外国人に日本語をマスターさせる教え方のコツ!

外国人にとって日本語はかなり難しいといいます。世界的に見ても複雑な言語で、日本語をマスターするにはかなりの努力が必要だとも言われています。

では、外国人に日本語をマスターさせるにはどうすればいいのでしょうか。教え方のコツとは?

外国人に教えるときは、絵や写真を使ったり、時にはユーモアを交えて楽しく教えることが必要です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

運転中のこんな行動にイライラ!助手席の人のマナーは大切です

長距離を運転しているときやドライブに出かける時など、誰かを助手席に乗せて運転をしたり、誰かの助手席に...

高校の卒業式に保護者が出席する割合と親や子供の気持ち

お子さんの小学校・中学校の卒業式には出席された保護者の方も多いと思います。仕事の都合で出席で...

髪の毛の外ハネを直す方法!外出先でも直せる方法と外ハネ対策

髪の毛が外ハネするとなんだか気が滅入りませんか?キレイにスタイリングした髪の毛ので外出する方がテンシ...

【特急券の変更】 日付の変更は1回に限り手数料なしで可能です

新幹線に乗る時に購入した特急券。しかし、何らかの理由で購入後に日付の変更が必要になる場合もあるでしょ...

目を大きくする方法は?子供も大人も気になるその方法を紹介!

目を大きくする方法が知りたい!子供の目が小さいから大きくする方法を知りたい人、また、大人でも目を...

中学1年生くらいからの女子の反抗期!特徴と対処法・関わり方

娘が中学生になってからなんだか反抗的な態度を取る、返事もしないし口答えも多くなった・・・。こんな風に...

計画を立てるのが苦手!克服することはできる?考え方と対処法

計画を立てることが苦手でいつもうまくいかないという人もいますよね。うまく計画を立てて予定を進めて行き...

ハムスターの疑似冬眠は時間が勝負!適切な処置をしよう

ハムスターには「疑似冬眠」があり、もしそうだった場合は時間が勝負です。すぐに適切な処置をしないと...

アメリカは赤信号でも歩行者が渡るのが常識?日本と違う交通事情

アメリカは車社会。歩行者が道路を横断する時に確認する信号機ですが、日本とはだいぶ事情が違うようです。...

目つきが怖いのを治す方法!怖く見える原因と改善方法

周りの人から「目つきが怖い」とか「何か怒ってるの?」と言われたことはありませんか?自分では、普通の真...

新卒と中途との待遇の違いと中途採用者が出世するための秘訣

新卒とは違って中途採用者に求められるのは即戦力。即戦力を期待されて入社しても、新卒よりも待遇が悪...

ワンカールパーマで失敗しないためのコツと防ぐためにできること

ワンカールパーマをかけたはずが失敗してしまったとお悩みのあなた。実は、ワンカールパーマとは失...

塾の体験授業が緊張するときの対処法と申し込む前の注意点とは

塾の体験授業が緊張するという生徒は多いです。しかし、自分に合った塾を選ぶためには、やはり授業を体験し...

目の疲労回復グッズにはどんなものがある?目の疲れ対策

目の疲労回復に役立つのはどのようなグッズなのでしょうか?目が疲れていると、肩が凝ってしまったり、頭痛...

ニートの息子を追い出す方法とニートにさせない事前予防とは

ニートの息子を追い出すために日々苦労をしているご家族もいるでしょう。現在成人なのに働かないニ...

スポンサーリンク

外国人にとって日本語は難しい!教え方のコツは?

外国人に日本語をマスターさせるには、まず単語から伝える

伝えたい単語の写真、絵などを用意し見ながら日本語の発音を教えます。
絵やイラストは混乱しないようにパッと見て見やすいものにしましょう。
意味と発音が同時に理解できます。
世界各国に共通し一番教えやすいですよね。

 

次は分法です。分法は体を使って表現するとインプットしやすいかと思います。
どのような場面でその分法を使いたいか絵や写真などもいいですが、自分や相手の体を動かして実践すると覚えやすいでしょう。

