親の過保護はNG!子供が高校になっても過保護・過干渉な親

「もう高校生になったのに親が過保護で悩んでいる」という人もいますよね。親の過保護は子供の成長に悪影響を与えてしまう可能性もあります。

ですが、実際に過保護な親は自分が過保護であるということに気がついていないこともあるのです。子供の将来のことを考えて過保護をやめてみませんか?

そこで今回は、過保護な親の特徴と親の過保護が子供に与える特徴についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ナンバープレートが盗難にあったら保険は使えるのか徹底解説

車上荒らしによってカーナビなどが盗難にあうケースが増えていますが、実はナンバープレートの盗難も多いと...

文鳥雛が挿し餌を食べないときの対処法と上手なコツや成長の仕方

文鳥の雛が挿し餌を食べないと飼い主としては心配になってしまいますが、挿し餌を食べないのはどんな理由か...

しつこい性格を直すために普段から心掛けること

しつこい性格とあっさりとした性格では、しつこい性格の方がネガティブなイメージですよね。「私っても...

反抗期の息子。母子家庭だからひどいの?母子家庭は関係ない!

反抗期の息子。どのように接していいのか悩んでしまう…。ウチが母子家庭だから、こんなにもひどい...

父親・母親から受け継ぐ遺伝。二つの遺伝子の行方について

父親の遺伝が強いとか、母親からしか受け継がれない遺伝子があるとか、子供への遺伝については諸説様々あり...

ジムスタッフとの会話を躊躇するより仲良くなる方がメリット大

運動不足解消やダイエット目的でジムに通っている方も多いと思いますが、ジムスタッフとトレーニング中会話...

夫が育児に協力的!イクメンの特徴と育児に非協力的な時の考え方

夫が家事や育児に協力的だとママもとっても助かりますよね!子供のお世話や家事に追われている時に夫が助け...

部活で運動量の多い高校生のお弁当。がっつり男子弁当

部活をしている男子のお弁当はとにかくボリュームが大切です。少ない量やあっさりとしたおかずばかりでは、...

1ヶ月半頃の赤ちゃんの平均睡眠時間や睡眠リズムについて

1ヶ月半頃になると赤ちゃんも夜ぐっすり眠ってくれるのでは?と淡い期待を抱いてしまいます。ちょうど...

洗剤の種類を減らすメリットと上手に選ぶためのポイント

洗剤の種類を減らすのはオススメです。種類を減らすだけで洗剤の置く場所もスッキリしますし、ストックの管...

アメフト部とチア部はアメリカスクールカーストのトップ?を調査

アメリカの高校を描いたドラマや映画を見ると、アメフト部やチア部が人気者で生徒のリーダー的存在というイ...

テニスの点数の仕組みを理解して、10倍楽しく試合を見よう

テレビでテニスの試合を見ていると、野球やサッカーとは違った点数の仕組みがよくわからない人も多いのでは...

ぬいぐるみの収納アイデア!大量のぬいぐるみの居場所を作る方法

どんどん増えるぬいぐるみの収納にお困りの方はいませんか?大きなぬいぐるみや、小さなこまごまとした...

ゆで卵をレンジで温め直しすると危険な理由と爆発させないコツ

ゆで卵を電子レンジで温め直しすると爆発すると聞いたことはありませんか?これを防ぐためには、ゆ...

イランイランのアロマ効果を上手に楽しむコツについて紹介

イランイランのアロマの効果は女性にとって嬉しいものばかりです。香りには好みが分かれるかもしれませんが...

