前髪の産毛が邪魔なら切るべき?産毛を手入れするコツと注意点

前髪を上げた時に産毛が気になりませんか?
産毛の濃さは人によって違いますが、どうしても邪魔で切りたくもなります。

ただ前髪の産毛は切るべきなのか、それとも残しておくべきなのかも気になります。

前髪の産毛が邪魔なら切るべきなのでしょうか。手入れする場合のコツは?

自己処理もできますが、どうしても不安な場合はサロンへ行って処理をお願いしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バレエ発表会!子供の肌に負担をかけないメイク落としの方法

バレエの発表会では、子供が普段はしないような派手なメイクを施します。子供にとっては、可愛い衣装やメイ...

革靴のひび割れを自分で補修する方法と注意点を理解しましょう

お気に入りの革靴のひび割れ。長期間履いたのであれば寿命だと考える人もいるかもしれませんが、まだ諦めな...

うさぎが怒るとする『足ダン』について。うさぎの気持を知ろう

うさぎが怒ると見せる姿の一つに『足ダン』がありますよね? 足ダン(スタンピング)には大きく2つ...

ロマンスカーの展望席の予約裏技を大公開!今すぐチェック

ロマンスカーの展望席から眺める景色は格別!予約困難な席ですが、予約裏技があるの知っていますか? あ...

保育園って祝日はお休み?仕事がある場合の対処法について

保育園を利用している共働き夫婦にとって、保育園がお休みの時に万が一仕事が入ってしまった場合はどうすれ...

植物を育てるのが上手な人が実践!植物を元気に成長させる方法

部屋やお庭に植物があると見ているだけでも癒されますし、部屋やお庭の雰囲気もぐっとよくなりますし、花を...

男性の太ももの平均的な太さとは?細くするための方法も解説!

スピードスケートや自転車競技などのスポーツをしている人の太ももってかなり太く感じますが、男性の平均的...

旦那がスキンシップを拒否します。こんな方法を試して!

旦那がスキンシップを嫌がる、拒否するという夫婦は結構います。 旦那がスキンシップを拒否するには...

うさぎは果物も大好き?甘い香りの桃を食べさせたい!

うさぎをペットとして飼育する時は牧草やペレットを主食にして飼育していると思いますが、思いのほかいろい...

前髪を自分で切る割合は多い!失敗しないカットのポイントとは

前髪だけは自分で切るという人の割合は意外と多いそうです。もちろん、前髪だけでも美容室に行くという人も...

跳び箱練習を自宅でするオススメな方法と誰でもできるコツとは

跳び箱の練習は跳び箱がなくても自宅でできるのでしょうか? では、自宅でできる跳び箱が飛べるよう...

セキセイインコの寿命を人間年齢に例えると何歳?長生をさせよう

セキセイインコを飼育している人の中には、セキセイインコの寿命を人間年齢に例えると一体何歳なのか気にな...

交通違反は現行犯が基本だが携帯電話の場合はどうなるのか

交通違反といえば現行犯逮捕が基本になりますが、運転中の携帯電話についてはどうなるのでしょうか。 ...

家が大好きな主婦が増えている。意外と忙しい実態とその理由とは

「お家が大好き」という家の中で生活するのが一番充実しているという主婦が増えています。 「一日中...

1ヶ月半頃の赤ちゃんの平均睡眠時間や睡眠リズムについて

1ヶ月半頃になると赤ちゃんも夜ぐっすり眠ってくれるのでは?と淡い期待を抱いてしまいます。 ちょうど...

スポンサーリンク

前髪の産毛が邪魔なら切るべき?正しい処理方法は?

前髪の生え際にある産毛が邪魔で気になってしょうがない、それならばいっそ切って処理してしまいたいと考える人もいるかもしれません。本当に処理してしまっても大丈夫なのでしょうか。

勿論、処理しても構いません。しかし、正しい処理方法があります。間違った処理方法をしてしまうと後々大変なことになるので、注意が必要です。

産毛を剃刀で処理する場合は、シェービングクリームと、前髪を固定する為のヘアバンドを用意しましょう。まず、ヘアバンドで前髪や横髪が邪魔にならないようにシッカリと固定します。額にシェービングクリームをシッカリと塗り、剃刀を使って産毛を剃っていきます。生え際から1センチ下は残しておくと自然に仕上がります。髪の毛の流れに沿って剃っていくと良いでしょう。

前髪の産毛を処理すると額がスッキリし、肌の色がはっきするため、色白に見えます。前髪に産毛あるだけで、額が黒ずんで見えてしまいます。剃刀を使用して産毛を剃ってしまえば、スッキリします。

また額を出したスタイリングも、産毛がなくなることで決まります。

産毛がなくなると、額まわりのファンデーションを綺麗に塗ることができます。化粧のりや化粧もちも良くなります。

邪魔な前髪の産毛を手入れする際の注意点は?

