スーツの後ろに付いてる糸は?ベントについている糸について

スーツの後ろに糸がバッテンについていますよね。スーツを着慣れない方はコレって何?と思われるのではないでしょうか?

この糸について、着るときは外すべきなのかどうか?糸の意味とは?などをご紹介いたします。

また外さなくても良いしつけ糸や、スーツのベントについても合わせて載せてみました!スーツの基本の着方をしっかりとマスターして、かっこよく着こなしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

先生の異動が発表される時期はいつ頃なのか

学校の先生は3年から5年在籍したのち異動するのが一般的です。 正式発表の前には必ず内示されます...

玄関のタイルに付着する白い粉の正体と掃除に必要な物と手順

ふと見た時に、玄関のタイルの部分に白い粉のような物が付着していることはありませんか? どこから...

旦那のこんな言い方にムカつく!奥さんのイライラを解消する方法

今、これを読んでいるあなたは、旦那さんにイライラしていますね! 旦那のこんな態度がムカつく、こんな...

添い寝で赤ちゃんの寝かしつけをしたい!泣いても耐えて!

添い寝をすると赤ちゃんは安心するそうです。 そして、抱っこでの寝かしつけやおっぱいを飲ませなが...

長時間運転をする時の休憩の目安!眠気や疲労を感じた時は休憩を

長時間運転をする場合、事故を防ぐためにもこまめに休憩をはさみながら運転をすることが大切です。 ...

PTA会長に推薦された場合の断り方とは?ウソはNGです

PTAの役員をやるだけでも大変なのに、会長に推薦されたりするとなんとか断りたいと考えてしまう人の方が...

ヒールは歩き方で脱げる事も?脱げる原因と自分でできる対処法

パンプスなど、ヒールのある靴を履いていると脱げてしまう事もありますよね。歩き方によってはヒールが脱げ...

小銭貯金を郵便局で!硬貨の入金ができるATMは郵便局だけ

小銭貯金をするなら郵便局のATMが最適です。 もちろん、銀行のATMでも硬貨対応のものもありま...

シャンデリアの掃除方法は?簡単にできるシャンデリアの掃除方法

自宅にシャンデリアが飾られている人もいますよね。とっても豪華できれいですから、見ていてうっとりするこ...

友達に誘われない子供に親ができる友達力の育て方のコツとは

友達に誘われない子供が友達から好かれるようになるにはどうしたらいいのでしょうか? では、子供が...

玄関のタイルをDIYで貼り替える方法と貼替え時の注意点

玄関の古いタイルを新しいタイルにしたいなら、思い切ってDIYに挑戦してみませんか? プロに頼むのも...

洗面台の掃除で水垢を簡単に落とす方法と綺麗を保つポイント

洗面台の掃除について水垢は便利なアイテムを使って簡単に落とすことができます。洗面台は毎日使っているう...

包丁の使い方の基本の握り方や姿勢と素材による切り方の違い

包丁は使い方の基本ができていなければ、調理も上達しません。 では、包丁の基本的な使い方とは、置...

オリーブオイル賞味期限切れ活用法!捨てずにエコな使い道

オリーブオイルはどこのご家庭にもあり、パスタやサラダなどの調理に使うことが多いですよね。 最近は健...

冬なのに湿度が高い?そんな場合の湿度を下げる簡単な方法!

冬の期間は湿度は低くなりますが、室内の湿度は高いということもあります。 最近のマンションなどは...

スポンサーリンク

スーツの後ろについている糸や袖口の素材表記って、どうしてる?

スーツを購入したときに、後ろにバッテンについている糸、これってどうしたらよいのかわかりますか。また袖口の素材表記って皆さんどうしているのでしょうか。

まず、ポケットや、ジャケットの後ろ裾に縫い付けてあるバッテンの糸、これは、全部購入後に取るべきものなのです。

スーツの袖口にある素材表記のタグも同じで、購入後に必ず取ってください。
こういうデザインなのではと思ってそのままにしている人もいるかもしれませんが、それは間違いです。このままの状態で電車などに乗ったり、出勤したりすると、常識をしらない恥ずかしい人と思われてしまうかも知れません。

これは、型崩れしないために、しつけ糸で裾を縫っているだけなのです。親切に案内してくれるお店の方もいるかも知れませんが、常識の範囲ということで、殆どのお店の方は教えてはくれないでしょう。

スーツの後ろについている糸は外そう!そもそもベントとは?

