目を大きくする方法は?子供も大人も気になるその方法を紹介!

目を大きくする方法が知りたい!
子供の目が小さいから大きくする方法を知りたい人、また、大人でも目を大きくしたいと思っている人もいるのではないでしょうか?

今は子供も二重にしたい時代ですよね・・・。

子供の目が一重でも、成長すると二重になった経験をした人もいるようですよ!
目が小さくなってしまう原因などもまとめてみたので参考にしてください!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

部活の引退が遅いと受験勉強に響く?成功するタイプとは

部活の引退が遅いのは、本人よりも親が心配になってしまいますよね。しかし、部活を最後まで精一杯させてあ...

窓サッシから入り込む隙間風対策!簡単な方法と窓の調整法を解説

築年数の古い家に住んでいると、窓サッシから入り込む寒い隙間風が気になってしまうことがあります。...

独身者が多い会社にはこんな理由が!?日本のリアル結婚事情

会社によって独身者が多い会社、逆に既婚者が多い会社というのはあるのでしょうか?調べてみると、やは...

神経質を治したい!神経質は疲れる!神経質な人の特徴を解説

自分の神経質な性格に悩んでいる人もいますよね。神経質な性格だと、色々と疲れることもありますから、治し...

体力が落ちたらどの位で戻るの?戻す方法と期間について

体力が落ちた。怪我で運動の練習ができなかったり、入院生活などで活動量が減ると、筋肉が減り体力...

韓国語の勉強法が知りたい!独学でも簡単に楽しくできるポイント

韓国のドラマを字幕無しでみたい!K-POPの歌を理解したい!色んな理由で韓国語を学んでみたいとい...

スマホの自撮りでかわいく見せるコツ!テクニックでもっと好印象

今は多くの人がスマホを持ち、SNSなどに投稿する人も増えています。スマホで自撮りをする機会もますます...

化学か物理かどっちを選択するかで迷った時の考え方

理系生徒が授業選択や受験科目を選択する時に悩むのが、化学か物理のどっちにするかです。私立の理...

猫のトリミングのポイントやコツとは?やり方を紹介します

猫のトリミングはどんなことをしたらいいのでしょうか?また、猫のトリミングのやり方とは?愛猫を...

ご飯を使った簡単安心おやつ!お子様に人気のレシピをご紹介

皆さんはお子様のおやつにはどんなものを出していますか?理想は手作りという方も多いと思いますが...

保育園年少の入園式の特徴と準備しておきたいこと

春から子供を保育園の年少として入園させる場合、入園式があるかどうかが気になります。入園式はあ...

自治会の役員の上手な断り方!円満な断り方と引き受けるメリット

自治会や町内会の役員をどうしてもやりたくないとき、どんな風に断れば良いのでしょうか。上手な断り方が分...

大学の入学祝いの相場の金額や渡すマナーとおすすめプレゼント

大学の入学祝いの相場について、どのくらいの金額を包むべきか悩む人も多いでしょう。例えば、甥っ子や...

ワンカールパーマで失敗しないためのコツと防ぐためにできること

ワンカールパーマをかけたはずが失敗してしまったとお悩みのあなた。実は、ワンカールパーマとは失...

LINEの未読無視を友達にされたときの対処法とスルーする方法

LINEの未読無視を友達にされたら、どうして未読のままなのか気になってしまいますよね。では、...

スポンサーリンク

子供(赤ちゃん)の目を大きくする方法はあるのでしょうか?

子供(赤ちゃん)の目を大きくする方法ってあるのでしょうか?

まず、赤ちゃんの目を大きくする方法ですが、残念ながらありません。

赤ちゃんの体質や、ミルクを飲む量などによって、ムチムチ度合いは変わりますよね。

ムチムチしてる赤ちゃんほど、目が小さい傾向にあります(なかには、ムチムチしても目がパッチリしている赤ちゃんもいますが)。

でも、ムチムチしているからといって、成長途中でミルクを飲みたがっている赤ちゃんのミルクを減らすなんて、あまりにも可愛そうです。

マッサージという手もあるかもしれませんが、どのように動くかも分からない赤ちゃんの目の周りを触るのは、大変危険です。

それに、赤ちゃんの肌はとても薄いので、変に触りすぎると、かえって腫れてしまう可能性もあります。

成長過程で目が大きくなることもありますから、赤ちゃんのうちは、その自然のままで可愛がってあげてください。

子供でも目を大きくする方法が知りたい時代なのです!

