掛け布団と毛布がずれるのはどうして?毛布がずれるのを防ぐ方法

掛け布団と毛布が寝ている間にいつの間にかずれるのはどうしてでしょうか?

そんなに寝相が悪いわけではなくとも、朝方毛布が足元にいってしまうことってありますよね。

子どものときには、お父さんやお母さんが直してくれていましたが大人の場合はどうしてらいいのでしょうか?おすすめなアイテムやずれないようにする方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ナンバープレートが盗難にあったら保険は使えるのか徹底解説

車上荒らしによってカーナビなどが盗難にあうケースが増えていますが、実はナンバープレートの盗難も多いと...

前髪を自分で切る割合は多い!失敗しないカットのポイントとは

前髪だけは自分で切るという人の割合は意外と多いそうです。もちろん、前髪だけでも美容室に行くという人も...

木綿VS絹ごし、麻婆豆腐に合う豆腐の紹介と美味しくするコツ

麻婆豆腐はふんわりとした豆腐が美味しいですね。この豆腐、木綿と絹ごしあなたはどちらを使っています...

アラフィフ独身女性の実家暮らしは悩みばかり?その実態とは

「アラサー」という言葉が生まれてから50代前後の人を「アラフィフ」を呼ぶようになりましたが、アラフィ...

テニスの点数の仕組みを理解して、10倍楽しく試合を見よう

テレビでテニスの試合を見ていると、野球やサッカーとは違った点数の仕組みがよくわからない人も多いのでは...

七五三の着物は母方が準備?子供の七五三の着物と初穂料について

子供の七五三を控え、着物を誰が用意するものなのか知りたい人もいるのではないでしょうか。母方の実家が用...

独身者が多い会社にはこんな理由が!?日本のリアル結婚事情

会社によって独身者が多い会社、逆に既婚者が多い会社というのはあるのでしょうか?調べてみると、やは...

味噌汁に入れる豆腐の基本の切り方。まな板か手のひらで切るか

味噌汁に豆腐を入れるときに、豆腐の切り方や大きさは育った家庭によってバラバラだと思います。お...

玄関のタイルをDIYで貼り替える方法と貼替え時の注意点

玄関の古いタイルを新しいタイルにしたいなら、思い切ってDIYに挑戦してみませんか?プロに頼むのも...

窓サッシから入り込む隙間風対策!簡単な方法と窓の調整法を解説

築年数の古い家に住んでいると、窓サッシから入り込む寒い隙間風が気になってしまうことがあります。...

漢検準1級の効率的な勉強法とは?短期間で一発合格を目指そう

履歴書に書くなら漢検2級まで取得しておけば十分ですが、やっぱり準1級に挑戦してみたいですよね。...

セキセイインコの寿命を人間年齢に例えると何歳?長生をさせよう

セキセイインコを飼育している人の中には、セキセイインコの寿命を人間年齢に例えると一体何歳なのか気にな...

化学か物理かどっちを選択するかで迷った時の考え方

理系生徒が授業選択や受験科目を選択する時に悩むのが、化学か物理のどっちにするかです。私立の理...

川エビのミナミヌマエビの飼い方!初心者向け飼育の基本

川エビの一種、ミナミヌマエビは育てやすく、初心者にも育てやすい種類です。大きさも小さめで、透明なかわ...

まつげに白髪が生える原因と対策・長い時間目を酷使するのはNG

ふと鏡を見ると、まつげに白髪が生えているのを発見!まつげに白髪が生えるなんて思っても見なかったという...

スポンサーリンク

掛け布団と毛布、ずれる人はここに注意をしてみて!

夜寝る前は掛け布団と毛布を重ねて気持ちよく就寝したはずなのに、気がつくと毛布がない!掛け布団がない!なんてことありますよね。

特に子どもの場合は、どちらかがない事は日常茶飯事です!多分この場合は寝相が関係しています。

しかし大人になって寝相が悪いわけでもないのに、布団がずり落ちるのは何が理由なのでしょうか。

考えられるのは布団と毛布の順番!また素材の相性も関係してきます。

あなたはどのような順番で毛布を使用していますか?毛布の上に掛け布団?それとも掛け布団の上に毛布?

