掛け布団と毛布がずれるのはどうして?毛布がずれるのを防ぐ方法

掛け布団と毛布が寝ている間にいつの間にかずれるのはどうしてでしょうか?

そんなに寝相が悪いわけではなくとも、朝方毛布が足元にいってしまうことってありますよね。

子どものときには、お父さんやお母さんが直してくれていましたが大人の場合はどうしてらいいのでしょうか?おすすめなアイテムやずれないようにする方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

授業中に寝るのがばれないコツと睡魔に打ち勝つ寝ない方法

授業中に寝るのがばれないコツはあるのでしょうか。寝る体勢や座席によっても先生にばれずに寝るコ...

おみくじの恋愛運が『あきらめなさい』そんな時でも解決策はある

お正月には、毎年神社に初詣に行き、おみくじを引くと言う方は多いですよね。または、旅行で訪れた先の...

幼稚園のランチ会の進め方とは?幹事でもこの流れでいけば大丈夫

幼稚園のランチ会で幹事となったときにはどんな進め方をしたらいいのでしょうか?一番、緊張するラ...

中国人観光客が日本に押し寄せる理由について調べた

日本国内で中国人観光客を見ない日はありません。それくらい日本には中国人観光客が押し寄せるのですが、な...

部活の引退が遅いと受験勉強に響く?成功するタイプとは

部活の引退が遅いのは、本人よりも親が心配になってしまいますよね。しかし、部活を最後まで精一杯させてあ...

運転中のこんな行動にイライラ!助手席の人のマナーは大切です

長距離を運転しているときやドライブに出かける時など、誰かを助手席に乗せて運転をしたり、誰かの助手席に...

スモック【保育園・幼稚園用】の簡単かわいいアレンジアイデア

保育園や幼稚園で着るスモック。もう少しかわいくアレンジしたいと思うことがあると思います。そこで、...

知り合いの父親が亡くなった時にかける言葉。ベストな言葉選び

友人や会社の人など身近な人の父親が亡くなったといういう突然の訃報に、なんて声を掛けていいのかよくわか...

職場の虐めは残念ながらどこでもある。自分の身は自分で守ろう

「職場の虐めはどこでもあるものなの?」そう思っているあなたはきっと幸せな人です。残念ながら職場の虐め...

バラの消毒方法について初心者でもわかるお手入れのポイント

バラを育てるには、消毒方法や水やり、病気対策などきちんとしたお手入れが必要です。バラを育てる...

yシャツの黄ばみを落とす重曹の使い方!頑固な黄ばみの落とし方

きれいに洗濯しているはずなのに、気付くと薄っすらと付いているYシャツの黄ばみ。特に襟周りが気にな...

ハムスターがトイレ砂で砂浴びはOK?砂浴びの役割と対処法

ハムスターがトイレ砂で砂浴びをしてしまう事に頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。ト...

反抗期の息子。母子家庭だからひどいの?母子家庭は関係ない!

反抗期の息子。どのように接していいのか悩んでしまう…。ウチが母子家庭だから、こんなにもひどい...

大学に行ったら彼氏・彼女ができるって思ってたのにできないよ!

大学へ進学したら彼氏や彼女ができる!そう、感じていたのに実際のところは…高校のように...

自転車に乗れるようになるには?子供の自転車練習方法

子供から自転車に乗りたいと言われたら、どのようにしてサポートしてあげたらいいのでしょうか?自...

スポンサーリンク

掛け布団と毛布、ずれる人はここに注意をしてみて!

夜寝る前は掛け布団と毛布を重ねて気持ちよく就寝したはずなのに、気がつくと毛布がない!掛け布団がない!なんてことありますよね。

特に子どもの場合は、どちらかがない事は日常茶飯事です!多分この場合は寝相が関係しています。

しかし大人になって寝相が悪いわけでもないのに、布団がずり落ちるのは何が理由なのでしょうか。

考えられるのは布団と毛布の順番!また素材の相性も関係してきます。

あなたはどのような順番で毛布を使用していますか?毛布の上に掛け布団?それとも掛け布団の上に毛布?

