夫が育児に協力的!イクメンの特徴と育児に非協力的な時の考え方

夫が家事や育児に協力的だとママもとっても助かりますよね!子供のお世話や家事に追われている時に夫が助けてくれると、夫への愛情も増すというものです。

では、イクメンな夫にはどんな特徴があるのでしょうか。夫をイクメンにする方法は?

そこで今回は、育児に協力的な夫の特徴やイクメンの育て方、育児に非協力的な夫の考え方についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

誕生日なのに友達から祝われない。誕生日はお母さんに感謝する日

誕生日なのに友達から祝われない… あなたは友達の誕生日をお祝いしてあげていますか? 自分...

大安ではなく仏滅に結婚式!離婚率やメリットについて紹介します!

大安に結婚式を挙げたいと思っている人が多いですよね? それは、仏滅に結婚式を挙げると離婚率が高いな...

旦那の浮気が発覚!離婚するべき?後悔しないためにできること

幸せな結婚生活を送っていたはずなのに、ある日旦那の浮気が発覚!旦那さんに裏切られたことにとてつもない...

カレーライスとサラダの献立にあと一品!簡単おすすめ副菜

カレーライスとサラダという献立はとても相性の良い組み合わせですよね。 しかし、育ち盛りのお子様...

猫の長毛種!毛玉のとり方と予防のブラッシング方法をご紹介

猫を飼っている方は毛玉が出来ないように、日々ブラッシングをしていらっしゃると思います。特に長毛種は毛...

七五三の着物は母方が準備?子供の七五三の着物と初穂料について

子供の七五三を控え、着物を誰が用意するものなのか知りたい人もいるのではないでしょうか。母方の実家が用...

ミョウガの収穫時期は?夏ミョウガと秋ミョウガの収穫と栽培方法

家庭菜園でミョウガを育てている人の中には、家庭菜園初心者の方もいますよね。ミョウガの収穫時期について...

車にぬいぐるみを置くのは違反?助手席などに乗せる心理

車のダッシュボードや助手席にぬいぐるみを置いている車を見かけたりしませんか? では、車内や助手...

身体が柔らかくなりたいならストレッチ!そのポイントとは

身体が柔らかくなりたいならストレッチがおすすめ。 お金もかかりませんし、毎日コツコツ続けることで身...

卵の白身が濁ってるのは新鮮なしるし?卵の鮮度について

卵の白身が濁ってると、もしかしてこれは古い卵なのでは…と思ったことはありませんか? 卵かけご飯やす...

クッキーに書くチョコペンのコツ【初心者向けスイーツレッスン】

プレゼント用にクッキーを作って、メッセージを入れる場合や、カワイイ模様を入れる時に使うのがチョコペン...

保育園に通園している子供が朝ごはんを食べない理由

保育園に通う子供が朝ごはんを食べない、ご飯を食べるのに時間がかかるとイライラしてしまうママも多いので...

ジムスタッフとの会話を躊躇するより仲良くなる方がメリット大

運動不足解消やダイエット目的でジムに通っている方も多いと思いますが、ジムスタッフとトレーニング中会話...

うさぎが足ダンをやめない理由と対処法!うさぎの足ダン対策

うさぎが足ダンをやめないことに頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。足ダンをやめない...

旦那がスキンシップを拒否します。こんな方法を試して!

旦那がスキンシップを嫌がる、拒否するという夫婦は結構います。 旦那がスキンシップを拒否するには...

スポンサーリンク

育児に協力的な夫の特徴

育児に協力的な夫は思いやりがある

思いやりがある夫は、毎日家事に育児に奮闘している妻の姿をきちんと見ているため少しでも負担を減らしてあげたいと思っています。

なので積極的に子供と関わり、育児に協力してくれます。

思いやりがあって人の気持を考えてあげられるパパは、子供同士の喧嘩などにも寄り添い解決に導いてくれます。

 

子供が好きな夫は育児にも協力的

 

子供があまり好きではないと、どう接していいのかにも戸惑いますが子供が好きなパパだと、同じ目線で遊んでくれます。

一緒にゲームをしたり、鬼ごっこのように体を使った遊びもお任せです。
こうして子供と遊ぶ時間を、大変と思わずに楽しい時間だと感じてくれます。

子供と自分からも関わりたいので、仕事が終わったあとはすぐに帰ってきてくれます。

気持ちが安定している夫も育児に協力的

育児に協力的な夫は、基本的に気分の浮き沈みが激しくありません。
穏やかで、笑顔で過ごすことが多いのです。

パパが穏やかなので、子供たちも安心してパパの近くに行けるので必然的に子供との距離も縮まります。
子供の精神面でも安心ですね。

家事や育児に協力的な夫を育てる方法

育児に協力的な夫になってほしいなら愛情を込めた言葉をかける

夫婦になり、子供が出来るとどうしても新鮮な気持ちが薄れ、お互いの役割も感謝ではなく当たり前になってきてしまいます。
感謝の気持ちが薄れると、不満が多くなってしまいます。

