牛乳のペットボトルがない理由【日本】や保存期限と海外事情とは

牛乳はペットボトルでは販売されているのを見かけませんが、その理由はどうしてなのでしょうか?

では、もしも牛乳をペットボトルで保存するとしたら、それは可能なのでしょうか?保存できる期間とはどれくらい?

また、海外ではペットボトルで牛乳が販売されているのはどうしてなのでしょう?

そこで、日本で牛乳のペットボトルがない理由やその保存期限と海外事情などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

包丁の使い方の基本の握り方や姿勢と素材による切り方の違い

包丁は使い方の基本ができていなければ、調理も上達しません。では、包丁の基本的な使い方とは、置...

ぬいぐるみの収納アイデア!大量のぬいぐるみの居場所を作る方法

どんどん増えるぬいぐるみの収納にお困りの方はいませんか?大きなぬいぐるみや、小さなこまごまとした...

アメリカは赤信号でも歩行者が渡るのが常識?日本と違う交通事情

アメリカは車社会。歩行者が道路を横断する時に確認する信号機ですが、日本とはだいぶ事情が違うようです。...

野良猫を保護して鳴きやまないときの対処方法について

野良猫の保護をしてなかなか鳴きやまないときにはどのように接したらいいのでしょうか?はじめは威...

宝くじが当たるときには前兆が?コレが気になった時がチャンス

宝くじが当たるときにはこんな前兆があるそうです!?いったいどんな前兆があるのでしょうか?宝く...

小学校のバザーに出すもので、手作りの場合のポイント!

小学校でバザーはありますか?学校によって色んな細かいルールはあるようですが、子供のためならと...

冬は釣りが難しい?冬の川で釣れる魚を紹介します

釣りが大好きな人なら、夏とは言わず、春も秋も一年中釣りがしたいですよね。しかし、冬だけは話は別で...

柿の木にいる毛虫の駆除方法とは?種類に合わせて退治しよう

庭にある柿の木に最近毛虫がついている…。そんな場合、どうやって駆除すればいいのか悩みますよね。...

綺麗なママについ嫉妬してしまう!でも態度に出すのはNGです

綺麗なママって、何をしたわけでは無くても周りから嫉妬されてしまうことがあるんですよね・・・。...

タコさんウインナーが広がらない悩みを解決。切り方にコツあり

お弁当のおかずの定番のタコさんウインナーですが、足の部分が上手く広がらないというお悩みはありませんか...

自転車の塗装を自分でするときのコツや簡単にできる手順方法

自転車の塗装を自分でしてみたいと思っているあなた。自転車を長年使っているとだんだん塗装が剥げていくの...

夜中の電話は非常識?電話をかけてもいい時間帯は〇時まで

夜中に電話をかけるのは非常識なのはわかるけれど、その時間は何時までとなるのでしょうか?夜中でも電話を...

体が柔らかくなるストレッチ!毎日やると絶対に柔らかくなる!

体が固いと感じている人は多いものです。ですが諦めてはいけません!ストレッチを少しずつでも、毎...

肉じゃがはお弁当にNG?夏場は腐る可能性も!保存方法に注意を

肉じゃがはお弁当に入れると腐りやすいという話を聞いたこともありますよね。お弁当の保存状態や季節によっ...

セキセイインコがおしゃべりが上手で得意な理由!

犬や猫などのペットを飼育している人は、この子はどんな話をするんだろうと一度は話しをしてみたいと考えた...

スポンサーリンク

牛乳がペットボトルで販売されない理由とは?

スーパーやコンビニでは様々な飲料が販売されています。コーヒーは缶入りが主流なものの、お茶やジュースはそのほとんどがペットボトルです。

軽くて丈夫なペットボトルは、輸送や陳列にも便利であると同時に、繰り返し開閉できるキャップは消費者からも利便性が高いものです。

しかし、牛乳がペットボトルで売られているのは見たことがありませんよね?