もし毛布の上に羽毛の掛け布団を使用している場合には、羽毛布団が軽いためにずれてしまっている可能性があります。

また保温性から見た点でも、掛け布団の上に毛布というのが理想的なんです。

布団のかけ方を間違っていた。と言う方は一度、逆のかけ方で寝てみてください。布団がずれ落ちずに朝まで眠れることもありますよ。

掛け布団と毛布がずれるのは仕方ない!

大人は子どもに比べると寝相が良い方が多いと思いますが、それでも掛け布団と毛布がずれる場合があります。

その理由の一つは最初にお話したように布団のかけ方の順番です。しかし順番どおりでも布団がずれてしまう事がありますよね。

掛け布団と毛布がずれる理由は寝相というよりも寝返りが原因

寝相が悪いのではなく、寝返りを打つ時にずれてしまうのです。
そして寝返りをうつのは当たり前の事なので、布団のずれを気にして、寝返りをうたないようにするということは体に無理がかかり、睡眠の妨げになる可能性があります。

ではどうするのが良いのか?ずれないように固定してしまえば良いのです!

布団の掛け布団と毛布をしっかりと固定してくれる、ずれ防止用グッズなども販売されています。

このように物理的にずり落ちないような方法を考えてみると、意外と色々な方法も見えてきます。

これは、また後ほどご紹介しますね。

掛け布団と毛布がずれるのは毛布のかけ方が間違っているせい?

掛け布団の上に毛布!というのは布団の保温性を考えた場合、より良い布団のかけ方です。

そして羽根布団などの軽い掛け布団を使用している方は、少し重みのある毛布を上にかけることで、布団がずれるのも防止してくれます。

この方法でも布団がずれてしまう場合には、羽根布団のカバーと毛布の相性を考えてみてください!どちらがかがツルツル!または両方ツルツルという場合には、繊維の摩擦が生まれずにスルッと、上にかけた毛布がずり落ちてしまいます。

布団を覆うカバーの品質表示も確認してみてくださいね。

そしてそれでもダメならずれ防止グッズを!また保温性が良いのは知っているけど、毛布の質感を重視したい!気持ちが良い質感が肌に触れるようにしたい!そのような方もグッズを利用すると良いでしょう。

掛け布団や毛布がずれるのを防ぐにはどうしたらいい?

布団ずれ落ち防止グッズが役に立ちますよ!というお話をしましたが、他にも物理的にずれ落ちを予防する方法があります。

ずれ落ちる方向が決まっている場合はベッドの壁の位置を利用する

布団がずれ落ちるのが一定の方向なのは、寝返りにクセがあったり、何かしら夜寝ている時にずれ落ちる行動をとっているはずです。

それを利用してずれ落ちる方向を壁側にするのです!これなら朝起きてもベッドから布団が落ちていることがなくなります。

壁側にベッドをつける事が出来なくても、布団が落ちないような物体があればOKです。子ども用の転落防止の作なども役立ちます。

また最近は保温性に優れた寝具が多くなりました。寝ているうちに暖かくなりすぎて、自ら布団を落としている可能性もあります。

そのような場合は寝具自体を見直して、季節にあったものを使用してくださいね。

掛け布団と毛布がずれることのない寝具とは?

自分ひとりでベッドを利用しているのなら、寝具を変えてみたりと調整することも可能です。

しかしダブルベッドなどを利用して2人で眠る場合には、布団がずれてしまってもなかなか直すことが難しくなります。

そこで究極のずれない掛け布団はないのか?考えてみると、体を布団にすっぽり囲んでしまえば、ずれなんて関係がない事に気がつきます。

ホテルのベッドのようにシーツとシーツの間に挟まって眠る?毎日ベッドメイキングが大変そうですね。

このように布団をまとって眠る方法は?と考えていくと、思い当たるのはキャンプなどで使用する寝袋です。

寝袋は一人用だと思いがちですが、一人用をチャックでつなぎ合えば、二人で眠ることも可能な大きな寝袋を作ることも出来ます。

もちろん一人でベッドに寝ているけど、朝になると布団がずり落ちてしまう!なんて方にもオススメの究極の方法です。

どうしても!というときには、寝袋の使用も考えてみてください。