これでは夫もやる気を失ってしまいます。

日頃からなにかしてくれたら「ありがとう」など感謝の気持ちを言葉で表現することで、感謝されていることを実感してくれ、やる気へと繋がります。

帰りたくなる家にする

ママには土日もなく、毎日家事や育児、仕事と大忙しです。
夫に手伝って!と言いたくなってしまうものです。

しかし、仕事から疲れて帰ったときに妻がいつもイライラしていたり、部屋が散らかっているとどんな気分になるでしょう。

ママと子供がゆったりと笑顔で、綺麗な部屋で「おかえり」と出迎えられる家が帰りたくなる家と言えるでしょう。

協力的な夫への注意はほどほどに

おむつ交換やお風呂など、最初は上手に出来ないこともあるでしょう。
そのたびに注意されると、もうやりたくないと思ってしまいます。

注意というよりはアドバイスするような言い方だと、気分を損ねずに伝えることが出来ます。

子供が生まれてから夫が育児に協力的になった!~先輩ママの体験談

二人のときはあまり家事が得意ではなかったのに、子供が生まれてからパパが積極的に手伝ってくれるようになったなんて嬉しい変化もあるようです。

例えば、完全に母乳育児の赤ちゃんの場合、授乳中はママは身動き出来ません。
食器を洗うことも、掃除をすることも、洗濯をすることも中断をして授乳します。

授乳はママしか出来ないですが、家事はパパでも出来ます。
ママが出来ないときは代わりにパパがやるという習慣から、どんどん家事が出来るようになり好きになっていったなんてパターンもあるそうです。

家事が得意ではないからと、率先して育児に回ってくれるパパもいます。

子供のおむつ交換や寝かしつけなど、パパが出来ることはやってくれます。
こういう日常で、子供もお風呂はパパとがいいなんて自分で言う子もいます。

子供にこんなこと言われたら、パパのやり甲斐もアップしますね。

夫が育児に非協力的な時の考え方

反対になかなか育児に協力してくれないパパがいるのも事実です。

仕事が遅くて子供との時間がない夫は育児に協力してくれない

仕事なので仕方ない部分もありますが、一日中育児に追われるママには不満に感じてしまいます。

自分だけが育児をしているという気持ちになってしまうのですね。

しかし、パパの帰りが遅いと子供と自分のペース配分で過ごすことも出来ます。
慌ててご飯の用意をしたり、お風呂を終わらせたりと時間に追われることもストレスです。

パパが遅いと、そこまで時間に追われずにゆっくり過ごすことが出来るというメリットもありますよ。

愚痴や相談、話を聞いてくれない

育児は子供が小さいときほど、意思の疎通も出来なくて孤独を感じてしまうものです。
一日中子供とすごしていると、誰かと話したい衝動になるときがあります。

そんなとき、真っ先に聞いてほしいのはパパです。
帰ってきた途端に、あれもこれも話したいし聞いて欲しいのです。

しかし、パパも疲れて帰ってきてゆっくりしたい気持ちもわかります。

外との交流を積極的に持つことで、孤独感を軽減することも出来ます。
近所の公園で同年代の子供を持つママと、お互いの悩みを相談したり出来ればパパの帰りを待たなくてもたくさんお話出来ます。

そうすると、ママ自身のストレスも減らせますね。

夫が家事や育児に協力をしない理由

基本的に家事や育児を男性が手伝うという、価値観がないということがあります。

子供や家庭のことは女性の役割だという考え方なのです。
このような価値観を強く持っている以上、人間の価値観はそう簡単には変わりません。

このような価値観に、プラスで仕事の疲れやストレスが加わると家事や育児に協力するはずがないですね。

日本の男性は世界的に見ても、家事の時間が少ないとされているので日本人ならではの感覚なのかもしれません。

女性と同じ量の役割をいきなり任せるのは難しいと思いますが、少しずつ出来ることからお願いすると変わってくれるかもしれません。

お願いするときは、必ず感謝の言葉を伝えて、やってもらうことを当たり前と思ってないという気持ちを表現しましょう。

時間はかかるかもしれませんが、少しずつ協力的な夫に変化してくれるかもしれません。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691