学校が楽しくないと一年生になって登校拒否してしまう背景

小学校一年生になって楽しく学校に通っていると思いきや、「学校が楽しくない、行きたくない」とある日突然言われたら、親としては「なぜ?どうして?」と動揺してしまいます。

「小一の壁」という言葉があるように、一年生が登校拒否してしまうケースは多く問題になっています。

学校が楽しくないと一年生になって登校拒否してしまう背景、対処法についてご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

職場にノースリーブはおばさん以前の問題!避けるべきアイテム

職場にノースリーブを着ていくと「おばさんなのに肌を見せて」と陰口を叩かれる、といった意見も耳にします...

自治会の役員の上手な断り方!円満な断り方と引き受けるメリット

自治会や町内会の役員をどうしてもやりたくないとき、どんな風に断れば良いのでしょうか。上手な断り方が分...

大学受験に失敗した人の立ち直り方!考えすぎないようにしよう

大学受験に失敗すると、「こんなはずではなかった。」と立ち直ることができない人も多いでしょう。 ...

インコのケージの掃除の手順や丸洗い方法と清潔に保つための頻度

インコのケージの掃除はとても大切です。インコにとってケージは毎日生活する場所なので、汚れが酷くなる前...

高校の学校説明会で質問することのメリットやするべきポイント

高校の学校説明会では質問を個別で受けてくれることがあります。 このとき、どんな質問をしたらいいのか...

サイン会で大好きな漫画家に差し入れする場合に注意することとは

大好きな漫画家のサイン会が開催されると聞くと、行ってみたくなりますよね。 芸能人などのサイン会...

バレエのレッスンを受ける効果は?子供へのメリット、デメリット

バレエは小さな女の子が憧れる習い事の1つ。子供にとってはバレエの衣装が可愛くて魅力的にうつります。 ...

見た目が怖い人で本当は優しい人の特徴と見た目通り怖い人の特徴

見た目が怖いけど、本当は優しいという人はいます。あなたの周りにもいませんか? 人は見た目が9割...

快適な温度とは?室内の過ごしやすい温度や湿度をご紹介

快適に過ごせる室内の温度はいったいどのくらいなのでしょうか? 過ごしやすい室内の温度は、季節によって...

肩が上がる癖をどうにかしたい!リラックス方法と緊張のとき方

肩が上がる癖を治したい! 力の入れ方を知っていても、力の抜き方を知らない人がほとんどです。 ...

夏休みの宿題は最終日までにやるコツと効率的に終わらせる方法

夏休みの宿題は最終日までに計画的に終わらせておくのが理想です。 しかし、どうしてもギリギリにな...

花が長持ちする保存方法。 冷蔵庫を使って日持ちさせよう

蒸し暑い夏の時期ですと切花を買ってきて飾ってもあまり日持ちがしませんよね。それは花が長持ちするには適...

窓サッシから入り込む隙間風対策!簡単な方法と窓の調整法を解説

築年数の古い家に住んでいると、窓サッシから入り込む寒い隙間風が気になってしまうことがあります。 ...

色占いでピンクを選んだ女性の心理と色の持つ効果

色占いには、深層心理が隠れていると言われます。ピンクを選んだ女性はどのような心理なのでしょうか。 ...

ナンバープレートが盗難にあったら保険は使えるのか徹底解説

車上荒らしによってカーナビなどが盗難にあうケースが増えていますが、実はナンバープレートの盗難も多いと...

スポンサーリンク

子供が「学校楽しくない」と・・・。一年生がぶつかる壁とは?

1年生って楽しく学校に通うのが当たり前じゃないの?と思っているお母さん達がほとんどだと思います。
「1年生の壁」というものがあるのをご存知ですか?

