外国人に日本語をマスターさせる教え方のコツ!

外国人にとって日本語はかなり難しいといいます。世界的に見ても複雑な言語で、日本語をマスターするにはかなりの努力が必要だとも言われています。

では、外国人に日本語をマスターさせるにはどうすればいいのでしょうか。教え方のコツとは?

外国人に教えるときは、絵や写真を使ったり、時にはユーモアを交えて楽しく教えることが必要です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

牛乳のペットボトルがない理由【日本】や保存期限と海外事情とは

牛乳はペットボトルでは販売されているのを見かけませんが、その理由はどうしてなのでしょうか?で...

1歳半で絵本が大好き!満足するまで繰りかえし読んであげよう

1歳半くらいの頃から絵本が好きで、読んで欲しい絵本を持ってきたりします。我が家の娘も毎日の習慣で寝る...

動物や子供が嫌いな人はいる!その心理と人に言えないホンネとは

動物や子供が嫌いだったり、苦手だと感じている人もいるのは事実です。そう公言しまうと、「冷たい...

夜に洗濯物を干しっぱなしにすることが良くない理由を教えます

仕事しているママは、夜夕食を食べてから洗濯する人も多いのではないでしょうか。しかし、夜に洗濯...

革のひび割れ修復を自宅で【革靴編】注意点やポイントと予防対策

革のひび割れの修復は自分でもできるのでしょうか?革靴を丁寧に履いていたつもりなのに、気がつけばひび割...

No Image

ヒールの高さは身長に合わせるのが一番!その計算方法を紹介

日本人女性の平均身長が158センチですが、少しでも足を長く見せたい、スタイルをよくみせたいと高いヒー...

アイプチはアイシャドウの先?後?テカるのをなんとかしたい

アイプチしてからアイシャドウ?アイシャドウしてからアイプチ?今の主流は、アイシャドウから...

神経質を治したい!神経質は疲れる!神経質な人の特徴を解説

自分の神経質な性格に悩んでいる人もいますよね。神経質な性格だと、色々と疲れることもありますから、治し...

親の過保護はNG!子供が高校になっても過保護・過干渉な親

「もう高校生になったのに親が過保護で悩んでいる」という人もいますよね。親の過保護は子供の成長に悪影響...

革靴のひび割れを自分で補修する方法と注意点を理解しましょう

お気に入りの革靴のひび割れ。長期間履いたのであれば寿命だと考える人もいるかもしれませんが、まだ諦めな...

ナンバープレートが盗難にあったら保険は使えるのか徹底解説

車上荒らしによってカーナビなどが盗難にあうケースが増えていますが、実はナンバープレートの盗難も多いと...

体力が落ちたらどの位で戻るの?戻す方法と期間について

体力が落ちた。怪我で運動の練習ができなかったり、入院生活などで活動量が減ると、筋肉が減り体力...

法事の香典は新札か?法事に使用するお札と香典のマナーを解説

法事に香典を出すことになったとき、今まで香典を包んだことがなければ使用するお札は新札かどうかわからな...

証明写真を撮る時は前髪は眉毛にかからないようにしよう!

就活で証明写真を撮ることがありますが、前髪は面接官への印象を与えるとても重要なポイントとなるので注意...

包丁の使い方の基本の握り方や姿勢と素材による切り方の違い

包丁は使い方の基本ができていなければ、調理も上達しません。では、包丁の基本的な使い方とは、置...

スポンサーリンク

外国人にとって日本語は難しい!教え方のコツは?

外国人に日本語をマスターさせるには、まず単語から伝える

伝えたい単語の写真、絵などを用意し見ながら日本語の発音を教えます。
絵やイラストは混乱しないようにパッと見て見やすいものにしましょう。
意味と発音が同時に理解できます。
世界各国に共通し一番教えやすいですよね。

 

次は分法です。分法は体を使って表現するとインプットしやすいかと思います。
どのような場面でその分法を使いたいか絵や写真などもいいですが、自分や相手の体を動かして実践すると覚えやすいでしょう。

