前髪の産毛が邪魔なら切るべき?産毛を手入れするコツと注意点

前髪を上げた時に産毛が気になりませんか?
産毛の濃さは人によって違いますが、どうしても邪魔で切りたくもなります。

ただ前髪の産毛は切るべきなのか、それとも残しておくべきなのかも気になります。

前髪の産毛が邪魔なら切るべきなのでしょうか。手入れする場合のコツは?

自己処理もできますが、どうしても不安な場合はサロンへ行って処理をお願いしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

外国人に日本語をマスターさせる教え方のコツ!

外国人にとって日本語はかなり難しいといいます。世界的に見ても複雑な言語で、日本語をマスターするにはか...

飲食店で感動したサービスや嬉しい一言!こんなお店に行きたい

飲食店では、食事が美味しいのもはもちろん、店員さんの接客というのもお店の評価の基準になりますよね。...

お弁当のおかずに煮物を冷凍して使う場合の工夫と注意

毎朝のお弁当作りは本当に大変。できるだけ作り置きや冷凍を活用したいものです。食卓の定番である...

バスタオルを使わない割合って結構多いの?の疑問について

バスタオルを使わない家庭の割合って、どのくらいか知ってますか?私も常々疑問に思っていました。...

拘置所の差し入れに食べ物は制限あり!差し入れで嬉しいものとは

拘置所の差し入れに食べ物はできるのか疑問に思う人もいるでしょう。拘置所では食べ物の持ち込みは...

1歳半は絵本から成長する?読まないのはもったいない!

1歳半の子供に絵本の読み聞かせをしていると、他のものに興味が向くなどして集中しないこともあるでしょう...

ラインが長文の友達にウンザリしたときの対処法と回避するコツ

ラインが長文の友達っていますよね。どうして彼女はそんなに長いラインを送ってくるのでしょうか?...

【包丁の研ぎ方】シャープナーの使い方とデメリットについて

簡単に包丁を研ぐことができるグッズとして人気のシャープナー。しかし、使ったことがない人にとってはどん...

【アラフォー女子】一人暮らしを初めてする時に考えるべきこと

今まで実家で生活をしてきた女性もアラフォー前後になると、今後のことをいろいろと考えるようです。...

体が柔らかくなる期間は?柔軟の効果を感じるのに必要な時間とは

体が柔らかくなるにはどのくらいの期間が必要なのでしょうか?個人差があり、どのくらいのストレッ...

アイプチはアイシャドウの先?後?テカるのをなんとかしたい

アイプチしてからアイシャドウ?アイシャドウしてからアイプチ?今の主流は、アイシャドウから...

夏休みの課題【家庭科編】オススメ簡単作品や攻略ポイントとは

夏休みの課題の中には、家庭科からも課題が出されることがありますよね。家庭科の課題に何を作った...

ノートの使い道。今話題の趣味ノートを作ってみよう!

ノートの使い道って人それぞれです。主に、勉強に使うイメージですが、今話題の『趣味ノート』を始めて...

同棲の生活費は彼氏持ちか折半か。ケンカにならないお金のルール

彼氏と同棲をしたいという時には、お金のことも前もって話しておくのがおすすめです。生活費は彼氏持ちにし...

子犬の噛み癖は2ヶ月でもしっかりと直そう!その方法を教えます

生後2ヶ月のかわいい子犬。しかし、噛み癖に悩まされている飼い主も多いと言われています。しかし...

スポンサーリンク

前髪の産毛が邪魔なら切るべき?正しい処理方法は?

前髪の生え際にある産毛が邪魔で気になってしょうがない、それならばいっそ切って処理してしまいたいと考える人もいるかもしれません。本当に処理してしまっても大丈夫なのでしょうか。

勿論、処理しても構いません。しかし、正しい処理方法があります。間違った処理方法をしてしまうと後々大変なことになるので、注意が必要です。

産毛を剃刀で処理する場合は、シェービングクリームと、前髪を固定する為のヘアバンドを用意しましょう。まず、ヘアバンドで前髪や横髪が邪魔にならないようにシッカリと固定します。額にシェービングクリームをシッカリと塗り、剃刀を使って産毛を剃っていきます。生え際から1センチ下は残しておくと自然に仕上がります。髪の毛の流れに沿って剃っていくと良いでしょう。

前髪の産毛を処理すると額がスッキリし、肌の色がはっきするため、色白に見えます。前髪に産毛あるだけで、額が黒ずんで見えてしまいます。剃刀を使用して産毛を剃ってしまえば、スッキリします。

また額を出したスタイリングも、産毛がなくなることで決まります。

産毛がなくなると、額まわりのファンデーションを綺麗に塗ることができます。化粧のりや化粧もちも良くなります。

邪魔な前髪の産毛を手入れする際の注意点は?

