風邪でも朝ごはんは食べよう!パンでも大丈夫!食べたいレシピ

風邪をひいたみたい・・・。朝ごはんは食べた方がいいの?それとも胃腸に負担がかかるから食べないほうがいい?

風邪でも朝ご飯はしっかりと食べましょう!風邪の時こそ食べてください。

風邪のウイルスを排出するためにはエネルギーが必要です。パンでもいいので、しっかりとエネルギーを補給しましょう。季節の果物などがあればなおいいですね。

風邪をひいた時にオススメなパンを使ったレシピも紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

魚のアラは正しい下処理で臭みなく!魚の味噌汁の作り方

魚のアラを使った味噌汁はお店などで食べるととても美味しいですが、いざ自分で調理しようと思うと、アラの...

部屋のドアの隙間をなくしたいときに試したい方法

部屋のドアに隙間があると、寒い冬なんかは床下がスースーして寒いものです。なんとか隙間をなくしたい!と...

ハムスターの疑似冬眠は時間が勝負!適切な処置をしよう

ハムスターには「疑似冬眠」があり、もしそうだった場合は時間が勝負です。すぐに適切な処置をしないと...

アイプチはアイシャドウの先?後?テカるのをなんとかしたい

アイプチしてからアイシャドウ?アイシャドウしてからアイプチ?今の主流は、アイシャドウから...

日本で面積が一番小さい県と世界で一番小さい国について解説

日本の中で面積が小さい県は「大阪府」だと聞いたことはありませんか。しかし、今は「香川県」が一番面積が...

親が過干渉!大学生になったら親は関わり過ぎずに子供に自立を!

大学生になっても親の過干渉で悩んでいるという人もいます。過干渉の親は、自分が過干渉だということに気が...

息子の一人暮らしは母親の子離れタイミング!心配でもできること

息子の一人暮らしは母親にとってはとても心配な出来事ですよね。いくつになっても子供は親にとって...

愚痴と悪口の違いは?具体的な違いと言う人・言わない人の特徴

世の中には愚痴や悪口を言う人がいますが、愚痴と悪口の違いは一体何なのかご存知でしょうか。愚痴も悪口も...

セラミックのフライパンが焦げる理由と正しいお手入れ方法

焦げないことがメリットのセラミックのフライパン。しかし、実際に使ってみると「焦げた」という人が多いと...

ロマンスカーの展望席の予約裏技を大公開!今すぐチェック

ロマンスカーの展望席から眺める景色は格別!予約困難な席ですが、予約裏技があるの知っていますか?あ...

テニスの点数の仕組みを理解して、10倍楽しく試合を見よう

テレビでテニスの試合を見ていると、野球やサッカーとは違った点数の仕組みがよくわからない人も多いのでは...

アメリカは赤信号でも歩行者が渡るのが常識?日本と違う交通事情

アメリカは車社会。歩行者が道路を横断する時に確認する信号機ですが、日本とはだいぶ事情が違うようです。...

タッパーを弁当箱に!詰め方次第で美味しい・嬉しいメリットが

お弁当箱の代わりに、タッパーを使ってお弁当を持参している人もいるのではないでしょうか。タッパ...

子猫は甘えん坊がカワイイ!育て方と性格の関係性について

子猫は遊ぶのが大好きで、飼い主に対しても甘えん坊でかわいいですよね。ちょっといたずらをされて...

赤ちゃんに嫌われてる?母親が抱っこをすると泣く理由と対処法

初めて赤ちゃんを出産して、毎日一生懸命育児を頑張っているママたちの中には、母親が赤ちゃんを抱っこする...

スポンサーリンク

風邪でも朝ごはんはしっかり食べよう!パンでも良いですよ

風邪を引くと食欲も落ち、朝ごはんを食べる気力もない日もありますよね。喉が痛かったり、具合が悪いと余計に朝ごはんを食べる気が失せてしまいます。

しかし体調不良のときこそ朝ごはんを食べることが大切です。朝ごはんは風邪を引いた身体にとって重要なエネルギー源となります。

風を引いたときの様々な体調の変化は全てウイルスを体外に排出しようとする働きによるものです。その働きにはエネルギーが欠かせません。風邪のときこそ朝ごはんをしっかり食べることが、少しでも早く回復することへの近道です。

しかし風邪を引いているときにいつもどおりの朝ごはんのメニューを用意するのは大変ですよね。そんなときは無理せずに簡単なパン食でも十分です。

パンにはエネルギーの元である炭水化物がたくさん含まれています。身体機能の維持に欠かせないたんぱく質に、体調を整える役割のビタミンやミネラルも多い食品です。

少し余裕があれば卵やヨーグルト、果物などを一緒に取ると栄養バランスも整います。卵は消化に良いようにスクランブルエッグにするのがおすすめです。

つらい風邪の症状から1日でも早く開放されるために、朝ごはんはパンでも良いのでしっかり食べるようにしましょう。

風邪の時の朝ごはんはパンとご飯、消化にいいのは?