スポンサーリンク

こんな親は過保護?子供が高校生になっても子離れできない親もいる

高校生と言えば、まだまだ子供のようでも、アルバイトも出来ますし、年齢などの条件を満たせば、結婚だって出来ます。

そんな大人の入り口に立っている子供に対して、子離れ出来ていない、いわゆる過保護の親も数多くいます。

 

自分が親として、こんなを行動していたら、過保護かも知れません

何をしているのか常に監視する

部活やアルバイトの帰りに迎えに来てくれるくらいは、子供としても助かりますが、「どこで誰と遊ぶのか」、「6時までには、必ず帰って来い」などと、細かく言われるとウンザリしますよね。

子供にふさわしい友達かどうか、口を出す

確かに、自分の子供が不良と付き合ったら嫌だと思いますが、そうではなくても、「あの子は成績が悪いから付き合うんじゃない」「もっと良い家柄の子とあそびなさい」と言われてたら、子供は嫌な気分になりますよね。

人格を否定する

親と子は同じ血を分けた者同士ではありますが、人格そのものは別です。

自分が考えていることは、子供も同じとばかりに、無理に同調させるのは可哀想です。

親との価値観が違っていても、気にすることはありません。

子供が高校生でも関係ない!過保護な親の特徴

過保護な親の特徴のひとつとしては、子供が高校生でも関係なく、いつまでも子ども扱いするというものがあります。

その行動にいたる理由に「子供を信用していない」という心理があります。

といっても、子供が嘘をつくと思っているのではなく、子供が家事を手伝ったり、ひとりで出かけるにしても、「どうせ出来ない」と考えるのです。

ですので、大学生になったら、一人暮らしをするかも知れませんから、そろそろ一通り家事を覚えたほうが良くても、どうせ出来ないからとさせなかったり、ひとりで出歩けば、どうせ寄り道をすると言って、門限を厳しくしたりします。

どんな事でも、誰でも最初は上手くできません。

うまく出来なければ、どのようにすれば上手に出来るかアドバイスしてあげれば良いですし、失敗しても、その後のフォローの方法を教えてあげれば、より為になります。

家の帰りが少し遅くても、その分子供は、友達やアルバイトで社会性を学びます。

社会人になってから、いきなり世間に放り出されても、家事や友達づきあいの仕方も身についていなければ、子供はどうしたらいいかわからず、途方にくれてしまうかも知れません。

親の過保護エピソード!子供が高校生でも成人してても過保護な親

子供が高校でも成人してても過保護な親は、どういったものなのでしょうか。

そんな、親の過保護エピソードをいくつかご紹介します。

 

いまだに一緒に寝ている。

家や、アパートの部屋が狭いなどの理由があればわかりますが、それでも高校生にもなった子供といつまでも寝ている親って、ちょっと引きますよね。

 

仕事にも口を出す。

家に帰ったときに、仕事の相談をしてアドバイスを貰うくらいなら、ごくごく普通ですが、子供が残業したくらいで会社に怒鳴り込んだり、仕事を辞める時にも親が出てきて、手続きのすべてを親がやったというケースもあるそうです。

 

どこに行くにも常に一緒。

こう聞くと、仲の良い親子なんだなと思いそうですが、実は親が子供を家に一人に出来ないからと連れ出すケースがあるそうです。

高校生にもなって、家で留守番させないというのもどうなのでしょうか。

過保護な親の口癖とは

過保護な親の口癖には、どういうものがあるのでしょうか。

その代表的なものに「○○したら?」というものがあります。

なにげない言葉に聞こえますが、その裏では、親が子供の行動を誘導している事が見え隠れしています。

「○○しなさい」よりは、優しい印象を受けますが、それによって、いつのまにか子供の行動が親の意のままになっていることもあります。

確かに、素行の悪い子と遊んだり、危険な遊びをするのは、注意したいですよね。

でももう、高校生にもなれば、自分で考え、行動して学んでいきます。

アドバイスとして、助言するのはいいですが、その後の行動は子供に決めさせてあげましょう。

親の過保護は子供に悪影響を与えます

親の過保護は子供に悪影響を与えます。

自分は、ただ大切に育てているだけのつもりでも、子供の成長を阻害していることがあります。

他の人が当たり前のように出来ることが出来なかったり、自分と周囲とのズレに悩むこともあります。

過保護の親の中には、子供の携帯を平気で覗く親もいます。

職場や結婚相手も親の納得したものではないと、怒り出す親もいます。

良かれと思っていることでも、自分に置き換えたらどのように思うでしょう。

朝から晩まで自分の行動すべてに口を出し、好きなものも嫌いなものも決められて、そんな人生は豊かと言えるのでしょうか。