邪魔な前髪の産毛を処理したいというのであれば、いくつか注意点があるので覚えて置きましょう。

まず、安全な器具を用意することです。勿論、鏡は必要不可欠ですが、そのほかにもシェービングクリーム、顔用の剃刀や電気シェーバーを用意しましょう。剃刀は、T字のものよりI字のもののほうが良いでしょう。また、剃刀を使った処理方法は、どんなにシェービングクリームを使ったとしても肌を傷つけてしまう可能性があります。肌が弱い人には、電気シェーバーがお勧めです。

どの方法で行うのが適切なのか、自分の肌に合わせてダメージを与えない道具選びも、前髪の産毛を手入する際にとても重要です。

処理する前には、シッカリと洗顔をしましょう。時間は夜のほうがベストです。剃った後は肌にダメージがある状態です。その状態で、外出したり紫外線に当たるのは、肌荒れの原因になる為、夜に行うのが良いでしょう。前髪をしっかりとヘアバンドやヘアピンでまとめて洗顔し、蒸しタオルなどで毛穴を柔らかくしておきましょう。

ヘアバンドで前髪を留めた状態で、鏡を見ながら丁寧に処理していきます。剃るのは、あくまで産毛だけです。毛の流れにそって、ゆっくりと慎重に剃りましょう。

終了後は、必ず清潔にしておくように気をつけましょう。使ったものもしっかりと乾燥させ、菌が繁殖しないようにすることも忘れずに。

みんな前髪の産毛は処理しているの?自己処理する場合のコツは?

良いこと尽くめように感じる前髪の産毛の処理ですが、はたして女性のみんなは、実際、前髪の産毛の処理を行っているのでしょうか。

実は、世の中の女性の大半は、前髪の産毛は処理していないようです。実際、前髪を下ろしている女性も多く、前髪を下ろしていると額に生えている前髪の産毛は見えません。よって、普段額を見せることもないのに、わざわざ産毛の処理をする必要はないと考える人が多いようです。

もし、前髪の産毛が邪魔で、自己処理したいというのであれば、生え際から1センチは必ず残しましょう。生え際のギリギリまで処理をしてしまうと、形を整えるのが非常に難くなり不自然になってしまいます。特に生え際の濃い人は、生え際から1センチの部分は処理しないほうが良いでしょう。

額と言えども、肌の一部であることに変わりはありません。できれば剃刀で処理するよりは、肌に優しい顔用の電気シェーバーを使用することをお勧めします。ボディー用を使うと、生え際などの細かい部分の処理が難しくなるため、顔用のものを使用してください。

前髪に産毛があるのはなぜ?薄毛と関係あるの?

額を上げたときにある前髪の産毛。邪魔だと感じることもあるとは思いますが、そもそもなぜ前髪に産毛があるのでしょうか。薄毛と何か関係があるのでしょうか。

産毛は、赤ちゃんの時の毛です。赤ちゃんの体を守る為に生えていますが、その産毛は成長とともに抜けて、生え変わります。一般的に見える硬い毛に関しては、男性に多く生えやすいと言われています。たしかに、男性には、産毛が生えている人が少ないように思います。女性は、そもそも生え際に産毛が多いのです。

生まれたばかりの男性にも女性にも、もともとは額に前髪の産毛が生えています。男性は、成長の過程で産毛がぬけていき、一方、女性はホルモンの影響で産毛が抜けずづらく、大人になっても生え際に産毛が残ります。

しかし、男性でも額に産毛が生えている人がいます。M字型に髪が後退している男性です。しかし、このM字が後退した部分に、細かい産毛のようなものがはいている男性は、髪の毛がなくなってきている状態が改善されている途中である可能性があるのです。

産毛が生えていることは、悪いことばかりではありません。おでこを狭くみせることができ、顔を小顔に見せてくれます。

産毛を剃るか、そのままにするかはあなた次第です。産毛を邪魔だと考えず、愛してあげるという考えもありますよ。