前髪の産毛が邪魔なら切るべき?産毛を手入れするコツと注意点

前髪を上げた時に産毛が気になりませんか?
産毛の濃さは人によって違いますが、どうしても邪魔で切りたくもなります。

ただ前髪の産毛は切るべきなのか、それとも残しておくべきなのかも気になります。

前髪の産毛が邪魔なら切るべきなのでしょうか。手入れする場合のコツは?

自己処理もできますが、どうしても不安な場合はサロンへ行って処理をお願いしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

玄関のタイルをDIYで貼り替える方法と貼替え時の注意点

玄関の古いタイルを新しいタイルにしたいなら、思い切ってDIYに挑戦してみませんか?プロに頼むのも...

体脂肪を増やす方法。食事・運動・睡眠!痩せるも太るも同じこと!

体脂肪を増やす方法は、いくつかあります。痩せることに必死な人が多い世の中で、太りたいなんて贅...

ブリッジのやり方を子供に教えるときのコツや続ける効果とは

ブリッジのやり方を子供に教えるときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?では、子供...

顔が揺れる女子が嫌われる理由と緊張で揺れないための対処法とは

顔が揺れる女子に対して嫌悪感を抱く人が多いのはどうしてなのかご存知でしょうか。そもそも顔が揺...

圧力鍋で時短できるのはどれくらい?こんなに時短できます

圧力鍋はどれくらいの時短ができるのでしょうか?扱いが難しいのでは?失敗しそう…など時短は気になるけれ...

夏休みの宿題は最終日までにやるコツと効率的に終わらせる方法

夏休みの宿題は最終日までに計画的に終わらせておくのが理想です。しかし、どうしてもギリギリにな...

運転中のこんな行動にイライラ!助手席の人のマナーは大切です

長距離を運転しているときやドライブに出かける時など、誰かを助手席に乗せて運転をしたり、誰かの助手席に...

岡山県民の性格!女性の性格や恋愛感!職場では完全主義者で勤勉

岡山県はその昔、工業地帯だったことから岡山県民の性格は理知的で理論的な面があるとされています。...

鍋についたカレーの焦げを簡単に落とす方法と焦げつかないために

カレーを作ったら、鍋が焦げてしまうことがあると思います。鍋の底が焦げ付いてなかなか落ちにくい...

ダンスのキャップが落ちないようにする方法を紹介します

ダンスのキャップを落ちないようにする方法はあるのでしょうか?激しいダンスでもキャップが落ちないように...

運動会2歳児向けの障害物競争と障害物を作る際の注意点

幼稚園や保育園などの運動会では、2歳児が参加する障害物競争もあります。まだまだ体が未発達な2歳児...

駐車場のスリット部分に雑草が。すき間の雑草対策方法とは

駐車場のスリットに雑草が生えてしまうのをどうにかしたい。雑草対策にはどのようなものがいいのでしょうか...

趣味がドライブという女性は有り。一人ドライブのメリット

趣味がドライブという人はいますが、男性に多いのではないでしょうか。では女性で趣味がドライブと...

親の過保護はNG!子供が高校になっても過保護・過干渉な親

「もう高校生になったのに親が過保護で悩んでいる」という人もいますよね。親の過保護は子供の成長に悪影響...

おみくじの恋愛運が『あきらめなさい』そんな時でも解決策はある

お正月には、毎年神社に初詣に行き、おみくじを引くと言う方は多いですよね。または、旅行で訪れた先の...

スポンサーリンク

前髪の産毛が邪魔なら切るべき?正しい処理方法は?

前髪の生え際にある産毛が邪魔で気になってしょうがない、それならばいっそ切って処理してしまいたいと考える人もいるかもしれません。本当に処理してしまっても大丈夫なのでしょうか。

勿論、処理しても構いません。しかし、正しい処理方法があります。間違った処理方法をしてしまうと後々大変なことになるので、注意が必要です。

産毛を剃刀で処理する場合は、シェービングクリームと、前髪を固定する為のヘアバンドを用意しましょう。まず、ヘアバンドで前髪や横髪が邪魔にならないようにシッカリと固定します。額にシェービングクリームをシッカリと塗り、剃刀を使って産毛を剃っていきます。生え際から1センチ下は残しておくと自然に仕上がります。髪の毛の流れに沿って剃っていくと良いでしょう。

前髪の産毛を処理すると額がスッキリし、肌の色がはっきするため、色白に見えます。前髪に産毛あるだけで、額が黒ずんで見えてしまいます。剃刀を使用して産毛を剃ってしまえば、スッキリします。

また額を出したスタイリングも、産毛がなくなることで決まります。

産毛がなくなると、額まわりのファンデーションを綺麗に塗ることができます。化粧のりや化粧もちも良くなります。

邪魔な前髪の産毛を手入れする際の注意点は?

