風邪でも朝ごはんは食べよう!パンでも大丈夫!食べたいレシピ

風邪をひいたみたい・・・。朝ごはんは食べた方がいいの?それとも胃腸に負担がかかるから食べないほうがいい?

風邪でも朝ご飯はしっかりと食べましょう!風邪の時こそ食べてください。

風邪のウイルスを排出するためにはエネルギーが必要です。パンでもいいので、しっかりとエネルギーを補給しましょう。季節の果物などがあればなおいいですね。

風邪をひいた時にオススメなパンを使ったレシピも紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ぬいぐるみの収納アイデア!大量のぬいぐるみの居場所を作る方法

どんどん増えるぬいぐるみの収納にお困りの方はいませんか?大きなぬいぐるみや、小さなこまごまとした...

バラの消毒方法について初心者でもわかるお手入れのポイント

バラを育てるには、消毒方法や水やり、病気対策などきちんとしたお手入れが必要です。バラを育てる...

タコさんウインナーが広がらない悩みを解決。切り方にコツあり

お弁当のおかずの定番のタコさんウインナーですが、足の部分が上手く広がらないというお悩みはありませんか...

アロマハンドクリームの作り方のコツと気をつけたい注意点

アロマハンドクリームの作り方は材料が揃えばどなたでも簡単です。水洗いなどで手が荒れてしまっても、自分...

ミョウガの収穫時期は?夏ミョウガと秋ミョウガの収穫と栽培方法

家庭菜園でミョウガを育てている人の中には、家庭菜園初心者の方もいますよね。ミョウガの収穫時期について...

色占いでピンクを選んだ女性の心理と色の持つ効果

色占いには、深層心理が隠れていると言われます。ピンクを選んだ女性はどのような心理なのでしょうか。...

ハムスターの初日の餌やりについて。水やケージの準備も万端に

ハムスターを自宅につれていく準備は出来ていますか。初日はどうやって迎えたらいいのか心配ですね...

法事の香典は新札か?法事に使用するお札と香典のマナーを解説

法事に香典を出すことになったとき、今まで香典を包んだことがなければ使用するお札は新札かどうかわからな...

保育園年少の入園式の特徴と準備しておきたいこと

春から子供を保育園の年少として入園させる場合、入園式があるかどうかが気になります。入園式はあ...

家の玄関の方角に迷ったときの決め方のポイントや気をつけること

家の玄関の方角を決めることで、他の部屋の配置や庭の位置などが変わってきますよね。なので、玄関の方角や...

髪にシャンプーの匂いを残す方法!これで男性からも好感度UP!

髪からシャンプーの良い匂いがする女性って憧れますよね。自分もそうなりたいって感じる人も多いのでは?...

夜にどうしてもカップラーメンが食べたいと思った時の対処法

夜、小腹が空いてカップラーメンが食べたいと思った経験がある人もいますよね。夜にカップラーメンを食べる...

韓国人男性は似てる人が多い!顔立ちの特徴と韓国人イケメンとは

韓国人男性の顔立ちのイメージは「塩顔でイケメン」ではないでしょうか。また韓国人男性は顔が似ている...

大学の入学祝いの相場の金額や渡すマナーとおすすめプレゼント

大学の入学祝いの相場について、どのくらいの金額を包むべきか悩む人も多いでしょう。例えば、甥っ子や...

交通違反は現行犯が基本だが携帯電話の場合はどうなるのか

交通違反といえば現行犯逮捕が基本になりますが、運転中の携帯電話についてはどうなるのでしょうか。...

スポンサーリンク

風邪でも朝ごはんはしっかり食べよう!パンでも良いですよ

風邪を引くと食欲も落ち、朝ごはんを食べる気力もない日もありますよね。喉が痛かったり、具合が悪いと余計に朝ごはんを食べる気が失せてしまいます。

しかし体調不良のときこそ朝ごはんを食べることが大切です。朝ごはんは風邪を引いた身体にとって重要なエネルギー源となります。

風を引いたときの様々な体調の変化は全てウイルスを体外に排出しようとする働きによるものです。その働きにはエネルギーが欠かせません。風邪のときこそ朝ごはんをしっかり食べることが、少しでも早く回復することへの近道です。

しかし風邪を引いているときにいつもどおりの朝ごはんのメニューを用意するのは大変ですよね。そんなときは無理せずに簡単なパン食でも十分です。

パンにはエネルギーの元である炭水化物がたくさん含まれています。身体機能の維持に欠かせないたんぱく質に、体調を整える役割のビタミンやミネラルも多い食品です。

少し余裕があれば卵やヨーグルト、果物などを一緒に取ると栄養バランスも整います。卵は消化に良いようにスクランブルエッグにするのがおすすめです。

つらい風邪の症状から1日でも早く開放されるために、朝ごはんはパンでも良いのでしっかり食べるようにしましょう。

風邪の時の朝ごはんはパンとご飯、消化にいいのは?