もし毛布の上に羽毛の掛け布団を使用している場合には、羽毛布団が軽いためにずれてしまっている可能性があります。

また保温性から見た点でも、掛け布団の上に毛布というのが理想的なんです。

布団のかけ方を間違っていた。と言う方は一度、逆のかけ方で寝てみてください。布団がずれ落ちずに朝まで眠れることもありますよ。

掛け布団と毛布がずれるのは仕方ない!

大人は子どもに比べると寝相が良い方が多いと思いますが、それでも掛け布団と毛布がずれる場合があります。

その理由の一つは最初にお話したように布団のかけ方の順番です。しかし順番どおりでも布団がずれてしまう事がありますよね。

掛け布団と毛布がずれる理由は寝相というよりも寝返りが原因

寝相が悪いのではなく、寝返りを打つ時にずれてしまうのです。
そして寝返りをうつのは当たり前の事なので、布団のずれを気にして、寝返りをうたないようにするということは体に無理がかかり、睡眠の妨げになる可能性があります。

ではどうするのが良いのか?ずれないように固定してしまえば良いのです!

布団の掛け布団と毛布をしっかりと固定してくれる、ずれ防止用グッズなども販売されています。

このように物理的にずり落ちないような方法を考えてみると、意外と色々な方法も見えてきます。

これは、また後ほどご紹介しますね。

掛け布団と毛布がずれるのは毛布のかけ方が間違っているせい?

掛け布団の上に毛布!というのは布団の保温性を考えた場合、より良い布団のかけ方です。

そして羽根布団などの軽い掛け布団を使用している方は、少し重みのある毛布を上にかけることで、布団がずれるのも防止してくれます。

この方法でも布団がずれてしまう場合には、羽根布団のカバーと毛布の相性を考えてみてください!どちらがかがツルツル!または両方ツルツルという場合には、繊維の摩擦が生まれずにスルッと、上にかけた毛布がずり落ちてしまいます。

布団を覆うカバーの品質表示も確認してみてくださいね。

そしてそれでもダメならずれ防止グッズを!また保温性が良いのは知っているけど、毛布の質感を重視したい!気持ちが良い質感が肌に触れるようにしたい!そのような方もグッズを利用すると良いでしょう。

掛け布団や毛布がずれるのを防ぐにはどうしたらいい?

布団ずれ落ち防止グッズが役に立ちますよ!というお話をしましたが、他にも物理的にずれ落ちを予防する方法があります。

ずれ落ちる方向が決まっている場合はベッドの壁の位置を利用する

布団がずれ落ちるのが一定の方向なのは、寝返りにクセがあったり、何かしら夜寝ている時にずれ落ちる行動をとっているはずです。

それを利用してずれ落ちる方向を壁側にするのです!これなら朝起きてもベッドから布団が落ちていることがなくなります。

壁側にベッドをつける事が出来なくても、布団が落ちないような物体があればOKです。子ども用の転落防止の作なども役立ちます。

また最近は保温性に優れた寝具が多くなりました。寝ているうちに暖かくなりすぎて、自ら布団を落としている可能性もあります。

そのような場合は寝具自体を見直して、季節にあったものを使用してくださいね。

掛け布団と毛布がずれることのない寝具とは?

自分ひとりでベッドを利用しているのなら、寝具を変えてみたりと調整することも可能です。

しかしダブルベッドなどを利用して2人で眠る場合には、布団がずれてしまってもなかなか直すことが難しくなります。

そこで究極のずれない掛け布団はないのか?考えてみると、体を布団にすっぽり囲んでしまえば、ずれなんて関係がない事に気がつきます。

ホテルのベッドのようにシーツとシーツの間に挟まって眠る?毎日ベッドメイキングが大変そうですね。

このように布団をまとって眠る方法は?と考えていくと、思い当たるのはキャンプなどで使用する寝袋です。

寝袋は一人用だと思いがちですが、一人用をチャックでつなぎ合えば、二人で眠ることも可能な大きな寝袋を作ることも出来ます。

もちろん一人でベッドに寝ているけど、朝になると布団がずり落ちてしまう!なんて方にもオススメの究極の方法です。

どうしても!というときには、寝袋の使用も考えてみてください。