邪魔な前髪の産毛を処理したいというのであれば、いくつか注意点があるので覚えて置きましょう。

まず、安全な器具を用意することです。勿論、鏡は必要不可欠ですが、そのほかにもシェービングクリーム、顔用の剃刀や電気シェーバーを用意しましょう。剃刀は、T字のものよりI字のもののほうが良いでしょう。また、剃刀を使った処理方法は、どんなにシェービングクリームを使ったとしても肌を傷つけてしまう可能性があります。肌が弱い人には、電気シェーバーがお勧めです。

どの方法で行うのが適切なのか、自分の肌に合わせてダメージを与えない道具選びも、前髪の産毛を手入する際にとても重要です。

処理する前には、シッカリと洗顔をしましょう。時間は夜のほうがベストです。剃った後は肌にダメージがある状態です。その状態で、外出したり紫外線に当たるのは、肌荒れの原因になる為、夜に行うのが良いでしょう。前髪をしっかりとヘアバンドやヘアピンでまとめて洗顔し、蒸しタオルなどで毛穴を柔らかくしておきましょう。

ヘアバンドで前髪を留めた状態で、鏡を見ながら丁寧に処理していきます。剃るのは、あくまで産毛だけです。毛の流れにそって、ゆっくりと慎重に剃りましょう。

終了後は、必ず清潔にしておくように気をつけましょう。使ったものもしっかりと乾燥させ、菌が繁殖しないようにすることも忘れずに。

みんな前髪の産毛は処理しているの?自己処理する場合のコツは?

良いこと尽くめように感じる前髪の産毛の処理ですが、はたして女性のみんなは、実際、前髪の産毛の処理を行っているのでしょうか。

実は、世の中の女性の大半は、前髪の産毛は処理していないようです。実際、前髪を下ろしている女性も多く、前髪を下ろしていると額に生えている前髪の産毛は見えません。よって、普段額を見せることもないのに、わざわざ産毛の処理をする必要はないと考える人が多いようです。

もし、前髪の産毛が邪魔で、自己処理したいというのであれば、生え際から1センチは必ず残しましょう。生え際のギリギリまで処理をしてしまうと、形を整えるのが非常に難くなり不自然になってしまいます。特に生え際の濃い人は、生え際から1センチの部分は処理しないほうが良いでしょう。

額と言えども、肌の一部であることに変わりはありません。できれば剃刀で処理するよりは、肌に優しい顔用の電気シェーバーを使用することをお勧めします。ボディー用を使うと、生え際などの細かい部分の処理が難しくなるため、顔用のものを使用してください。

前髪に産毛があるのはなぜ?薄毛と関係あるの?

額を上げたときにある前髪の産毛。邪魔だと感じることもあるとは思いますが、そもそもなぜ前髪に産毛があるのでしょうか。薄毛と何か関係があるのでしょうか。

産毛は、赤ちゃんの時の毛です。赤ちゃんの体を守る為に生えていますが、その産毛は成長とともに抜けて、生え変わります。一般的に見える硬い毛に関しては、男性に多く生えやすいと言われています。たしかに、男性には、産毛が生えている人が少ないように思います。女性は、そもそも生え際に産毛が多いのです。

生まれたばかりの男性にも女性にも、もともとは額に前髪の産毛が生えています。男性は、成長の過程で産毛がぬけていき、一方、女性はホルモンの影響で産毛が抜けずづらく、大人になっても生え際に産毛が残ります。

しかし、男性でも額に産毛が生えている人がいます。M字型に髪が後退している男性です。しかし、このM字が後退した部分に、細かい産毛のようなものがはいている男性は、髪の毛がなくなってきている状態が改善されている途中である可能性があるのです。

産毛が生えていることは、悪いことばかりではありません。おでこを狭くみせることができ、顔を小顔に見せてくれます。

産毛を剃るか、そのままにするかはあなた次第です。産毛を邪魔だと考えず、愛してあげるという考えもありますよ。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691