あなたの旦那も我慢しているかも?料理下手な妻を持つ苦悩

料理は美味しいことに越したことがありません。

1日仕事を頑張り家では奥さんが美味しい料理を用意して待っていてくれる・・・。すぐにでも帰りたくなるのが男性の本音です。

ただ、妻だから料理上手とは限りません。当然料理下手な人もいるわけです。

あなたの旦那も我慢しているかも!?料理下手な妻をもつ苦悩、改善策などまとめました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

革靴のひび割れを自分で補修する方法と注意点を理解しましょう

お気に入りの革靴のひび割れ。長期間履いたのであれば寿命だと考える人もいるかもしれませんが、まだ諦めな...

コンサートチケットの本人確認が増えている理由と注意点

コンサートチケットの中には、本人確認が必要なチケットがあります。私も最近体験しました。 コンサート...

夫婦の会話がない。子供なし夫婦の会話の見つけ方について

夫婦で会話がない。 子供なしなので、二人の共通の楽しみや趣味などがないと、顔を合わせるだけの毎日に...

親が過干渉!大学生になったら親は関わり過ぎずに子供に自立を!

大学生になっても親の過干渉で悩んでいるという人もいます。過干渉の親は、自分が過干渉だということに気が...

初めての漫喫でのデートには、どんな服装がいいのかを紹介

漫喫でデートと聞くと、ちょっと不安に感じる女性もいることでしょう。 ですが、最近の漫喫はとても...

猫のトリミングのポイントやコツとは?やり方を紹介します

猫のトリミングはどんなことをしたらいいのでしょうか?また、猫のトリミングのやり方とは? 愛猫を...

足首が硬い子供が急増する理由。柔らかくするメリットとその方法

足首が硬い子供が増えているといいます。 足首が硬い、曲がりが悪いのでしゃがむことが出来ないそうです...

アメリカのお風呂の入り方と日本のお風呂事情と大きく違う点

アメリカ人のお風呂の入り方は、日本の入り方と全く違います。 日本は湯船にゆったりとつかり、時には小...

クレープのトッピングで人気のものは?美味しいクレープのレシピ

クレープのトッピングで人気のものは一体何なのか気になる人もいますよね。大人から子供まで人気のクレープ...

下ネタが苦手な時の男性への接し方と対処法!モテ女子の対応とは

下ネタが苦手な女性も多いかと思いますが、どうして男はこんなにも下ネタが好きなのか、対応に困ってしまう...

白シャツの黄ばみを重曹で綺麗に!衣類の黄ばみ汚れを落とす方法

着ようと思っていた白シャツに、黄ばみ汚れを見つけてしまった経験がある人もいますよね。 旦那様やお子...

女子の財布は黒じゃダメ?開運アップする財布のカラーについて

女子が持つ財布の色は?ピンクなどのかわいいカラーが人気の一方で、定番の黒もよく使われているそうです。...

犬がシャワーを嫌がるときの対処法とシャンプーを嫌がる理由

「飼っている犬にシャワーをすると嫌がるので困る」というお悩みを抱えている飼い主さんもいますよね。シャ...

プリン作りで失敗しやすい原因と簡単美味しいリメイクレシピ

おやつの定番、プリンを手作りしたことがある方も多いと思います。材料も少なく、思い立った時にすぐに作れ...

証明写真を撮る時は前髪は眉毛にかからないようにしよう!

就活で証明写真を撮ることがありますが、前髪は面接官への印象を与えるとても重要なポイントとなるので注意...

スポンサーリンク

旦那の一言にカチン!料理下手妻が我慢できない旦那の態度とは

夕食を作る頻度を聞いてみました。
・ほぼ毎日、夕食を作るとした妻が76%、共働きの妻が69%だったに対して、専業主婦は80%でした。

妻が夕食を作らない時の食事についての回答を聞いた所一番多かったのが外食の74%で次はお弁当やお惣菜を購入しているの62%でした。

妻のほとんどが、ほぼ毎日夕食を作っています。得意だと考える男性も多いかもしれませんが、料理の得意、不得意について質問すると「苦手」と答えた人は40%もいました。本当は苦手だけど努力して頑張っているとい妻が多いようです。

 

妻の料理に対して言ってはいけない言葉

作った料理に対する夫の一言にカチンと来た経験があると答えた妻は50%。一番カチンと来た言葉や態度を聞いてみました。

  • 「おかずこれだけ?」
  • 「食べ終わって無盆」
  • 「もう少し味が濃いほうがいい」

他にも「まずい」「失敗したの?」などのストレート過ぎる意見や「オレが作ったほうが美味い」「お袋の味じゃない」などの意見もありました。

旦那として料理下手な妻にしてあげられることは?

