快適な温度とは?室内の過ごしやすい温度や湿度をご紹介

快適に過ごせる室内の温度はいったいどのくらいなのでしょうか? 過ごしやすい室内の温度は、季節によっても違ってくるようです。

夏は涼しく、冬は暖かく室内の温度を保ちたいですよね。どのようなことを工夫すれば心地よい温度を保てるのでしょうか?

エアコンや暖房を強くするよりも、部屋に工夫をすることで快適な室内の温度が作れるのかもしれません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫が逃げたときの捕まえ方とは?探すポイントやコツを紹介

猫が逃げたときには慌ててしまいますが、まずは落ち着いてこの場所を探してみましょう。猫が逃げた...

バレエ発表会!子供の肌に負担をかけないメイク落としの方法

バレエの発表会では、子供が普段はしないような派手なメイクを施します。子供にとっては、可愛い衣装やメイ...

旦那の浮気が発覚!離婚するべき?後悔しないためにできること

幸せな結婚生活を送っていたはずなのに、ある日旦那の浮気が発覚!旦那さんに裏切られたことにとてつもない...

包丁の使い方にはコツがある!基本の姿勢と持ち方がポイント

包丁の使い方のコツを掴んで練習をすれば、包丁使いは上達していきます。まずは、基本の姿勢や持ち...

女性の肩幅が狭いのが悩みなら広くする方法やおすすめコーデテク

女性は肩幅が狭いと華奢に見えるので、憧れる女性も多いものです。しかし、そんな肩幅が狭いことに...

保育園年少の入園式の特徴と準備しておきたいこと

春から子供を保育園の年少として入園させる場合、入園式があるかどうかが気になります。入園式はあ...

猫の長毛種!毛玉のとり方と予防のブラッシング方法をご紹介

猫を飼っている方は毛玉が出来ないように、日々ブラッシングをしていらっしゃると思います。特に長毛種は毛...

岩塩がピンク色をしているのはなぜ?人気のヒマラヤ岩塩とは

ピンク色をしている岩塩を見たことがある人もいるでしょう。普通の塩は白い色なのに、なぜ岩塩がピンク色を...

スーツの後ろに付いてる糸は?ベントについている糸について

スーツの後ろに糸がバッテンについていますよね。スーツを着慣れない方はコレって何?と思われるのではない...

かぼちゃの収穫について。食べごろは収穫後すぐ?それとも…

かぼちゃの収穫って、かぼちゃがどのくらい大きくなったらするのでしょうか?かぼちゃの収穫は大きさで...

動物や子供が嫌いな人はいる!その心理と人に言えないホンネとは

動物や子供が嫌いだったり、苦手だと感じている人もいるのは事実です。そう公言しまうと、「冷たい...

文鳥雛が挿し餌を食べないときの対処法と上手なコツや成長の仕方

文鳥の雛が挿し餌を食べないと飼い主としては心配になってしまいますが、挿し餌を食べないのはどんな理由か...

コンサートのうちわが目立つ色とは?背景と文字とのバランス

アイドルのコンサート=うちわというくらい、目立つ色でメッセージを書いた自作のうちわは定番グッツとなっ...

旦那が転職?離婚したいなんて言わず旦那を支えるのが得策

旦那が急に転職すると言い出したら、妻としてあなたはどうしますか?妻が離婚したいと思うタイミングに夫の...

yシャツの黄ばみを落とす重曹の使い方!頑固な黄ばみの落とし方

きれいに洗濯しているはずなのに、気付くと薄っすらと付いているYシャツの黄ばみ。特に襟周りが気にな...

スポンサーリンク

室内の快適な温度はどのくらい?季節によって違いがある

部屋の快適さは温度と湿度によって異なる

快適を感じる温度と湿度はどのくらいでしょう。夏と冬とでも違ってきます。

快適な温度と湿度とは?

法令での湿度基準、不快指数、病気(熱中症、インフルエンザ)健康(乾燥肌、ドライアイ)カビ、ダニなどを考慮しています。

夏の快適な温度

室内の快適な温度は25℃~28℃
湿度は55%~65%

冬の快適な温度

室内の快適な温度は18℃~22℃
湿度は45%~60%

乾燥肌、ドライアイに良い温度

肌にいい湿度は60%~65%と言われています。湿度が50%以下になると肌が乾燥します。ドライアイ予防位は50%をいかにならないようにするといいです。

人が快適に寝ることが出来る室内の湿度は夏、冬50%~70%が快適と言われています。

カビ、ダニ
カビには色々な種類があります。カビが発生する条件は20℃~30℃の室温があり、70%以上の湿度と淀んだ空気などの条件がそろうと繁殖をします。

夏の室内を快適な温度にするにはエアコンを上手く使おう!

