお嫁さんが何でもしてくれたら、あっという間に一人では何もできなくなってしまうかもしれません。
自分のことは自分で。
体に少し不自由が出てきても、それをカバーしようと頭を働かせることが大切なのです。
時間に追われることがありませんから、ゆっくりと自分のペースで生活を楽しめるでしょう。

また、同居して孫と生活すると生活に張り合いが出るかもしれませんが、逆に負担になってしまうこともあります。

子ども世帯は、親が孫と一緒にいられて喜ぶだろうと勝手に思いがちですが、たまに会う位でちょうどいいというのが本音なのではないのでしょうか?

どんなことにもメリット・デメリットはあります。

同居するメリットに目を向けやすいのですが、いちばん大事なのはデメリットです。
自分の性格と生活を考えて、老後を楽しみましょう!


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691