決まった形式ばった表現はニュースなど、日本の歌や番組なども取り入れれば柔らかい表現の日本語や発音で耳を慣らしていくことも重要です。

天気、日々の出来事、雑談、どんな事でもいいですのコミュニケーションをとりましょう。
分法や単語をノートと鉛筆で勉強も大事ですが、会話する事でわからないところをノートにメモり、その都度または後に勉強するのもいいのではないでしょうか。

外国人が日本語を楽しみながら勉強するための教え方

形容詞は日常で耳にする事が多いと思います。
単語としても短くて覚えやすく形容詞を覚える事で日本語の勉強や会話も一段と楽しくなるのではないかと思います。
暑い、寒い、楽しい、可愛い、美味しい、痛いなど。

また擬音語も会話や覚える中で楽しいかと思います。
ザーザー、キラキラ、ツルツル、ジャージャーなど、珍しい音ですと会話に取り入れて使ってみたくなります。

擬音語は日本語といえるかどうが怪しいところはありますが、擬音語は外国にもありますが、同じ動物や物の音でも国によって表現が違うんですよ。

楽しさから日本語勉強に入ることで、その後の勉強への積極性も違うかもしれませんね。

教え方に迷う!外国人が日本語でつまずいてしまう原因は?

日本人が英語の発音を覚えるとき「R」と「L」はけっこう苦労しますし、なかなか完璧にマスターできる人は少ないのかと思います。
このように、日本語にも外国人が苦手な発音があります。

 

外国人が苦手な発音

撥音・・「ん」
長音・・「おにいさん」「バレー」のように伸ばす音
促音・・「っ」

 

例えば長音でいうと「おにいさん」は「おにさん」としか聞こえないようです。
そうすると意味が異なり、混乱してしまうそうです。
母音を伸ばす事で意味が異なる言語は日本を含め限られた国しかなく外国人にはなじみがないようです。

英語だと「Go!」を「Goooooo!」といっても意味は一緒で気合の入り方が違った表現になるだけです。

 

また「和製英語」は外国人にとったら全く理解できません。
ガソリンスタンド→「gas station」
ノートパソコン→「laptap」
カメラマン→「photgrapher」
サラリーマン→「office worker」など

和製英語は日本人が勝手に作った英語を組み合わせた言葉で日本人としては英語と認識している人が多いようで、外国人には伝わらない事がほとんどです。

外国人が日本語が難しいのは直訳できない表現も多いから

日本語には英語に直訳できないものが多数くあります。
「よろしくお願いします」
「お邪魔します」
「お疲れ様です」
「頑張ってください」
「恐れ入ります」など
このようなものを直訳してもおかしな日本語になります。
教科書で習うよりも実際にその場に何回も出くわして覚えていかなければなかなか身につかないと思います。
これらはやはり、日本で滞在し日本人と関わることが一番の勉強法といえます。

日本人でも尊敬語、謙譲語、丁寧語、を使い分けるのは難しいですよね。
外国にもある程度の敬語や丁寧な言い回しなどはありますが日本語のような複雑ではありません。

「行きます」「お伺いします」は意味としては一緒なのですが、この違いを理解するのはとても難関だと思います。

中には日本人よりもキレイな日本語をマスターしている外国人がいますよね。
並外れた努力をしたことと思います。

外国人に日本語を教えるときはユーモアも必要!

テキスト通りのかしこまった形式的な日本語ばかりでは、いつか壁にぶつかってしまい、そこからなかなか抜け出せない事があります。
それに日本語の勉強に対する意欲もどんどん失ってしまう可能性もあります。

そうならないためにもユーモアを交えた勉強法が重要なポイントになってきます。
それはテキストには書いておらず、日本語を教える側の力の見せ所でもありますね。

発音の練習ですと日本語の発音を外国人の母国の発音と似たものを探して覚えていくと覚えやすいですよね。

前述にでも述べたとおり、外国人に特に難しいのは長音になります。
母国語にない発音ですのでかなり習得には時間と練習を要するがでしょう。

ですがここをマスターしなければ、会話としてなりたたない場面も多々あります。

発音を教えるときにはビデオテープや人気歌手の歌を使ったりして工夫をする必要があります。

意識しないでも自然にその音が出せるようになるのが理想ですね。