スーツの後ろについている糸は、購入したら外しましょう。

なぜ、これが縫い付けているのかといえば、大抵のスーツには、後ろの身頃に切れ込みが入っています。縫い付けることで、この切れ込み(ベント)が開いてしまい型崩れするのを防いでいるのです。

このベントは、なぜスーツにあるのでしょうか。それは、窮屈さを解消して、動きやすくする為にあります。後ろの身頃の真ん中に入っているのをセンターベント、後ろの両サイドに切れ込みが入っているものは、サイドベンツと呼ばれます。両サイドなので2本の切れ込みのため、複数系でベンツという訳なのですね。

就職活動中の学生などは、はじめてスーツを着る場合もあるかも知れません。そんな時、このスーツの後ろの糸を外さずに面接を受けるようでは、スーツの基本を知らないということが面接官に分かってしまいます。恥ずかしい思いをするかもしれません。必ず、外しましょう。

スーツの後ろの糸は外す!ではポケットについている糸は?

スーツの後ろの糸を外すのは、お分かりいただけたと思います。では、ポケットについている糸はどうなのでしょうか。

これは切っても切らなくてもどちらでも良いです。
スーツのポケットに色々なものを入れると、ポケットの口が開いたままになったり、入れたものによってはポケットが膨らむこともあります。

ポケットが膨らんでいると、全体のシルエットを見たときに、バランスが悪く、格好良くは見えません。

シルエットを長持ちさせたいのであれば、このポケットのしつけ糸を取らないでおくこともひとつの方法です。

どうしてもポケットを使いたいけれども、綺麗な状態のシルエットをたもちたいのであれば、内ポケットを使うのも良いでしょう。ポケットの糸は切るのも、切らないのもあなた次第なのです。

ベントにも種類があるのを知っていますか?ベントの選び方にも注意を!

スーツの後ろにはベントが開いてしなわないように、糸が付いていると思いますが、このベントにはいくつか種類があります。

スーツの後ろの身頃の中心に、1つの切れ目が入っているものを、センターベントといいます。スタンダードなタイプで、よくビジネススーツなどで見かけるタイプです。
そもそもは、乗馬のときのジャケットの引っかかりを防止して、動きやすいようにつくられたため、別名馬乗りとも呼ばれています。

センターベントの仲間としては、ベントの開き止まりがカギの形になったフックベントと呼ばれるものあります。

また、スーツの後ろの身頃の両サイドに切れ込みがあるものをサイドベンツと呼びます。サイドベンツは、かつて、騎士が腰に剣を差していたため、抜くときに邪魔にならないように考案されたという説があります。

センターベントと比べると、アクティブな印象があり足が長く見えるという効果もありまます。お尻が大きめの方や、ポケットに手を入れるくせのある方などは、ベントが開きづらいので、様になります。

また、全く切れ込みのないノーベントのスーツもあります。
タキシードや冠婚葬祭などで切るフォーマルスーツはノーベントが基本です。
エレガントでドレッシーであり、デザイン重視のスーツに用いられます。ノーベントは礼服に多いと覚えておくとよいかも知れません。ノーベントは、ビジネススーツで用いられることは殆どありません。

最後にかっこよく見えるスーツの着方をご紹介

スーツの後ろの糸を取ることはよく分かったと思いますが、最後にかっこよく見えるスーツの着こなし方をご紹介いたします。

ジャケットのボタンのかけ方ですが、実はルールがあるのはご存知でしょうか。
2つボタンのスーツでは、上のボタンだけをかけて、下のボタンはかけません、3つボタンの場合には、上の2つをかけて、一番下を外すか、真ん中のボタンだけをかけて、上と下のボタンを外しましょう。

うっかりボタンを閉め忘れているのではありません。注意して言ってしまわないようにしましょう。

ボタンを掛け間違えている人も、良く見かけます。意外と自分では間違いに気付きづらいところではありますが、相手からは良く見えて目立ちます。気をつけましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691