隣人との騒音トラブル。一戸建てでも注意が必要

隣人との騒音トラブルといえば集合住宅の場合が多いものですが、一戸建てであってもたびたび起こってしまいます。

元気な子供や可愛いペット、友人との楽しいパーティーだって隣人からすると、ただの騒音と感じているかもしれません。

隣人に迷惑をかけないためにできること、迷惑をかけられたときの対処法など一戸建てで起こりえる騒音トラブルや隣人トラブルについて調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

旦那の転勤。子供なしで転勤。孤独とさみしさを乗り越えるには

旦那の転勤による、精神的不安定さを抱えてしまう奥様はたくさんいらっしゃいます。転勤族だって知...

旦那が転職?離婚したいなんて言わず旦那を支えるのが得策

旦那が急に転職すると言い出したら、妻としてあなたはどうしますか?妻が離婚したいと思うタイミングに夫の...

yシャツの黄ばみを落とす重曹の使い方!頑固な黄ばみの落とし方

きれいに洗濯しているはずなのに、気付くと薄っすらと付いているYシャツの黄ばみ。特に襟周りが気にな...

インコのケージの掃除の手順や丸洗い方法と清潔に保つための頻度

インコのケージの掃除はとても大切です。インコにとってケージは毎日生活する場所なので、汚れが酷くなる前...

タッパーを弁当箱に!詰め方次第で美味しい・嬉しいメリットが

お弁当箱の代わりに、タッパーを使ってお弁当を持参している人もいるのではないでしょうか。タッパ...

長時間運転をする時の休憩の目安!眠気や疲労を感じた時は休憩を

長時間運転をする場合、事故を防ぐためにもこまめに休憩をはさみながら運転をすることが大切です。...

部活で運動量の多い高校生のお弁当。がっつり男子弁当

部活をしている男子のお弁当はとにかくボリュームが大切です。少ない量やあっさりとしたおかずばかりでは、...

8ヶ月の赤ちゃんの昼寝。起こす?起こさない?

8ヶ月の赤ちゃん。起こさないと、いつまでも昼寝を続けてしまいます。でも、せっかく気持ちよく寝...

職場の虐めは残念ながらどこでもある。自分の身は自分で守ろう

「職場の虐めはどこでもあるものなの?」そう思っているあなたはきっと幸せな人です。残念ながら職場の虐め...

作り置きの容器は消毒した方が安心安全!消毒してから保存しよう

作り置きおかずを作ったら容器に入れて冷蔵庫で保存をしますが、その容器、しっかり消毒していますか?...

救急車と警察先にどっちを呼ぶべき?交通事故の正しい対応

交通事故に遭ったり交通事故を目撃した場合、救急車と警察先にどっちを呼ぶべきかで迷います。では...

バレエ発表会!子供の肌に負担をかけないメイク落としの方法

バレエの発表会では、子供が普段はしないような派手なメイクを施します。子供にとっては、可愛い衣装やメイ...

野菜の水やりは夕方いいって本当?その理由とみずやりの仕方

野菜の水やりはいつあげるのが最適?夏の水やりは夕方がいいといわれますが、それは本当なのでしょうか?ま...

髪の毛の外ハネを直す方法!外出先でも直せる方法と外ハネ対策

髪の毛が外ハネするとなんだか気が滅入りませんか?キレイにスタイリングした髪の毛ので外出する方がテンシ...

ネットの友達と音信不通に。突然の別れに戸惑っています

ネット上の友達と突然連絡が取れなくなってしまった。音信不通になってしまったのは、どうしてでし...

スポンサーリンク

一戸建てならではの騒音トラブル。こんなことで隣人が迷惑!

念願の一戸建て住宅を手に入れ、もうこれからは気兼ねなく自由に生活できるぞ~とお考えのそこのあなた!

実はその普段の何気ない行動が、とんでもない騒音トラブルへと発展する恐れがあることをご存知でしょうか?

 

ここに、騒音トラブルの例をいくつかご紹介します。

 

  • 友人たちと敷地内の駐車所で朝から晩までバーベキューで大騒ぎする
  • 隣の犬が昼夜問わず吠えてうるさい
  • 夜中に車のドアの大きな開け閉め音が響く
  • 外に漏れるほどの大音量で音楽を聴く
  • 窓を開けっぱなしで子供の走り回る音や、親の怒鳴り声が聞こえる

 

一見するとどれもこれもあるある話ですが、中にはその頻度や騒音のレベルによっては、かなり深刻な状況になりかねないものも。

隣家との距離にもよりますが、こと住宅密集地においてはなおさら、たとえ壁を隔てているとは言え、アパートやマンションと同じように騒音トラブルは身近な問題となりえるのです。

具体的な対策としては、町内会や警察への相談などが挙げられますが、ご近所として長く付き合っていく上では、あまり事を荒立てたくないと、我慢しているケースも多いのではないでしょうか?