環境省が推奨するエアコン冷房時の室温の目安

28℃です。扇風機やサーキュレーターを一緒に使って空気を循環させたり、熱を吸収してしまうカーテンを簾に変更するなど、窓の外の日光を遮る工夫をしましょう。

エアコンの電気代を一番抑えることが出来る方法は「自動運転」になります。エアコンは室内の温度を設定温度にするまでの間が一番消費電力を使います。冷房の時は設定温度まで下げている間、暖房の時は設定温度まで上げている間が一番電気代がかかっているのです。

「自動運転」にすると室内気温を設定温度にするまでは、最大運転をしますが、設定温度になると弱運転や送風で運転し設定温度を保ちます。設定温度いするまでの時間が短いと電気代は抑えられるので、短い時間で一気に設定温度にする「自動運転」が電気代を一番節約できることになりますので、電気代を考えるとつけたり消したりするのではなく、自動運転にする方法をオススメします。

冬に快適な室内の温度を保つにはどうしたらいい?

厚手のカーテンで室内の温度調節

厚手のカーテンをつけると高い断熱効果が期待できます。電力会社の調査によると、消費電力量も12%~17%減る結果になりました。

夏用の薄いカーテンと比べると、遮光カーテンは光を遮るように厚く作られています。薄いカーテンを使っている場合は冬の遮光カーテンに変えることをオススメします。

室外機の周りを片付る

室外機の周りに物を置いていませんか?植木鉢や捨てる直前のゴミ袋や粗大ごみやダンボールなど。室外機は空気が出入りする場所なので、この周りに物があると空気がスムーズに出入りすることができなくなるのです。そうなると暖房効率が悪くなるので、室外機の周りには物を置かないようにしましょう。

湿度を上げ体感温度を上げる

冬は乾燥し湿度が下がります。湿度が下がると室温を上げてもさほど体感温度はあがらないのです。夏は湿度が低いと体感温度が低く快適です。冬に乾燥していると体感温度が下がってしまい寒く感じてしまうのです。

室内の快適な温度は健康に大きな影響を与えている?

室内の温度を調整して不眠対策

不眠は室内環境やストレスによって起きます。日本人5人に1人が不眠に悩んでいると言われています。眠りの質を左右するのが「室温」です。研究結果のよると、冬の室温16℃が快眠の許容下限でそれ以下だと途中で起きてしまうことが多くなったりします。夏は室温28℃湿度70%以下だと深い眠りが出来きます。

室内の温度が快適なほどリラックス、快適度が上がる

例えば足は冷たいのに頭上が熱いという状態は快適ではありません。快適を感じるためには室内の上下の温度差が関係しています。温度差は2℃以内なら快適と感じ、4℃以上の温度差があると快適ではありません。リビングの上下温度差は3℃以内にしましょう。

室内の温度を一定にしてヒートショック対策

ヒートショックとは、急激な温度変化が体に及ぼす影響のことです。室温の変化により、血圧が急激に変化します。暖かい部屋から寒いトイレや脱衣場などに行くと起こることがあります。冬に多く発生します。部屋はどの部屋も一定の温度にすることでヒートショックを防ぐことが出来ます。

人が快適な温度と感じるには室内の空間をこのように工夫してみよう

人が暖かい、涼しいと感じるのは湿度だけではない

例え同じ温度でも、湿度や風があるかによって湿度の感じ方が違ってきます。このことを表したのは体感温度になります。

例えば、室温が25℃、湿度50%、無風の時の体感温度は23,2℃。
湿度が70%になると体感温度は24,4℃になります。室温は変わっていないのに体感温度が1,2℃も上がるのです。そよ風があると体感温度は19,3℃になります。室温は変わっていないのに体感温度が3,9℃も下がります。

室温が適切でも、湿度や風によって快適ではないと感じることもあります。対策し、効率よくエアコンを使うことで節約に繋がることもあります。暖房のときは加湿器で湿度を上げて、人に風が当たらないように向きをかえる。冷房の時は人に風が当たるように向きを変えるようにしましょう。