果物ジュースの基本の作り方!野菜や豆乳も使ってみて!

果物はたくさん食べることは出来ないけれど、 ジュースにしたら忙しい朝でも手軽に摂れそうですね!

自宅で特製の果物ジュースを作っている方もいると思います。

また変わったレシピが知りたい!という方にオススメなレシピもあります。

果物の他に、野菜や豆乳を使ったジュースの作り方を紹介します。

またフルーツジュースが残ってしまったらこんな活用メニューもありますよ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女性の肩幅は広いのがいい?狭いのがいい?男性目線から見た件

肩幅が広い女性から見ると、肩幅の狭い女性は華奢に見えたり女の子らしく見えたり、羨ましく感じることもあ...

ガスの元栓閉め忘れた!問題について。今のガスって元栓ないんだね

ガスの元栓を閉め忘れて外出しちゃった!もう、家に戻ることもできないしソワソワしちゃいますよね...

猫の習性を知れば気持ちがわかる!面白い行動に隠された意味

猫を飼育しているとその独特な習性や行動を面白く感じたりと魅力をたくさん感じますよね。今猫が何を感...

多肉植物のカット苗の育て方!水やりのポイントと寄せ植え方法

最近女性に人気の多肉植物をご存知ですか?もともとは、雨の少ない地方が原産で、砂漠や海岸などの...

朝の電車で寝るのは睡眠不足の可能性も!質の良い睡眠が大切!

朝の通勤時間に眠くなって電車で寝る癖がどうしても直らないという人もいますよね。朝に電車の中で眠くなっ...

体を柔らかくする方法【バレエ】股関節を柔かく背中をしなやかに

体を柔らかくする方法。バレエダンサーのしなやかな動きは、鍛え上げられた筋肉と、しなやかな柔軟性に...

カレーライスとサラダの献立にあと一品!簡単おすすめ副菜

カレーライスとサラダという献立はとても相性の良い組み合わせですよね。しかし、育ち盛りのお子様...

1歳半で絵本が大好き!満足するまで繰りかえし読んであげよう

1歳半くらいの頃から絵本が好きで、読んで欲しい絵本を持ってきたりします。我が家の娘も毎日の習慣で寝る...

花が長持ちする保存方法。 冷蔵庫を使って日持ちさせよう

蒸し暑い夏の時期ですと切花を買ってきて飾ってもあまり日持ちがしませんよね。それは花が長持ちするには適...

アロマの香りを長持ちさせる方法とは?場所に合わせる事が大切

アロマの香りを長持ちさせるにはどのような方法があるのでしょうか?アロマの香りは使い始めは丁度良くても...

犬は亡くなる前に鳴くというのはホント?最期を見届けるために

どんなに長生きするようになったとは言っても、人間よりは先に愛犬は亡くなってしまいますよね。犬...

家庭菜園で育てたピーマンが赤いワケを教えます!

家庭菜園でピーマンを栽培している方も多いでしょう。ピーマンは家庭でも栽培しやすく、プランター...

バイクツーリング初心者の女性必見!ツーリングのコツと楽しみ方

バイクの楽しみの1つといえば「ツーリング」。女性が初めてツーリングを始める時は、色々気になることや疑...

体が柔らかくなる期間は?柔軟の効果を感じるのに必要な時間とは

体が柔らかくなるにはどのくらいの期間が必要なのでしょうか?個人差があり、どのくらいのストレッ...

絵の題材に迷った時の決め方!まずは好きな物を思い浮かべよう

これから絵を描こうと紙を前にした時、何を描くべきか題材で悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

ミカンが沢山あったら生の果物ジュースを作ろう!作り方を紹介

有名なことわざに「朝の果物は金、昼は銀、夜は銅」というものがありますね。

その言葉通り、朝に果物を食べることは体にとって良いことです。

果物をジュースにすれば効率よく、果物を摂取できるのでおすすめです。

ミキサーがひとつあれば、材料を用意するだけで簡単に作れてしまうのも果物ジュースの魅力ですよね。

みかんのフレッシュジュースの作り方

材料

  • みかん…5個
  • 砂糖(はちみつでも可)…大さじ1~

作り方

  1. みかんの皮をむき、何房かに分けてミキサーに入れます。みかんの味によって、甘みを調整します。
  2. ミキサーにかけて完成!