この「壁」を知らず、子供がどうして学校に行きたくない、楽しくないと思っているのか理解できないこともあると思います。

この「壁」は、幼稚園や保育園、今までの環境がガラリと変わり、慣れない授業、たくさんのルールになじめない、精神的・物理的な壁のことをいい、自家中毒のようなものです。

これまでは子供が1時間近く座って話を聞くことや、ここまでのルールはなかったと思われます。
そのため、子供はストレスを感じています。

この「1年生の壁」に直面しやすい子は共働きで保育園に通っていた子に多くあるといわれています。
お母さんが仕事の休みをとり、まともに働けない状況が続く事もあるでしょう。

これは子供にとっても試練でありますが、乗り越えなければいけなく、成長をする機会でもあります。

学校が楽しくないと登校拒否・・・。一年生など低学年での登校拒否の特徴

学年が低いうちの不登校は、対応が適切であれば解決しやすい傾向にあります。

前述でも述べたとおり「1年生の壁」をお母さん達がうまく対応していけば学年が上がるにつれてこのようなことはなくなります。

子供が困っているとサポートしてあげるのが親の役割でもありますが、過度になってしまうと子供も、「休める」と思ってしまい、行きたくなくなります。
この問題は乗り越えないといけない壁でもあります。
子供が自分自身で乗り越えられるよう背中を押してあげましょう。

 

1年生で登校拒否の子供の特徴

  • 当日の朝になると行けない
  • お腹や頭が痛いと仮病を訴える
  • 先生への恐怖心
  • 学校へ行かなければ行けないと理解はしている

 

体調不良は仮病の場合もあれば、精神的なことから本当に痛くなってしまう場合もあります。
子供を観察して対応しましょう。

一年生になった子供から学校が楽しくない、行きたくないと言われたら?

無理に学校へ行かせても悪影響になることもあります。

子供の様子を見て、遅刻や早退をさせてあげることも心がけてあげましょう。
好きな教科だけ行く、お昼から行く、部活だけ出るなど、友達や先生が嫌なら保健室だと行ける など、先生と相談し子供に合わせて対応をとってみましょう。

そうすると子供も、今日は朝から言ってみようかなと頑張りたい気持ちが自発的に出てくるかもしれません。

まず、登校を拒否する子供の心を受け入れてあげ頑張れる範囲で登校を支えてあげましょう。

そうすると、環境になれていき、すんなり通えるようになることもありますよ。
子供は順応性がありますので、学校を楽しいところだと思う日もそう遠くありません。

学校が楽しくない・・・。その理由はそれぞれ

学校が楽しくないのは「1年生の壁」が原因と述べましたが、それだけではないこともあります。
友達が関係していることも数多くあります。

 

友達がいないから学校が楽しくない

子供は放っておけば誰とでも友達になる、といいますが、子供の性格にも個人差がありますのでそうではない場合ももちろんあります。
習い事や幼稚園が一緒、親同士が仲がよいとすぐ友達になることはよくありますが、知り合いも友達もいない場合は1人でポツンといるケースがあります。
また、子供が人見知りや消極的だと尚更ですね。

学校の友達とうまくいかない

「いじめにあう」とはまた違いますが、リーダー的存在の子がいてそのリーダーとうまく付き合えない、逆らえないといったように、仲が良いようでそうでもないという場合。
こちらの場合は学校の先生も気がつきにくく、また1年生ともなれば他の友達がカバーするというのも難しく、1人で悩み込んでしまいます。
親も「学校で嫌な事あった?」と聞いても、子供はこのモヤモヤをうまくまとめられずにいえない事もあります。

学校が楽しくない、行きたくないと言われたらアドバイスはせず話をじっくり聞いてあげよう

学校に行かなければ行けないことは子供自身理解しています。
ですが、子供も行きたくない理由を自分でもよくわかってない場合や、うまく表現できない場合があります。

毎朝お母さんに言われることやアドバイスも子供もわかっていても耳には入ってこないことがあります。

親はなんとか行かせようと、試行錯誤して子供を思いやる気持ちでたくさん言葉がでてくることでしょう。

ですが、アドバイスの前に、子供が自分の口で言いたい事を言えるか、思いを溜め込まないようにしてあげるには、お母さんが子供の話に耳を傾け聞いてあげることが大切です。

子供がお母さんにこの気持ちを受け入れてもらえたということだけでも大きな進歩だと思います。

子供のストレスを少しでも軽減してあげるように努めましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691