学校が楽しくないと一年生になって登校拒否してしまう背景

小学校一年生になって楽しく学校に通っていると思いきや、「学校が楽しくない、行きたくない」とある日突然言われたら、親としては「なぜ?どうして?」と動揺してしまいます。

「小一の壁」という言葉があるように、一年生が登校拒否してしまうケースは多く問題になっています。

学校が楽しくないと一年生になって登校拒否してしまう背景、対処法についてご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バイクツーリング初心者の女性必見!ツーリングのコツと楽しみ方

バイクの楽しみの1つといえば「ツーリング」。女性が初めてツーリングを始める時は、色々気になることや疑...

カップ麺のスープアレンジ!残ったスープで作る美味しいレシピ

時間のない時にも便利なカップ麺ですが、麺を食べ終わった後のスープはどうしていますか? 全部飲み切る...

サボテン短毛丸の育て方のコツや水やりのポイントをご紹介

サボテンの中でも丈夫で比較的育て方が簡単な短毛丸ですが、根腐れせずに綺麗に花を咲かせるためにはコツが...

アラフィフ独身女性の実家暮らしは悩みばかり?その実態とは

「アラサー」という言葉が生まれてから50代前後の人を「アラフィフ」を呼ぶようになりましたが、アラフィ...

コンサートチケットの本人確認が増えている理由と注意点

コンサートチケットの中には、本人確認が必要なチケットがあります。私も最近体験しました。 コンサート...

野菜ジュースはパックがいいかペットボトルがいいか選び方を解説

スーパーやコンビニはもちろん、自動販売機にも野菜ジュースが売られていて野菜不足を気にする人にとっては...

嫁が介護を苦に離婚したいと言っている…。当たり前だ!

嫁の介護問題。 義両親の介護で離婚される夫婦が増えているようです。 日本には「嫁」が「夫の両...

旦那が自己中で子供!そう!旦那という生き物はそういうものです

旦那の自己中っぷりに、本当にもう腹しか立たない。 子供より子ども! イライラする気持わか...

前髪の産毛が邪魔なら切るべき?産毛を手入れするコツと注意点

前髪を上げた時に産毛が気になりませんか? 産毛の濃さは人によって違いますが、どうしても邪魔で切りた...

韓国人男性は似てる人が多い!顔立ちの特徴と韓国人イケメンとは

韓国人男性の顔立ちのイメージは「塩顔でイケメン」ではないでしょうか。 また韓国人男性は顔が似ている...

冬なのに湿度が高い?そんな場合の湿度を下げる簡単な方法!

冬の期間は湿度は低くなりますが、室内の湿度は高いということもあります。 最近のマンションなどは...

小学校のバザーに出すもので、手作りの場合のポイント!

小学校でバザーはありますか? 学校によって色んな細かいルールはあるようですが、子供のためならと...

夫に無視される期間が長い場合の解決方法は「待つこと」

夫婦喧嘩をすると、夫が無視するというケースもありますが、その期間が長いとどうやって仲直りしたらいいの...

女性が限定に弱い心理とは…。理由と限定に弱いタイプ人の特徴

店頭に並ぶ『限定品』やカフェの『期間限定商品』などには、つい目が行ってしまいますよね。特に女性は限定...

ラインが長文の友達にウンザリしたときの対処法と回避するコツ

ラインが長文の友達っていますよね。どうして彼女はそんなに長いラインを送ってくるのでしょうか? ...

スポンサーリンク

子供が「学校楽しくない」と・・・。一年生がぶつかる壁とは?

1年生って楽しく学校に通うのが当たり前じゃないの?と思っているお母さん達がほとんどだと思います。
「1年生の壁」というものがあるのをご存知ですか?

