落ち着いて対処を!郵便のいろいろな投函間違いについて

郵便物の投函間違いには、意外にも色々なパターンが存在します。

例えば自分の自宅のポストの郵便物が間違って投函された場合、また自分があて先を間違えて投函してしまった場合など。

これらの投函間違いについての対処方法についてご紹介いたします。またポストに投函口が2つある場合、左右間違えて投函してしまった場合についても調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

長ネギのみじん切りの方法はこれで一発!細かいみじん切りの方法

長ネギは料理に欠かせない野菜の一つで、色んなメニューの名脇役として登場しますね。薬味としても人気...

女の友情はもろいと感じるエピソードと疎遠になるワケととは

女同士の友情はもろいと思いますか?そんな事はないよ・・・といいたいところですが、実際には女同...

平成生まれと昭和生まれの違い!こんな言動が時代を感じる

高度経済成長時代に生まれた昭和生まれと、バブル崩壊後に生まれた人が多い平成生まれ。生まれた時代が...

趣味がドライブという女性は有り。一人ドライブのメリット

趣味がドライブという人はいますが、男性に多いのではないでしょうか。では女性で趣味がドライブと...

夜に洗濯物を干しっぱなしにすることが良くない理由を教えます

仕事しているママは、夜夕食を食べてから洗濯する人も多いのではないでしょうか。しかし、夜に洗濯...

母子家庭でも保育園に入れないことがある?その理由と対策方法

母子家庭だと保育園に入りやすいと言われているようですが、実際には入れないというシングルマザーの人も多...

自転車の塗装とサビ取りを自分でする方法とサビから守るコツ

自転車の塗装やサビ取りは道具を用意して手順通り行えば、女性ひとりでも意外と簡単に行うことができます。...

不良品の交換はレシートなしでも対応可能なのか対処法を紹介

不良品の交換はレシートなしでもできるのか気になりますよね。まさか不具合があるなんて思ってもいないのだ...

産前産後に里帰りしない場合の食事問題を解決します!

出産のために実家に戻り、産後もそのまま過ごす「里帰り」。しかし、それを選択しない人も増えてきています...

親の過保護はNG!子供が高校になっても過保護・過干渉な親

「もう高校生になったのに親が過保護で悩んでいる」という人もいますよね。親の過保護は子供の成長に悪影響...

一人暮らしの女子料理の頻度と上手に作るコツ

進学や就職などで一人暮らしを始める人も多いですよね。はじめて一人暮らし女子の料理頻度はどのくらいなの...

夫婦の生活で感じるストレス。解消の為に出来る事と円満のコツ

恋人同士の時は少しでも一緒にいたい、長くいたいと思っていた時期もあったでしょう。夫婦になり一緒に...

日光の代わりにライトで植物を育成!おすすめライトの選び方

室内で植物を育ててみたいけど、日当たりの良い場所が確保できないという理由で育てるのを諦めている方はい...

髪にシャンプーの匂いを残す方法!これで男性からも好感度UP!

髪からシャンプーの良い匂いがする女性って憧れますよね。自分もそうなりたいって感じる人も多いのでは?...

文鳥雛が挿し餌を食べないときの対処法と上手なコツや成長の仕方

文鳥の雛が挿し餌を食べないと飼い主としては心配になってしまいますが、挿し餌を食べないのはどんな理由か...

スポンサーリンク

他人の郵便物が間違いで自宅のポストに投函された時の対処法

ごくたまにお家のポストに他の人宛の郵便物が入っていることありませんか?住所を見ても、明らかに自分の家の住所ではない。そんな場合はどうすればよいのか知っていますか?

一つ目の方法は近くのポストにご配送の郵便物を投函する方法。このとき郵便物にはご配送であるということを付箋などに明記して、投函してください。

二つ目の方法は近くの郵便局、またはお客様サービス相談センターに連絡をすることです。ご配送の旨を伝えたら、その後の対処方法について教えてくれます。

ポストに投函する場合の注意点としては、ご自宅に配達されているものが郵便であるかどうかという事。

今はメール便のサービスを配送会社が行っているので、郵便ではなくメール便の場合ポストにご配送として投函することは出来ません。

配送先が明記されていると思いますので、そちらに連絡を取ってください。

ちなみに配送された郵便物が自分宛でないとしても、勝手にゴミ箱に捨てたりしてはいけませんよ。誤配送の場合は郵便法で対処をするようにと決められています。

もし郵便間違いに気がつかずに投函された郵便物を開けてしまったら?