最近では、小学生向けのファッション雑誌も出ていて、キッズモデルに憧れる子供たちが数多くいます。

そのため、子供でも自分の目をモデルの子と同じように大きくする方法を知りたいという子は、珍しくない時代になっています。

さすがに美容整形まで踏み切る子は、極めてまれですが、簡単に二重を作れると、専用ののりをまぶたに塗る子も少なからずいるようです。

ただ、専用とはいえ、子供の肌に、しかも特に皮が薄いまぶたにのりを塗るというのは、親としては抵抗があります。

でも、子供は目を少しでもパッチリさせたくて悩んでる。

そういう時は、マッサージを試してみましょう。

高学年にもなれば自分でもマッサージできますし、強くこすらなければ、皮膚を傷めることもありません。

目が小さく見え、一重まぶたになってしまう原因のひとつに、まぶたの脂肪が厚いことがあげられます。

優しくまぶた及びまぶた周辺をもみほぐしてあげると、脂肪が柔らかくなって、自然な二重まぶたを手に入れられるかもしれません。

ただし、1回のマッサージにつき5分程にして、多くても一日3回程度にしてください。
過度なマッサージは、目の周りに負担が掛かります。

子供の時に目を大きくする方法を知らなくても!成長して二重に?

子供の時に目を大きくする方法を知らなくても、成長して二重になる人もたまにいますよね。

「今はパッチリ二重だけど、子供のときの写真を見せてもらったら、どうみても一重まぶた」

そのせいで、美容整形を疑われて、必死に説明する人もいますよね。

多くの人にそうだとは言いませんが、結構あるあるです。

こういうことになるケースって、多くの場合は、成長によって痩せたというものが多いようです。

小さい時は、ぽっちゃりしていて、まぶたもポッテリ一重、でも、成長過程で身長が伸びたら脂肪が全身に分散され、まぶたの脂肪もどこへやら、ということが、あるみたいです。

ですので、自分の子供や、自分自身が一重でも悲観しないで、成長を待ってみるのもひとつの手かも知れません。

それからこれも結構あるあるですが、風邪を引いたら二重になったというケースです。

なぜか熱が出た時にだけ二重になる子と、ある時、高熱が出てその時に二重になって、それからそのままという子がいる場合があります。

簡単にできる!目を大きくする方法を紹介します!

子供だって、パッチリ大きくて可愛い目になりたいですよね。

そんな子供達にオススメの、簡単にできる目を大きくする方法を紹介します。

その方法は、目の周りの筋肉を動かしてあげるものです。

両目をぎゅっと閉じたり大きく開いたりして軽い運動から入ってください。

次にちょっと強めのウィンクです。

もし、ウィンクが出来なければ、目と一緒にクチも大きく開けて、つぶりたい目のほうのクチも一緒に閉じてみてください。

これでたぶんウィンクが出来てくるはずです。

どうしても出来なければ、無理はせず、両目を閉じたり開いたりする運動だけでもOKです。

目が小さい原因はどんな事があるのでしょうか?

大きい目の人もいれば、目が小さい人もいて、千差万別です。

でも、目が小さい原因はどんな事があるのでしょうか?

まず一つ目に考えられる原因は、「まぶたがむくんでる」です。

まぶた周りに余計な水分が留まっていれば、太っていなくても、まぶたが小さく見えてしまいます。

むくみの原因を取って、すっきりした目元にしたいですよね。

そのためには、顔のエクササイズや、マッサージ、後は塩分の取りすぎでもむくみが出ることがありますから、食生活も見直してみましょう。

次に考えられる原因は、「蒙古襞(もうこひだ)」があるです。

蒙古襞を初めて聞く方もいらっしゃると思いますが、これは目頭に被さる皮膚で、アジア人特有のものです。

これがあると、目が小さく見えてしまいます。