風邪のときでも朝ごはんはしっかり食べなければ回復を早めることはできません。しかし風邪を引いているときに朝からお米を炊くのが難しい日もあります。そんな時は簡単にパンで済ませても十分なエネルギーになってくれるという話をしましたが、ごはんとパンではどちらが消化に良いのでしょうか。

結論から言うと、パンもごはんも消化のスピードに大して差はありません。

しかし問題なのはパンに含まれる牛乳やバターなどの油分です。風邪を引いて胃腸が弱っているときに油分を摂ると、胃腸に負担をかけてしまいます。

どんなにシンプルに見えるパンでも、小麦と塩とイーストの他に、牛乳やバターなどの油、砂糖を使用して作っていることがほとんどです、パンに塗るバターやジャムも胃腸に負担をかけてしまいます。

風邪のときに食べるパンはなるべく油分の少ないシンプルなものを選ぶと良いでしょう。

風邪をひいた朝ごはんに食べたいパンのレシピ

風邪を引いた日の朝ごはんにおすすめの食パンのアレンジメニューをご紹介します。ただ食パンをそのまま食べるよりも、栄養のバランスも考えてちょっと一手間加えてみましょう。

風邪をひいた時は栄養満点の卵を使って!目玉焼きパンの作り方

  1. 弱火で温めたフライパンに薄く油を引き、卵を割り入れます。
  2. 箸で黄身に穴を開け、上から食パンをかぶせて軽く押し付けます。
  3. 1分経ったら皿に移し、塩こしょうで味をつけて完成です。

βカロテンが風邪に効く!ほうれん草のホットサンドの作り方

  1. ほうれん草は熱湯で茹でるか、電子レンジで加熱します。
  2. パンにバターを塗り、フライパンでバターを塗っていない方を下にして焼き色を付けます。
  3. バターを塗っている面にチーズ、千切った海苔、ほうれん草を乗せます。
  4. 醤油とマヨネーズを合わせた調味料を薄く乗せ、上からもう1枚のパンをかぶせてサンドイッチ状態にします。
  5. ひっくり返してもう片面にも焼き色が付いたら完成です。

風邪が喉が痛い時の朝ごはんにパン粥がオススメ

風邪を引いた日の朝ごはんはお手軽にパンでエネルギー補給をしましょう。より消化を良くするためにはパン粥がおすすめです。

喉が痛い朝も、温かいパン粥なら優しく喉を滑り落ちていってくれます。風邪を引いたお子様もこれなら喜んで食べてくれるかもしれません。

はちみつ入りで身体に優しく、咳止めなどにも効果があります。はちみつには強い殺菌力もあるので、風を引いたときはぜひ朝ごはんに作って食べてみてくださいね。

優しいはちみつ味のパン粥の作り方

  1. 鍋に牛乳か豆乳を2カップ入れます。
  2. 食べやすい大きさに千切ったパンを加えて中火にかけます。
  3. 少し沸騰してきたら弱火にして3分温めます。
  4. 火を止めてからはちみつ大さじ1を加え混ぜます。

朝ごはんは大事です! パンやご飯を食べよう!

風邪を引いているときはもちろん、風邪を引いていないときだって朝ごはんを食べることはとっても大切なことです。朝ごはんを食べないと、なんとなく身体や頭がボーっとして家事もはかどらないような気がしませんか?

それは朝ごはんを食べなかったために、身体に栄養が行き渡っていない状態だからです。風邪を引いたときは身体からウイルスを排出するためにも朝ごはんが大切ですが、普段の生活でも1日の活動のために朝ごはんのエネルギーは欠かせません。

普段から朝ごはんを食べる習慣を身に付けていれば、いざ風邪を引いてしまったときにも大丈夫です。あわてずに普段通りの生活を送るだけで、身体の免疫力は維持されるはずです。

朝ごはんを習慣にして、風邪を引きにくい身体作りを心がけましょう。