この「壁」を知らず、子供がどうして学校に行きたくない、楽しくないと思っているのか理解できないこともあると思います。

この「壁」は、幼稚園や保育園、今までの環境がガラリと変わり、慣れない授業、たくさんのルールになじめない、精神的・物理的な壁のことをいい、自家中毒のようなものです。

これまでは子供が1時間近く座って話を聞くことや、ここまでのルールはなかったと思われます。
そのため、子供はストレスを感じています。

この「1年生の壁」に直面しやすい子は共働きで保育園に通っていた子に多くあるといわれています。
お母さんが仕事の休みをとり、まともに働けない状況が続く事もあるでしょう。

これは子供にとっても試練でありますが、乗り越えなければいけなく、成長をする機会でもあります。

学校が楽しくないと登校拒否・・・。一年生など低学年での登校拒否の特徴

学年が低いうちの不登校は、対応が適切であれば解決しやすい傾向にあります。

前述でも述べたとおり「1年生の壁」をお母さん達がうまく対応していけば学年が上がるにつれてこのようなことはなくなります。

子供が困っているとサポートしてあげるのが親の役割でもありますが、過度になってしまうと子供も、「休める」と思ってしまい、行きたくなくなります。
この問題は乗り越えないといけない壁でもあります。
子供が自分自身で乗り越えられるよう背中を押してあげましょう。

 

1年生で登校拒否の子供の特徴

  • 当日の朝になると行けない
  • お腹や頭が痛いと仮病を訴える
  • 先生への恐怖心
  • 学校へ行かなければ行けないと理解はしている

 

体調不良は仮病の場合もあれば、精神的なことから本当に痛くなってしまう場合もあります。
子供を観察して対応しましょう。

一年生になった子供から学校が楽しくない、行きたくないと言われたら?

無理に学校へ行かせても悪影響になることもあります。

子供の様子を見て、遅刻や早退をさせてあげることも心がけてあげましょう。
好きな教科だけ行く、お昼から行く、部活だけ出るなど、友達や先生が嫌なら保健室だと行ける など、先生と相談し子供に合わせて対応をとってみましょう。

そうすると子供も、今日は朝から言ってみようかなと頑張りたい気持ちが自発的に出てくるかもしれません。

まず、登校を拒否する子供の心を受け入れてあげ頑張れる範囲で登校を支えてあげましょう。

そうすると、環境になれていき、すんなり通えるようになることもありますよ。
子供は順応性がありますので、学校を楽しいところだと思う日もそう遠くありません。

学校が楽しくない・・・。その理由はそれぞれ

学校が楽しくないのは「1年生の壁」が原因と述べましたが、それだけではないこともあります。
友達が関係していることも数多くあります。

 

友達がいないから学校が楽しくない

子供は放っておけば誰とでも友達になる、といいますが、子供の性格にも個人差がありますのでそうではない場合ももちろんあります。
習い事や幼稚園が一緒、親同士が仲がよいとすぐ友達になることはよくありますが、知り合いも友達もいない場合は1人でポツンといるケースがあります。
また、子供が人見知りや消極的だと尚更ですね。

学校の友達とうまくいかない

「いじめにあう」とはまた違いますが、リーダー的存在の子がいてそのリーダーとうまく付き合えない、逆らえないといったように、仲が良いようでそうでもないという場合。
こちらの場合は学校の先生も気がつきにくく、また1年生ともなれば他の友達がカバーするというのも難しく、1人で悩み込んでしまいます。
親も「学校で嫌な事あった?」と聞いても、子供はこのモヤモヤをうまくまとめられずにいえない事もあります。

学校が楽しくない、行きたくないと言われたらアドバイスはせず話をじっくり聞いてあげよう

学校に行かなければ行けないことは子供自身理解しています。
ですが、子供も行きたくない理由を自分でもよくわかってない場合や、うまく表現できない場合があります。

毎朝お母さんに言われることやアドバイスも子供もわかっていても耳には入ってこないことがあります。

親はなんとか行かせようと、試行錯誤して子供を思いやる気持ちでたくさん言葉がでてくることでしょう。

ですが、アドバイスの前に、子供が自分の口で言いたい事を言えるか、思いを溜め込まないようにしてあげるには、お母さんが子供の話に耳を傾け聞いてあげることが大切です。

子供がお母さんにこの気持ちを受け入れてもらえたということだけでも大きな進歩だと思います。

子供のストレスを少しでも軽減してあげるように努めましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691