決まった形式ばった表現はニュースなど、日本の歌や番組なども取り入れれば柔らかい表現の日本語や発音で耳を慣らしていくことも重要です。

天気、日々の出来事、雑談、どんな事でもいいですのコミュニケーションをとりましょう。
分法や単語をノートと鉛筆で勉強も大事ですが、会話する事でわからないところをノートにメモり、その都度または後に勉強するのもいいのではないでしょうか。

外国人が日本語を楽しみながら勉強するための教え方

形容詞は日常で耳にする事が多いと思います。
単語としても短くて覚えやすく形容詞を覚える事で日本語の勉強や会話も一段と楽しくなるのではないかと思います。
暑い、寒い、楽しい、可愛い、美味しい、痛いなど。

また擬音語も会話や覚える中で楽しいかと思います。
ザーザー、キラキラ、ツルツル、ジャージャーなど、珍しい音ですと会話に取り入れて使ってみたくなります。

擬音語は日本語といえるかどうが怪しいところはありますが、擬音語は外国にもありますが、同じ動物や物の音でも国によって表現が違うんですよ。

楽しさから日本語勉強に入ることで、その後の勉強への積極性も違うかもしれませんね。

教え方に迷う!外国人が日本語でつまずいてしまう原因は?

日本人が英語の発音を覚えるとき「R」と「L」はけっこう苦労しますし、なかなか完璧にマスターできる人は少ないのかと思います。
このように、日本語にも外国人が苦手な発音があります。

 

外国人が苦手な発音

撥音・・「ん」
長音・・「おにいさん」「バレー」のように伸ばす音
促音・・「っ」

 

例えば長音でいうと「おにいさん」は「おにさん」としか聞こえないようです。
そうすると意味が異なり、混乱してしまうそうです。
母音を伸ばす事で意味が異なる言語は日本を含め限られた国しかなく外国人にはなじみがないようです。

英語だと「Go!」を「Goooooo!」といっても意味は一緒で気合の入り方が違った表現になるだけです。

 

また「和製英語」は外国人にとったら全く理解できません。
ガソリンスタンド→「gas station」
ノートパソコン→「laptap」
カメラマン→「photgrapher」
サラリーマン→「office worker」など

和製英語は日本人が勝手に作った英語を組み合わせた言葉で日本人としては英語と認識している人が多いようで、外国人には伝わらない事がほとんどです。

外国人が日本語が難しいのは直訳できない表現も多いから

日本語には英語に直訳できないものが多数くあります。
「よろしくお願いします」
「お邪魔します」
「お疲れ様です」
「頑張ってください」
「恐れ入ります」など
このようなものを直訳してもおかしな日本語になります。
教科書で習うよりも実際にその場に何回も出くわして覚えていかなければなかなか身につかないと思います。
これらはやはり、日本で滞在し日本人と関わることが一番の勉強法といえます。

日本人でも尊敬語、謙譲語、丁寧語、を使い分けるのは難しいですよね。
外国にもある程度の敬語や丁寧な言い回しなどはありますが日本語のような複雑ではありません。

「行きます」「お伺いします」は意味としては一緒なのですが、この違いを理解するのはとても難関だと思います。

中には日本人よりもキレイな日本語をマスターしている外国人がいますよね。
並外れた努力をしたことと思います。

外国人に日本語を教えるときはユーモアも必要!

テキスト通りのかしこまった形式的な日本語ばかりでは、いつか壁にぶつかってしまい、そこからなかなか抜け出せない事があります。
それに日本語の勉強に対する意欲もどんどん失ってしまう可能性もあります。

そうならないためにもユーモアを交えた勉強法が重要なポイントになってきます。
それはテキストには書いておらず、日本語を教える側の力の見せ所でもありますね。

発音の練習ですと日本語の発音を外国人の母国の発音と似たものを探して覚えていくと覚えやすいですよね。

前述にでも述べたとおり、外国人に特に難しいのは長音になります。
母国語にない発音ですのでかなり習得には時間と練習を要するがでしょう。

ですがここをマスターしなければ、会話としてなりたたない場面も多々あります。

発音を教えるときにはビデオテープや人気歌手の歌を使ったりして工夫をする必要があります。

意識しないでも自然にその音が出せるようになるのが理想ですね。