落ち着いて対処を!郵便のいろいろな投函間違いについて

郵便物の投函間違いには、意外にも色々なパターンが存在します。

例えば自分の自宅のポストの郵便物が間違って投函された場合、また自分があて先を間違えて投函してしまった場合など。

これらの投函間違いについての対処方法についてご紹介いたします。またポストに投函口が2つある場合、左右間違えて投函してしまった場合についても調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

実家からの仕送りで喜ばれる食べ物やアイテムは?迷ったらこれ

大学生になり、一人暮らしを始める方も多いですよね。初めて実家から離れて一人暮らしをするお子様に、ちょ...

RPGゲームとは?知っているようで知らない奥が深いRPG

RPGゲームとは?よく耳にするけど、聞かれると説明ができない方や、よくわからないという方も少なくはな...

スモック【保育園・幼稚園用】の簡単かわいいアレンジアイデア

保育園や幼稚園で着るスモック。もう少しかわいくアレンジしたいと思うことがあると思います。 そこで、...

金魚の水槽を掃除いらずにすることは可能?綺麗な水槽を保つコツ

金魚飼育でもっとも大変な作業が、水槽掃除です。掃除いらずの水槽が作れたら…と思う方も多いのではないで...

大相撲の力士の気になる給料や退職金について解説します

大相撲のテレビ中継を見ていると、力士はどのくらい給料がもらえるのだろうと気になる人も多いでしょう。 ...

口癖『なんか』と使ってしまう。やめたい時の心がけとは

口癖を治したい! 会話の中ですぐに『なんか』と使ってしまうのをやめたいと思っています。 クセ...

目薬の差し方には裏技があります。上手く差すコツと正しい使い方

目薬を差すのが苦手という人もいますね。目に入ってくるのが見えるのですから当然です。 ですが場合...

保育園年少の入園式の特徴と準備しておきたいこと

春から子供を保育園の年少として入園させる場合、入園式があるかどうかが気になります。 入園式はあ...

趣味がドライブという女性は有り。一人ドライブのメリット

趣味がドライブという人はいますが、男性に多いのではないでしょうか。 では女性で趣味がドライブと...

お札の数え方!縦読み横読みの手の動きと指の動かし方

銀行員の人はお札の数え方が上手ですが、どう手を動かしてあんなに素早くお札を数えることができるのかと気...

子供が遅刻する場合の連絡方法?学校によっても違いアリ

学校を遅刻する場合、学校への連絡はどうするのが正しいのでしょうか。小学校であれば、あらかじめ予定され...

ハムスターの鳴き声がクックッとする時の気持ちと対処法

ハムスターは様々な鳴き声をしますが、「クックッ」という鳴き声をすることがあります。なんだか苦しそうな...

浴室の換気扇で洗濯物乾く!効率的な乾かし方のコツを紹介

浴室の換気扇は洗濯物乾くのにとても便利です。部屋干しでいつも洗濯物がなかなか乾かなくて困っているとい...

川エビのミナミヌマエビの飼い方!初心者向け飼育の基本

川エビの一種、ミナミヌマエビは育てやすく、初心者にも育てやすい種類です。大きさも小さめで、透明なかわ...

モラハラ離婚での子供への伝え方や影響と知っておきたいこと

モラハラ夫との離婚したいと思っていても、子供がいることでなかなか踏み込めないという人もいるかもしれま...

スポンサーリンク

他人の郵便物が間違いで自宅のポストに投函された時の対処法

ごくたまにお家のポストに他の人宛の郵便物が入っていることありませんか?住所を見ても、明らかに自分の家の住所ではない。そんな場合はどうすればよいのか知っていますか?

一つ目の方法は近くのポストにご配送の郵便物を投函する方法。このとき郵便物にはご配送であるということを付箋などに明記して、投函してください。

二つ目の方法は近くの郵便局、またはお客様サービス相談センターに連絡をすることです。ご配送の旨を伝えたら、その後の対処方法について教えてくれます。

ポストに投函する場合の注意点としては、ご自宅に配達されているものが郵便であるかどうかという事。

今はメール便のサービスを配送会社が行っているので、郵便ではなくメール便の場合ポストにご配送として投函することは出来ません。

配送先が明記されていると思いますので、そちらに連絡を取ってください。

ちなみに配送された郵便物が自分宛でないとしても、勝手にゴミ箱に捨てたりしてはいけませんよ。誤配送の場合は郵便法で対処をするようにと決められています。

もし郵便間違いに気がつかずに投函された郵便物を開けてしまったら?

