日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

旦那のこんな言い方にムカつく!奥さんのイライラを解消する方法

2018.9.4

今、これを読んでいるあなたは、旦那さんにイライラしていますね!
旦那のこんな態度がムカつく、こんな言い方にカチンと来る、言い始めたらきりがないのではないでしょうか。

奥さんは家事に仕事に育児に忙しいのに、旦那はソファーでのんびりスマホゲーム…。
この状態でムカつかない方が変ですよね。

旦那のムカつく態度には、プチストレス発散が必要ですよ~!

旦那の言い方にムカつく主婦は多い!そもそも主婦の仕事は多過ぎ

旦那の言い方にムカつく主婦は多いはずです。

そもそも主婦の仕事が多過ぎることが、そのイライラの原因にもなっています。

洗濯ひとつにしても、「昔と違い、今は洗濯機が洗ってくれるからラク」とは言われます。

確かに洗濯だらいと洗濯板を使って一枚一枚服を洗うなんて、気が遠くなりそうです。

しかし、そうは言っても、世の中のお母さん達は、「洗濯機に服と洗剤を入れて、ハイ終わり」とはいきません。

まず、汚れ物のなかで、泥やケチャップなど特に汚れたものは、あらかじめ予洗いしておきます。

お父さんや、お兄ちゃんの靴下が臭う時は、つけ置き洗いしておきます。

シワになったら困るものや、ややデリケートな服は、洗濯ネットに入れます。

それからやっと、洗濯に入ります。

この間に、食器を洗う人や、掃除機をかける人など、洗濯機が回っている間も休む暇がありません。

そして洗濯機が終わったら、洗濯物を干します。

全部がハンガーというわけにはいきませんから、靴下などの小物は洗濯ばさみで留めるなど、洗いものに合わせた干し方で、吊るしていきます。

途中でシャツなどのシワ伸ばしに、パンパンと手で洗いものを叩くことも忘れません。

これで洗濯物が終わりか、まだ残っている洗濯物に取り掛かります。

「たかが、洗濯一つに細かく説明してきて面倒だな」と思う人もいると思いますが、たかがと思うのは、自分がやってないからです。

これらの事をお母さん達は、無償でいつもやってくれているのです。

あと、乾いた洗濯物を取り込んで畳んで、タンスにしまうのも残っていますよ。

ムカつく旦那の言い方…。魅力に見えた部分も結婚してからは違って見えることも

ムカつく旦那の言い方に毎日腹を立てていませんか?

付き合っていた時は、魅力に見えた部分も結婚してからは違って見えることもありますよね。

いつもおしゃれで、痩せていてカッコよかった夫も、休みの日はいつもスウェット、中年太りでお腹も出てきたなんて事は、よく聞く話です。

他に、「いつもおごってくれて太っ腹だな」と頼もしく思えていたのに、「誰にでもおごるから家計が苦しい」と、金払いの良さが欠点に変わることもあります。

また、付き合っている時は、お互い良く見せようと無理することもよくあります。

ですので、結婚というゴールにたどり着いた事で、気が抜け、あんなに素敵だった人が、ムカつく人に変わってしまうのです。

そして、一番腹が立つのは、ただでさえ「太った?」とか「ちゃんと片付けなよ」と言われて腹が立つのに、言っている旦那のほうが太っていて片付けないことです。

奥さんはこんな旦那の言い方にムカつく!

「奥さんはこんな旦那の言い方にムカつく!!」

そのいくつかをあげていきましょう。

 

  • 「めんどくさい」
    何かお願いしたかったり、相談したくても、この一言でブチッとくる人も多いでしょう。
    仕事で疲れているのは、分かりますが、正直、家庭の事を見るのも仕事のひとつだと思っています。なぜならお母さんは、家が仕事場です。旦那さんは、その仕事場の監督や上司と言えます。部下や、従業員であるお母さんの相談に乗ったり、手助けするのが上司の務めです。
  • 「どっちでもいいよ」
    晩御飯のメニューひとつでも、イラッとするのに、子供や家の財政などの大切なことでもこのひとことで片付けられたら、こっちもやる気が無くなって来ます。「どっちでもいいよ」は、「どうでもいいよ」にも聞こえてきます。ただ、奥さんのほうでも気をつけてもらいたいのは、聞いておきながら意見を却下するのは、意外と旦那さんの心のダメージがけずられます。

旦那へのイライラ…プチストレス発散も必要

旦那へのイライラは、一度ムカついたら、しばらく消えませんよね。

そんな時は、プチストレス発散も必要です。

こんなストレス発散法は、いかがでしょうか。

自分だけのスイーツを買ってストレス発散

いつもは子供と分け合っていたりするから、大袋のお菓子などを食べている人も、たまには、コンビニや、ケーキ屋さんで売られているスイーツを買ってみませんか。

値段も500円以内で、美味しいものが数多くありますから、プチストレス発散にはうってつけです。

旦那をおいて一人で出掛ける

普段の外出と言えば、食材の買い出しや、子供の習い事の送り迎えなど、自分の為の外出なんて滅多にありません。

思い切って、子供を旦那に預けて、自分だけの時間を作ってみるのはどうでしょう。

出掛ける時は、「散らかさないでね」の一言も忘れないで下さい。

もし、帰ってきて、散らかっていても、散らかした旦那と子供に片付けさせれば良いだけです。

取り扱いの難しい旦那にはこんな方法で

「いくら言っても聞いてくれない!」取り扱いの難しい旦那にはこんな方法で、お手伝いさせましょう。

「○○して」ではなく、「○○してもらっても良いかな」と言い換えると効果的です。

自分に置き換えても、「アイロンかけといて」と投げやりに言われるより、「アイロンかけてもらっても良いかな」と言われたほうが、こちらもやってあげる気になりますよね。

よく、「旦那が家事を手伝ってくれない」と嘆く奥さん達がいますが、もしかしたら頼み方が悪いのかも知れません。

「やってよ」と強く言うよりは、「やってもらってもいい?」と言った方が相手も気持ち良く手伝ってくれます。

それでもダメだったら、「ごめん、助けて!」くらい言ってみましょう。

それから、終わった後も、「助かったよ、ありがとう」など感謝の気持ちも忘れずに伝えましょう。

 - 簡単な問いに対する答え