まずい嫁の料理を「マズい」というのは絶対に駄目です。マズいと言われた後の意外な女子の思考回路とは?

  • ショックを受けるが料理に時間をかける時間がない
  • マズいことは相手も理解している
  • 相手もマズいことがわかっているのでマズくていい

美味しい物を作るように努力はしません。実際続いて2~3回。長続きはしないのです。理由は料理は1日3回。時間と手間がかかります。仕事や育児と両立している女性にとって一番疲れるのが家事です。そこで「マズい」と言われても余裕が無いので努力はしないのです。むしろ相手も理解してるので安心してマズい料理を作り続けます。相手も彼氏ではなく結婚した旦那ですからね・・・。これが現実です。

料理が下手な妻には褒めるor惜しいが効果的

マズい嫁の料理にどのようにコメントすればいいのでしょうか?まずは褒めてみましょう。美味しくなくても「とりあえずあり」なら褒める。「美味しい」と1日1品は褒めましょう。他にも「惜しい」も効果があります。「惜しい。もう少し砂糖を足すと僕の好きな味」など大げさに言って見ましょう。今より確実に美味しくなるはずです。

料理下手な妻がもう嫌!旦那は妻と離婚できるのか

料理下手な妻と離婚できる?

妻が料理が下手、又は作る料理がマズいという理由を妻の有責事項として離婚することは出来ません。このような妻と離婚するには、妻も離婚に同意している必要があります。なので離婚の理由も一般的な「性格の不一致」と同じような理由になってしまうのです。妻が離婚を拒むと離婚は出来ません。

妻の料理下手を改善する方法

料理教室に通わせたり、料理上手な人に教えて貰ったり、夫が一緒に料理をしたりする方法です。このような方法で妻の料理下手をなおす努力を夫婦で続けることが、夫の不満を解消する近道です。

料理が下手な妻と離婚する時に慰謝料は請求出来る?

この問題は妻の料理がマズかった理由によります。単純に妻の料理が下手であった場合には慰謝料を請求することは難しいです。しかし夫の健康を損ねる、悪意があり塩分が多いなどのマズい料理をだしていた場合には慰謝料を請求できる可能性はあります。しかしそのためには妻の悪意を証明する必要があるのでとても難しいことです。

料理が下手な妻を持ってしまった男性の胸のうち

妻の料理がマズくても受け入れる

  • それを受け入れての結婚
  • 食べられるレベルなら諦める。度が過ぎていればキッチンでの主導権を取り上げる
  • そんなことで離婚するのは心が狭い

そのうち上手になることを期待

  • ステップアップの可能性もあるので、さすがに離婚はしない
  • 結婚してからでも練習してくれたらいい

料理がマズすぎる場合は離婚も考えている男性は、マズい料理が改善されないことを前提として「ずっと我慢することが出来ない」「死活問題」「食生活は生活の基本」などの意見を寄せています。健康、経済面はもちろん、精神面でも結婚生活を続けることが困難だと考えています。

料理がマズくても離婚に発展しない男性の意見は「料理がマズくても受け入れる」「料理を練習してもらう」「料理がマズい女性とは結婚しない」という3つの意見に分かれました。中でも料理を練習してもらうという意見が多く離婚を考える前に妻の努力に期待している考えでした。

料理下手な妻を改善するには?

めしマズな人の困った点の1つは「食材も適当に買ってきてアレンジを加える」ことです。そこで必要な物は次のようになります。

  • 完璧なレシピ
  • レシピにそった食材

これらが必要になります。それに完璧に答えてくれるサービスがありました。「食材宅配サービス」です。

食材宅配サービスはなぜめしマズ改善にいいのでしょうか?毎日食材を宅配してくれます。栄養管理も徹底しレシピと食材を家族人数分届けてくれます。後はレシピ通りに加工すると食べられます。

本来は時間がない人、買い物に行けない人などのサービスですがめしマズにも応用がききます。絶対にやってはいけないことはアレンジをしないことです。徹底すると問題はありません。

料理で問題になるソースなどの味付けも基本的にはついてきます。だからそれを使えば美味しく作れるので実に簡単です。これによってまた「良いソースを作れば良い」事も学ぶことが出来ます。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691