邪魔な前髪の産毛を処理したいというのであれば、いくつか注意点があるので覚えて置きましょう。

まず、安全な器具を用意することです。勿論、鏡は必要不可欠ですが、そのほかにもシェービングクリーム、顔用の剃刀や電気シェーバーを用意しましょう。剃刀は、T字のものよりI字のもののほうが良いでしょう。また、剃刀を使った処理方法は、どんなにシェービングクリームを使ったとしても肌を傷つけてしまう可能性があります。肌が弱い人には、電気シェーバーがお勧めです。

どの方法で行うのが適切なのか、自分の肌に合わせてダメージを与えない道具選びも、前髪の産毛を手入する際にとても重要です。

処理する前には、シッカリと洗顔をしましょう。時間は夜のほうがベストです。剃った後は肌にダメージがある状態です。その状態で、外出したり紫外線に当たるのは、肌荒れの原因になる為、夜に行うのが良いでしょう。前髪をしっかりとヘアバンドやヘアピンでまとめて洗顔し、蒸しタオルなどで毛穴を柔らかくしておきましょう。

ヘアバンドで前髪を留めた状態で、鏡を見ながら丁寧に処理していきます。剃るのは、あくまで産毛だけです。毛の流れにそって、ゆっくりと慎重に剃りましょう。

終了後は、必ず清潔にしておくように気をつけましょう。使ったものもしっかりと乾燥させ、菌が繁殖しないようにすることも忘れずに。

みんな前髪の産毛は処理しているの?自己処理する場合のコツは?

良いこと尽くめように感じる前髪の産毛の処理ですが、はたして女性のみんなは、実際、前髪の産毛の処理を行っているのでしょうか。

実は、世の中の女性の大半は、前髪の産毛は処理していないようです。実際、前髪を下ろしている女性も多く、前髪を下ろしていると額に生えている前髪の産毛は見えません。よって、普段額を見せることもないのに、わざわざ産毛の処理をする必要はないと考える人が多いようです。

もし、前髪の産毛が邪魔で、自己処理したいというのであれば、生え際から1センチは必ず残しましょう。生え際のギリギリまで処理をしてしまうと、形を整えるのが非常に難くなり不自然になってしまいます。特に生え際の濃い人は、生え際から1センチの部分は処理しないほうが良いでしょう。

額と言えども、肌の一部であることに変わりはありません。できれば剃刀で処理するよりは、肌に優しい顔用の電気シェーバーを使用することをお勧めします。ボディー用を使うと、生え際などの細かい部分の処理が難しくなるため、顔用のものを使用してください。

前髪に産毛があるのはなぜ?薄毛と関係あるの?

額を上げたときにある前髪の産毛。邪魔だと感じることもあるとは思いますが、そもそもなぜ前髪に産毛があるのでしょうか。薄毛と何か関係があるのでしょうか。

産毛は、赤ちゃんの時の毛です。赤ちゃんの体を守る為に生えていますが、その産毛は成長とともに抜けて、生え変わります。一般的に見える硬い毛に関しては、男性に多く生えやすいと言われています。たしかに、男性には、産毛が生えている人が少ないように思います。女性は、そもそも生え際に産毛が多いのです。

生まれたばかりの男性にも女性にも、もともとは額に前髪の産毛が生えています。男性は、成長の過程で産毛がぬけていき、一方、女性はホルモンの影響で産毛が抜けずづらく、大人になっても生え際に産毛が残ります。

しかし、男性でも額に産毛が生えている人がいます。M字型に髪が後退している男性です。しかし、このM字が後退した部分に、細かい産毛のようなものがはいている男性は、髪の毛がなくなってきている状態が改善されている途中である可能性があるのです。

産毛が生えていることは、悪いことばかりではありません。おでこを狭くみせることができ、顔を小顔に見せてくれます。

産毛を剃るか、そのままにするかはあなた次第です。産毛を邪魔だと考えず、愛してあげるという考えもありますよ。