お家に届いた郵便物、何の疑問もなく開けてしまいますよね・・・。特にいつも配達されてくるように使用料金のお知らせなどは、見慣れた郵便物なので自分のうちに届いたものだと思ってしまいます。

そして開けてしまった後に誤配送だと気づいてしまったら・・・。

そんな時は近くにある郵便局に相談をするか、また客様サービスセンターに連絡をしてください。

そして誤配送の郵便物を間違って開けてしまった旨を伝えてくださいね。

また開けてしまった封を貼り直して、誤配送の郵便物を開けてしまったこと、自分の住所と氏名を記入した付箋などを外れないように、郵便物に貼りポストに投函をするという方法もあります。

どちらの方法を取るか迷ってしまったときは、やはり郵便局に連絡をして対処方法を聞いてみるのが一番だと思います。

やはり封を開ける前に自宅のポストに投函された郵便物でも、宛名を確認する事って大切ですね。

普通郵便を大型郵便のポストに投函間違いしたらどうなる?

郵便のポストに投函口が二つ付いているものがありますよね。うっかり間違えて反対の投函口に入れてしまったらどうなるのか?不安になります。

特に急ぎの速達郵便を普通郵便のほうに入れてしまったら、速達にならないのではないか?などの疑問も頭をよぎるでしょう。

しかし大丈夫!郵便ポストから集荷された郵便物は、機械によって郵便番号などが区分けされますが、その後は郵便局員さんの手作業により選別されます。

その際に普通郵便に赤く記された速達郵便があれば、正しい場所に仕分けをされるというわけです。

しかし、このときに重要なのは速達郵便として明記されているか、赤いラインはあるかどうかなどという点です。また速達郵便分の切手が貼られていることもポイントになりますよね。

それらが無ければ普通郵便として処理されてしまうかも知れません。また速達として配達されたとしても配達先で不足分が徴収される可能性があります。

郵便物を出すときには、決まりをしっかりと守って出すこと!それがしっかりとされていれば、投函口を間違えたとしても相手にしっかりと届けてもらうことが出来るはずです。

左右で分かれるポストの郵便物の分け方と、分かれている意味について

上記したようにポストに投函口が2つある場合、どのように分けられているのか?また分けられている意味について説明をしていきますね。

まず左側に投函をするものは、普通郵便(定形郵便)、手紙、ハガキ、ミニレターなどです。

次に右側に投函するものは、普通郵便(定形外郵便)、速達郵便、往復ハガキ、レターパックライト、レターパックプラス、クリックポスト、ゆうパケット、スマートレターなどです。

投函口が分かれている意味は、皆さんのお察しの通り作業がしやすいように、作業効率の問題です。

集荷されたときに全ての郵便物が混ざり合っていたら、それを分けるだけでも沢山の時間が必要になりますよね。

しかしあらかじめ区別をされていたら、その作業時間は大幅に減少させることが出来ます。

また同じサイズの郵便物は速達なのか、往復ハガキなのか、区別がしづらいですよね。しかし定形外などの郵便物と一緒に集荷されることで、区別がしやすくなるというわけです。

あて先間違いの郵便物を投函してしまった時の回収方法

もしあて先が違う郵便物をポストに投函してしまったら!?相手に届いたときには住所があっているのに、中に入っている書類に見覚えがない・・・。こんなことが起こったら大変ですよね。

投函してすぐにそのミスに気がついたら、なんとしても郵便物を回収したいと考えるでしょう。

このときポストから集荷済みでも、まだ局から発送される前ならば郵便局に回収したい旨を伝えれば、料金がかからずに回収することが可能です!

郵便物を取りに行く際には身分証明書が必要となりますので、忘れないようにしてくださいね。

次に局から発送されてしまった場合についてですが、郵便局で取り戻し請求の書類を作成して、手数料の支払いをしなければいけません。また郵便物を発送するときに貼り付けた切手も払い戻しをしてもらうことが出来ませんので、注意をしてください。

またこの際にも身分証明書を忘れずに持参してください。