※みかんの筋や袋の口に残る部分が気になれば茶漉やザルなどで濾すことをおすすめします。

みかんはビタミンCが豊富で、風邪予防にもぴったりの果物です。
子どもも飲みやすいみかんのフレッシュジュースを朝食に添えてみてはいかがでしょうか。

豆乳と果物を使って栄養満点なジュースの作り方が知りたい

豆乳も、栄養バランスの優れた飲み物です。

豆乳と果物の相性も良いので、豆乳を使った果物ジュースのレシピをご紹介します。

豆乳+バナナ+小松菜のジュース

材料(2人分)

  • 豆乳…1/2カップ
  • バナナ…1本
  • 小松菜…1/6わ
  • セロリ…1/2本
  • レモン汁…大さじ2

作り方

  1. バナナはひと口大に手でちぎります。小松菜は2cmくらいの長さに切ります。セロリは2cm角に切ります。
  2. ミキサーに1の材料と豆乳を入れ、なめらかになるまでミキサーにかけたら完成!

豆乳の味が、小松菜の苦味などもまろやかにしてくれます。

他には、豆乳と豆腐という組み合わせも大豆同士なので相性が良いです。
マンゴーなどの甘みが強いものと組み合わせたものも飲みやすく、おすすめですよ。

果物ジュースが残ってしまった時の活用法と作り方

果物ジュースを作りすぎてしまった場合、捨てるのはもったいないです。
ジュースをデザートに変身させる活用レシピをご紹介します。

牛乳とフルーツジュースのまろやかムース

材料(2~3人分)

  • 牛乳…100cc
  • 余ったフルーツジュース…200cc
  • 粉末ゼラチン…5g
  • 砂糖…大さじ1

作り方

  1. 牛乳、砂糖を鍋に入れたら、80℃くらいになるまで火にかけて温めます。
  2. 1を火からおろし、粉ゼラチンを入れてよく混ぜます。次にフルーツジュースを入れてさらに混ぜます。※この時、氷水をいれたボウルの中に、更にボウルを入れその中で混ぜると早く固まります。
  3. 2を器に入れて、粗熱がとれたら冷蔵庫にいれて冷やし固めます。懐かしいフルーツジュースのようなやさしい味わいです。子どもさんも好きな味ではないでしょうか。

野菜ジュースや果物ジュースだけでいい?

果物100%のジュースが食事替わりに丁度良いのではないかと思いがちですが、それは間違いです。

果物ジュースはあくまで補助的な役割です。

実際に市販されている果物ジュースの多くは「濃縮還元」という製法で作られています。

野菜ジュースの濃縮還元とは

果物や野菜をすりつぶして、果汁の水分を飛ばし、5~6倍に濃縮したものをペースト状にして、冷凍保存します。そして、商品としてボトルに詰めるときに、必要な水分を還元するという方法のことです。

この製造過程で熱を使っていることにより、果物に含まれる水溶性のビタミンなどは破壊されてしまい、熱に強い脂溶性ビタミンやミネラルが残るということになります。

これは、もうひとつの製法である「ストレート」でも同じように、殺菌するために熱を加えていますので、同様のことが言えます。

効率よく果物の栄養を摂取するには、自宅で作る方法が無添加で好みの味で作ることができますので、おすすめです。

野菜ジュースに含まれているビタミン類!

市販されている野菜ジュースには、様々な栄養素が含まれています。

おもな栄養素は次の通りです。

ビタミンC
天然成分と構造は同じですが、合成のビタミンCが含まれています。

リコピン
トマトに多く含まれるリコピンは、効酸化作用に優れ、老化を遅らせる働きがあります。
βカロチン
緑黄色野菜に多く含まれ、体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜の細胞を正常な状態に保つ働きがあります。

カリウム
体内でナトリウムと正常なバランスを保つ働きがあります。老廃物の排出を手助けします。

マグネシウム
歯や骨を作るのに、基礎となるミネラル成分です。
エネルギーの代謝を助け、神経を正常に保つ役割があります。

食物繊維
血糖値の上昇を抑える効果や、脂質をうまく排出してくれるので、便秘などの改善にも効果的です。