日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

8ヶ月の赤ちゃんの昼寝。起こす?起こさない?

2018.9.9

8ヶ月の赤ちゃん。
起こさないと、いつまでも昼寝を続けてしまいます。
でも、せっかく気持ちよく寝ているのに、起こすのは気が引けて…。

というママ!起こすほうが赤ちゃんのためなんですよ。

生活リズムを付けるためにも、昼寝の時間をしっかりと決めてあげましょう。

昼寝が長すぎると、夜ねられなくなってしまいます。
月齢によって、目まぐるしく変化を見せる赤ちゃん。
その子にあった、睡眠時間をしっかりと作ってあげるようにしましょう。

8ヶ月の赤ちゃんの昼寝。起こすタイミングと、睡眠時間の目安について

気持ちよくお昼寝をしている赤ちゃん。

「お昼寝が長すぎない?」という日もありますね。
生後8ヶ月くらいだとどのくらいのお昼寝の時間がいいのでしょう?

赤ちゃんの睡眠やお昼寝については、本当にさまざまで個人差もあります。
たっぷりお昼寝をしても夜の8時には寝て翌朝7時までぐっすりということだってあります。

お昼寝が長すぎる・・・。と感じた時の起こしたほうがいいとされる目安をみてみましょう。

  • お昼寝を3時間以上している。
  • 夕方の5時になっても寝ている。
  • 昼寝が長いことが夜の睡眠に影響している。

などといった場合です。

昼寝をしても夜もしっかりと眠れているのならいいのですが、夜の睡眠時間よりも昼寝の時間のほうが長いという場合は改善しましょう。

また昼寝の時間が長いのは、夜の睡眠時間が足りていない場合があります。

赤ちゃんの睡眠時間の合計をみてみましょう。

  • 生後0ケ月~3ケ月ころ・・・14時間~20時間
  • 生後4カ月~6ヵ月ころ・・・13時間~16時間
  • 生後7ヵ月~1歳ころ・・・11時間~14時間

あくまでも目安ですが、合計の睡眠時間が足りていても昼寝のほうが長いのは、昼夜逆転している状態です。

3~4カ月頃になったら夜7時以降は就寝出来るように調整して、おそくても9時には寝るようにしましょう。

8ヶ月頃の赤ちゃんはいろんな変化があり扱いにくいことも。昼寝は起こすほうがいいでしょう

夜泣きに悩まされている親御さんも結構いますね。

生後8ヶ月ころは夜泣きが多い時期ともいえます。

夜泣きとは、1時間や2時間で起きて泣いている状態です。

なので子供が夜泣きをすると大変ですが、それが一生続くことはありません!
また急に夜泣きがなくなることもあります。

夜泣きはする子いれば、まったくしない子もいます。

どうしたら夜泣きをしなくなるの?と悩ましいところですが、特別なことは無いのです。
普段の生活の食事や排泄だけで十分刺激があります。
あたたかい目で気長に、休息をとりながら見守ってあげましょう。

また寝起きが悪いということもありますが、寝足りないのでは?と心配になりますね。
レム睡眠のときに声をかけることで起きやすくなります。
眠りが浅いときに声をかけて起こしてみましょう。
優しく体に触れたりさすったりするのも効果的です。

8ヶ月の赤ちゃんは昼寝をしていても、3時過ぎたら起こすほうがいい。起こし方について

先程挙げた、赤ちゃんを起こしたほうがいいタイミングに気を付けて睡眠を調整してあげましょう。

赤ちゃんの起こし方を紹介します。

まずは「カーテン」を開けて、日の光を入れ室内を明るくします。

赤ちゃんの足裏をやさしくマッサージしたり、こちょこちょします。

それでも起きないようならオムツを変えてみます。

また顔や口の周りを湿らせたガーゼで優しく拭いたり、お風呂に入れてみるのもいいでしょう。

優しく抱き上げたりするなど、子供にあった方法をみつけてみましょう。

赤ちゃんは自分で生活のリズムを作ることは出来ませんので、最適な環境を作ってあげましょう。

眠たいなら、寝かせてあげたいけど…。生活リズムが崩れるのでやっぱり起こしましょう!

毎日赤ちゃんと一緒の生活だと、やはり赤ちゃんのリズムに合わせてしまいますね。
そこで困るのが夕方にお昼寝されることではないでしょうか。

夕食に準備もありますし、なかなか忙しくなってしまいます。

なので昼寝の時間は30分くらいで起こしてあげたいところです。
ですが起こしたときに寝起きが悪くて、ぐずってしまうこともありますね。
そんなときは、無理に起こさずに朝まで寝かせておくのも一つの方法です。

夕方寝てしまったときは、夜に普通に寝るような状況にしてあげます。布団に入れて部屋の電気も消します。

夜ごはんを食べなくても大丈夫なの?と心配になるかもしれませんが、1食くらいは抜いても大きな支障はありません。

眠そうなときは、バナナなど食べさせてあげるといいでしょう。食べることで目がさめることもあります。

夜も、昼も、寝る時に快適な環境を作ってあげましょう

赤ちゃんにとって睡眠やお昼寝はとても大事なことです。

環境を最適な状態に整えてあげましょう。

まず寝具や衣類ですが、寝ている間の汗を吸収してくれる素材のものがオススメです。

またお昼寝の場合の照明は、真っ暗な状態にしないほうがいいでしょう。
夜なのか昼なのか区別がつかなくなってしまいます。

生活のリズムも大事です。
朝起きたら、カーテンを開けて日光を取り入れます。

朝ご飯も大体決まった時間に摂るようにしましょう。
午前中は散歩やお出かけなど外出する機会を作ります。昼間に体をたくさん動かすことが大事です。

毎日同じような時間帯に食事や行動をすることで生活のリズムが出来、昼寝の時間も安定していきます。

 - 簡単な問いに対する答え