日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

弟の結婚祝いの相場が知りたい!式なしの場合のお祝い事情

2018.9.18

最近は色んな事情から、結婚式はしない「式なし婚」も増えていますね。

兄弟が「式なし婚」の場合は、結婚祝いはどうしたらいいのか悩みますね。

兄弟なのでお祝いは必要ない?やっぱりお祝い事なのでお金を包む?
金額はいくらくらいが相場?

わからないことばかりですね。そんな疑問にお答えします!

また友人が「式なし婚」の場合のお祝いの方法も紹介します。

弟の結婚が式なしの場合、結婚祝いはどうするの?

最近は、結婚式をしないというカップルも多いですよね。

では、もしも自分の弟が結婚式をあげない場合は、どのようにお祝いをしたらいいのでしょうか?

ご祝儀などは渡すのでしょうか?

確かに、結婚式をしないとなると、食事代もかからないし、引き出物代もかかりません。

だったら、何も必要ないの?なんて思う方もいるかもしれませんが、やはり血の繋がった兄弟です。

これをどうするかで、今後の兄弟関係にも影響があるかもしれませんよ。

一般的には、兄弟が結婚をするときに、例え結婚式をあげないとしても5万円から10万円程度は包むという人が多いようです。

せっかくの兄弟、これからも仲良くしていきたいのであれば、これくらいが常識ではないでしょうか。

もちろん、その家庭の状況によっては、多少金額を少なくしたり、もしくはもっとお祝いしたいと多くあげるのも構わないでしょう。

もしも、他にも兄弟がいるのであれば、みんなに相談して決めてもいいですよね。

お祝いは、あくまで気持ちでもありますし・・・。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

弟が結婚することに!式なしの場合の結婚祝いは?

弟が結婚をするときに、結婚式をしないとしても、ご祝儀はあげるのが普通でしょう。

社会人であれば、ご祝儀は包んだ方がいいですね。

ただ、経済的に厳しい状況であれば、それは兄弟なので多少の減額はアリでしょう。

もしも、自分は結婚式をあげているけど、弟はあげないというのであれば、自分が結婚式のときに包んでもらった金額に合わせて包みましょう。

しかし、もしかしたら自分の結婚式のときに、ご祝儀をもらっていない場合もあるかもしれません。

でも、これもやはり弟です。

自分の方が年上なのですから、ここはご祝儀を包んで、お祝いの気持ちを贈ってあげましょう。

包む金額については、その地域や家族の間でも考え方が変わってきます。

周りに相談してから決めてもいいでしょう。

兄弟への結婚祝いの相場はこのくらい!式なしならどうする?

兄弟への結婚祝いってどのくらい包んだらいいのか悩みますよね。

普通に結婚式をあげる場合、自分が独身かそれとも夫婦で参列するか、あるいは子供連れで家族で参列するかによっても違ってきます。

一般的な相場としては、自分が独身の場合は5万円、夫婦や家族での出席の場合は10万円という人が多いようです。

では、結婚式をあげない場合はどうでしょうか?

その前に、兄弟同士での話し合いをして、結婚祝いはなしにしようと決めたのであれば、あげなくても問題はないでしょう。

ちなみに、結婚祝いは結婚式の1ヶ月前から遅くても1週間前までには渡すようにしましょう。

当日になると失礼にあたりますよ。

結婚式の前は忙しくなるので、ちゃんと予定お確認してから、本人の家まで届けに行くのが渡し方の基本です。

気をつけましょう!

友人の結婚で式なしの場合、結婚祝いはどうしてる?

仲の良い友人の結婚には、ぜひお祝いをしてあげたいですよね。

特に、自分の結婚式でお祝いをしてくれた友達には同じようにお祝いをしてあげたいものです。

しかし、その友達が結婚式をあげない場合はどうしたらいいのでしょうか?

例えば、自分の結婚式のときに頂いたご祝儀と同じ金額を包んで渡すべきか悩みますよね。

結婚式に招待をされた場合は、ご祝儀の他に披露宴代もプラスされていると考えてもいいでしょう。

なので、結婚式をしないのであれば、お祝い金は1万円程度でも問題ないようです。

また、お祝い金の他に何かお祝いのプレゼントも一緒に贈るという人もいるようです。

本人に直接何か欲しい物があるのか聞いてもいいですし、授かり婚なのであれば今後使えそうな育児グッズなどを一緒にプレゼントすると喜ばれるのではないでしょうか。

式なし婚の場合のお祝いの仕方について

親族の場合、結婚式に招待されたときは、食事代や引き出物などにかかる金額以上にご祝儀を贈ります。

例え、結婚式をあげなくても親族からはご祝儀は贈るようにしましょう。

ただし、結婚式に招待されたときよりは少し控えめな金額にする人が多いようですよ。

また、友達の結婚の場合には、自分の結婚式のときのご祝儀などによっても変わってきます。

自分の結婚式のときのにご祝儀を頂いたのであれば、例え結婚式をしない場合でも、同程度のご祝儀を包むか、新生活のためにお祝いのプレゼントを用意して贈るのもいいでしょう。

もしも、これから自分が結婚式を控えているのであれば、友達にも気持ちよく出席してもらえるように、結婚式に出席する場合と同様の金額を包むようにしましょう。

逆に、自分が未婚で、今後その予定もないのであれば、あまり高額なご祝儀やプレゼントはやめましょう。

一般的には1万円以内で問題ないですよ。

 - 簡単な問いに対する答え