一戸建てでも油断できない騒音トラブル。隣人にさりげなく尋ねてみる

まず、音に対する感じ方は人によって異なるため、自分には我慢ならないほどでも、当人からしたら気にならない程度といった場合もあります。近隣トラブルへと発展する前に、まずは自分たちにできる防音対策を採とり入れてみるのも一つの方法です。

可能であれば、防音機能の付いたカーテンに換えたり、防音効果の高い窓ガラスに交換することで、外から聞こえる音量を少しでも抑えることができます。
また、隣家との生活時間を少しずらすために、特に騒音の気になる時間帯は外出するなども有効でしょう。

外からの騒音が聞こえるということは、逆に言えば自分たちの生活音も外に漏れていて、相手からもうるさいと思われている可能性もありますよね。機会をみて、自分たちの生活音はうるさくないか尋ねてみることによって、さりげなくあちらの騒音のことも伝えるきっかけとなります。

隣人と騒音で揉めないためには交流も必要。一戸建てなら苦情は自治会

我が家が数年前に一戸建てへ引っ越した際には、まだ左右の土地は更地だったのですが、今後お世話になる可能性もあるので、我が家から見渡せる範囲の少し離れたお宅にも、引越しの挨拶に行きました。実際、以前はアパート暮らしでしたが、引越しの際には近隣のお宅へは挨拶には行っていましたし、新たに引っ越されてきた方たちの大半が引越しのご挨拶に来てくださいましたので、そういうものだと思っていました。

現在の一戸建てに越してきて、あとから左右のお宅が引っ越してきた際も、片方のお宅は挨拶に来てくださいましたが、逆側のお宅はいつの間にか引越しが終わり、そのまま挨拶もなく終わりました。
出来れば自宅の両隣にどんな方が住んでいるのかぐらいは把握しておきたかったので、当初は残念な気持ちにもなりましたが、外で顔を合わすたびに少しずつ言葉を交わすようになり、案外普通な方たちで(失礼)安心しました。
そのお宅では、少し前から犬を飼い始めたようで、朝方早い時間帯から鳴き声が聞こえるのですが、顔見知りであることを考慮すれば、少しの我慢も出来るというもの。

逆にこれが、顔も分からず挨拶も交わさないような間柄であれば、毎日の鳴き声にうんざりして、苦情の一つも言いたくなっていたかもしれません。

どうしても苦情を言いたいような事柄であれば、まずは直接言わずに自治会などを通して通達してもらうようにしましょう。

騒音で隣人に迷惑をかけないための注意点。元気な子供も迷惑扱い?

誰しも、出来ることならご近所トラブルは避けたいもの。騒音によるトラブルに巻き込まれないためにはどうしたらよいのでしょうか?
普通に生活していても、何かの拍子に大きな音を立ててしまうことはありますよね。特に小さなお子さんのいるご家庭だと尚更です。騒音トラブルへと発展する前に、まずは自分たちに出来ることから始めてみましょう。

ある程度音がしてしまうことを考慮して、まずは音をなるべく外へ漏らさないこと。防音対策には、それなりに金額を要するものから、気軽に始められるものまであります。
これから注文住宅を建てようという場合は、設計する段階から対策することが出来ます。隣家と接する面には防音壁を使用したり、二重窓や防音効果の高いサッシにすると、かなりの効果があります。

すでに暮らしている家に対しては、防音カーテンや防音マットなどを利用して、なるべく音を外へ漏らさない工夫をしましょう。

その他にも、子供が騒いでいる際には窓を閉めておくなど、ちょっとした気遣いで騒音トラブルは未然に防ぐことが出来るのです。

一戸建て起こりうるトラブルは騒音も含めこんなことに注意

騒音以外でもちょっとしたことの積み重ねによって、結果的にご近所トラブルへと発展する恐れがあります。以下の点で思いあたる節がある場合は、大事になる前に早急に改める努力をしておきましょう。

 

挨拶ができない

 

  • こちらが挨拶しても無視したり、目も合わせない
  • 引越しの挨拶もなく家族構成も不明なため、こちらも挨拶しづらい

 

路上駐車・駐輪

  • 自宅の駐車場以外に常に路上駐車している
  • 他所のお宅の前に平気で駐車し、通行の妨げとなっている
  • 無断で自転車を他所の敷地内に停める

 

ゴミ出しのルールを守らない

  • ゴミ出しの時間帯を守らない
  • きちんと分別をしない、曜日を守らない
  • 庭に捨てた生ゴミが匂う

 

ペットのしつけが出来ていない

  • 他所のお宅の敷地内で排泄をさせ、後始末もしない
  • 犬のしつけを怠り、夜中でも吠えたり、小さな子供を追いかけ回したりする
  • 散歩中にリードをつけない