お家に届いた郵便物、何の疑問もなく開けてしまいますよね・・・。特にいつも配達されてくるように使用料金のお知らせなどは、見慣れた郵便物なので自分のうちに届いたものだと思ってしまいます。

そして開けてしまった後に誤配送だと気づいてしまったら・・・。

そんな時は近くにある郵便局に相談をするか、また客様サービスセンターに連絡をしてください。

そして誤配送の郵便物を間違って開けてしまった旨を伝えてくださいね。

また開けてしまった封を貼り直して、誤配送の郵便物を開けてしまったこと、自分の住所と氏名を記入した付箋などを外れないように、郵便物に貼りポストに投函をするという方法もあります。

どちらの方法を取るか迷ってしまったときは、やはり郵便局に連絡をして対処方法を聞いてみるのが一番だと思います。

やはり封を開ける前に自宅のポストに投函された郵便物でも、宛名を確認する事って大切ですね。

普通郵便を大型郵便のポストに投函間違いしたらどうなる?

郵便のポストに投函口が二つ付いているものがありますよね。うっかり間違えて反対の投函口に入れてしまったらどうなるのか?不安になります。

特に急ぎの速達郵便を普通郵便のほうに入れてしまったら、速達にならないのではないか?などの疑問も頭をよぎるでしょう。

しかし大丈夫!郵便ポストから集荷された郵便物は、機械によって郵便番号などが区分けされますが、その後は郵便局員さんの手作業により選別されます。

その際に普通郵便に赤く記された速達郵便があれば、正しい場所に仕分けをされるというわけです。

しかし、このときに重要なのは速達郵便として明記されているか、赤いラインはあるかどうかなどという点です。また速達郵便分の切手が貼られていることもポイントになりますよね。

それらが無ければ普通郵便として処理されてしまうかも知れません。また速達として配達されたとしても配達先で不足分が徴収される可能性があります。

郵便物を出すときには、決まりをしっかりと守って出すこと!それがしっかりとされていれば、投函口を間違えたとしても相手にしっかりと届けてもらうことが出来るはずです。

左右で分かれるポストの郵便物の分け方と、分かれている意味について

上記したようにポストに投函口が2つある場合、どのように分けられているのか?また分けられている意味について説明をしていきますね。

まず左側に投函をするものは、普通郵便(定形郵便)、手紙、ハガキ、ミニレターなどです。

次に右側に投函するものは、普通郵便(定形外郵便)、速達郵便、往復ハガキ、レターパックライト、レターパックプラス、クリックポスト、ゆうパケット、スマートレターなどです。

投函口が分かれている意味は、皆さんのお察しの通り作業がしやすいように、作業効率の問題です。

集荷されたときに全ての郵便物が混ざり合っていたら、それを分けるだけでも沢山の時間が必要になりますよね。

しかしあらかじめ区別をされていたら、その作業時間は大幅に減少させることが出来ます。

また同じサイズの郵便物は速達なのか、往復ハガキなのか、区別がしづらいですよね。しかし定形外などの郵便物と一緒に集荷されることで、区別がしやすくなるというわけです。

あて先間違いの郵便物を投函してしまった時の回収方法

もしあて先が違う郵便物をポストに投函してしまったら!?相手に届いたときには住所があっているのに、中に入っている書類に見覚えがない・・・。こんなことが起こったら大変ですよね。

投函してすぐにそのミスに気がついたら、なんとしても郵便物を回収したいと考えるでしょう。

このときポストから集荷済みでも、まだ局から発送される前ならば郵便局に回収したい旨を伝えれば、料金がかからずに回収することが可能です!

郵便物を取りに行く際には身分証明書が必要となりますので、忘れないようにしてくださいね。

次に局から発送されてしまった場合についてですが、郵便局で取り戻し請求の書類を作成して、手数料の支払いをしなければいけません。また郵便物を発送するときに貼り付けた切手も払い戻しをしてもらうことが出来ませんので、注意をしてください。

またこの際にも身分証明書を忘れずに持参してください。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691