風邪のときでも朝ごはんはしっかり食べなければ回復を早めることはできません。しかし風邪を引いているときに朝からお米を炊くのが難しい日もあります。そんな時は簡単にパンで済ませても十分なエネルギーになってくれるという話をしましたが、ごはんとパンではどちらが消化に良いのでしょうか。

結論から言うと、パンもごはんも消化のスピードに大して差はありません。

しかし問題なのはパンに含まれる牛乳やバターなどの油分です。風邪を引いて胃腸が弱っているときに油分を摂ると、胃腸に負担をかけてしまいます。

どんなにシンプルに見えるパンでも、小麦と塩とイーストの他に、牛乳やバターなどの油、砂糖を使用して作っていることがほとんどです、パンに塗るバターやジャムも胃腸に負担をかけてしまいます。

風邪のときに食べるパンはなるべく油分の少ないシンプルなものを選ぶと良いでしょう。

風邪をひいた朝ごはんに食べたいパンのレシピ

風邪を引いた日の朝ごはんにおすすめの食パンのアレンジメニューをご紹介します。ただ食パンをそのまま食べるよりも、栄養のバランスも考えてちょっと一手間加えてみましょう。

風邪をひいた時は栄養満点の卵を使って!目玉焼きパンの作り方

  1. 弱火で温めたフライパンに薄く油を引き、卵を割り入れます。
  2. 箸で黄身に穴を開け、上から食パンをかぶせて軽く押し付けます。
  3. 1分経ったら皿に移し、塩こしょうで味をつけて完成です。

βカロテンが風邪に効く!ほうれん草のホットサンドの作り方

  1. ほうれん草は熱湯で茹でるか、電子レンジで加熱します。
  2. パンにバターを塗り、フライパンでバターを塗っていない方を下にして焼き色を付けます。
  3. バターを塗っている面にチーズ、千切った海苔、ほうれん草を乗せます。
  4. 醤油とマヨネーズを合わせた調味料を薄く乗せ、上からもう1枚のパンをかぶせてサンドイッチ状態にします。
  5. ひっくり返してもう片面にも焼き色が付いたら完成です。

風邪が喉が痛い時の朝ごはんにパン粥がオススメ

風邪を引いた日の朝ごはんはお手軽にパンでエネルギー補給をしましょう。より消化を良くするためにはパン粥がおすすめです。

喉が痛い朝も、温かいパン粥なら優しく喉を滑り落ちていってくれます。風邪を引いたお子様もこれなら喜んで食べてくれるかもしれません。

はちみつ入りで身体に優しく、咳止めなどにも効果があります。はちみつには強い殺菌力もあるので、風を引いたときはぜひ朝ごはんに作って食べてみてくださいね。

優しいはちみつ味のパン粥の作り方

  1. 鍋に牛乳か豆乳を2カップ入れます。
  2. 食べやすい大きさに千切ったパンを加えて中火にかけます。
  3. 少し沸騰してきたら弱火にして3分温めます。
  4. 火を止めてからはちみつ大さじ1を加え混ぜます。

朝ごはんは大事です! パンやご飯を食べよう!

風邪を引いているときはもちろん、風邪を引いていないときだって朝ごはんを食べることはとっても大切なことです。朝ごはんを食べないと、なんとなく身体や頭がボーっとして家事もはかどらないような気がしませんか?

それは朝ごはんを食べなかったために、身体に栄養が行き渡っていない状態だからです。風邪を引いたときは身体からウイルスを排出するためにも朝ごはんが大切ですが、普段の生活でも1日の活動のために朝ごはんのエネルギーは欠かせません。

普段から朝ごはんを食べる習慣を身に付けていれば、いざ風邪を引いてしまったときにも大丈夫です。あわてずに普段通りの生活を送るだけで、身体の免疫力は維持されるはずです。

朝ごはんを習慣にして、風邪を引きにくい身体作りを心がけましょう。