その理由は、牛乳がお茶やジュース類と比較して栄養価が高く、雑菌が繁殖しやすいから。そのため、より衛生的に管理ができる紙パックやガラス瓶に入れて流通・販売されています。

牛乳は摂氏10以下での保存が必要ですが、ペットボトルでも冷蔵庫に保存すれば大丈夫な気がします。

ただ、ペットボトルに入った飲料は多くの場面で直接口をつけて飲まれています。繰り返し開閉できるキャップであることから、飲みかけのものを長時間持ち歩く可能性も出てきます。

そうなると長い時間、冷蔵されずに常温や高温にさらされる危険性が高くなり、気がつかないうちに雑菌が繁殖してしまうリスクが高くなります。

消費者に安全に牛乳を飲んでもらうために、牛乳の容器としてペットボトルは選ばれてこなかったのです。

牛乳がペットボトルで販売されない理由はコストにもある!

2007年になると牛乳を販売するメーカーや生産者からの強い要望で、ペットボトルを使った牛乳の販売が許可されました。

しかし、現在も牛乳がペットボトルで販売されているのを見ることはほとんどありませんよね?

実はペットボトル入りの牛乳を作るには、衛生管理の面からこれまであるペットボトルでは使えないのです。

牛乳専用のペットボトルや詰めるためのシステムを準備する必要があり、これには莫大な経費がかかってしまいます。

そうなれば、当然牛乳の販売価格も高くなってしまいます。紙パックやガラス瓶のものと比較して、1.5~3倍にも跳ね上がるのです。

この価格では、あえてペットボトル入りの牛乳を選ぶ消費者は少ないでしょう。

これでは法的・技術的には牛乳をペットボトルに入れて販売することは可能であっても、すぐに一般的に使われるようにはならないでしょう。

海外ではペットボトルで牛乳が販売される理由は?

コストや衛生面の問題でペットボトル入りの牛乳はほとんどありませんが、実は海外ではすでにペットボトルで牛乳が販売されるのが主流になっています。

特にアメリカでは、スーパーなどで売られる多くの牛乳がペットボトルのもの。日本では難しいペットボトル牛乳が、海外ではOKなのはどうしてでしょうか。

それはペットボトルに施される「超高温殺菌処理」のためです。高い温度で殺菌処理するため、栄養価が高くて雑菌の繁殖しやすい牛乳もペットボトルでの販売が可能なのです。

未開封であれば数ヶ月も常温保存ができるので、たくさんまとめ買いしておくことも可能ですね。

一般的な1リットルの紙パックでは、すぐに無くなってしまうという消費の多い家庭では羨ましく感じてしまうでしょう。

牛乳はペットボトルで保存することは可能なの?

牛乳の入った紙パックを開封しようとして失敗すると、注ぎ口から垂れてしまったり見た目にも残念。ペットボトルならそんなことないし、きちんとフタが閉まって良さそうな感じ。

なら自宅で飲む牛乳ならペットボトルに移し変えて保存するのは可能でしょうか。

清潔なペットボトルであれば冷蔵保存を前提に開封から2~3日の保存は可能です。ただし、一度開封して空気に触れた牛乳は、雑菌が繁殖しやすく傷みやすくなるので早めに飲みきるようにしてください。

そして、ペットボトルにいれてフタが閉められるからといって外出時に持ち出すのは、基本的にやめておきましょう。

持ち歩くと、冷蔵庫に入れているよりも高い気温にさらされることになり、腐ってしまう危険性が高くなるためです。

牛乳パックのニューフェイスも登場!

ペットボトルでの牛乳の販売は定着しない日本ですが、2015年からは新たな容器も登場しています。

それは「キャップ付きテトラトップ」と呼ばれるものです。容器本体は従来の紙パックと同様ですが、注ぎ口にプラスチック製のキャップが付けているので、しっかりと密封することができます。

通常の紙パックは、一度開封すると注ぎ口を折り込んだだけなので、うっかり倒してこぼしてしまったり、開封時に破れてしまうという失敗がよくありました。

キャップ付きテトラトップなら、開けるのも簡単な上、しっかりと口が閉められてこぼしてしまう危険性も低くなりました。

もちろん、飲み終わったら解体してプラスチック部分を分けてから従来の紙パックと同じようにリサイクルできます。

今後、牛乳の流通には、これまでの紙パックに変わってキャップ付きテトラトップが広まっていくのかもしれませんね。