牛乳のペットボトルがない理由【日本】や保存期限と海外事情とは

牛乳はペットボトルでは販売されているのを見かけませんが、その理由はどうしてなのでしょうか?

では、もしも牛乳をペットボトルで保存するとしたら、それは可能なのでしょうか?保存できる期間とはどれくらい?

また、海外ではペットボトルで牛乳が販売されているのはどうしてなのでしょう?

そこで、日本で牛乳のペットボトルがない理由やその保存期限と海外事情などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

反抗期の息子。母子家庭だからひどいの?母子家庭は関係ない!

反抗期の息子。どのように接していいのか悩んでしまう…。ウチが母子家庭だから、こんなにもひどい...

証明写真を撮る時は前髪は眉毛にかからないようにしよう!

就活で証明写真を撮ることがありますが、前髪は面接官への印象を与えるとても重要なポイントとなるので注意...

ゴーヤの葉っぱがしおれる原因とゴーヤを栽培する時のポイント

ゴーヤを栽培している人の中には、ゴーヤの葉っぱがしおれることに頭を悩ませている人もいますよね。ゴ...

老後の一人暮らしが寂しいのではと心配です。

老後の一人暮らしを想像してみました。一人ぽつんと年老いた自分を想像して、なんだか寂しい気持ち...

おばあちゃんの誕生日に子供と一緒に作れる料理とスイーツ

おばあちゃんの誕生日をお家でお祝いする時には、お祝いのお料理を何にしようかと悩みますよね?また、...

旦那が怖い。話せない。それは異常な夫婦関係ですよ

旦那のことが怖い。突然怒り出すから、話せない。意見を言うことは許されない。そんな、夫婦関...

単位を取れない夢をよく見る!そんな夢をみるのには意味がある

単位を取れない夢。起きた後も後味が悪いです。私は卒業をしてから何年もたつのに未だに、そんな夢を見るこ...

職場にノースリーブはおばさん以前の問題!避けるべきアイテム

職場にノースリーブを着ていくと「おばさんなのに肌を見せて」と陰口を叩かれる、といった意見も耳にします...

髪にシャンプーの匂いを残す方法!これで男性からも好感度UP!

髪からシャンプーの良い匂いがする女性って憧れますよね。自分もそうなりたいって感じる人も多いのでは?...

猫が逃げたときの捕まえ方とは?探すポイントやコツを紹介

猫が逃げたときには慌ててしまいますが、まずは落ち着いてこの場所を探してみましょう。猫が逃げた...

韓国語の勉強法が知りたい!独学でも簡単に楽しくできるポイント

韓国のドラマを字幕無しでみたい!K-POPの歌を理解したい!色んな理由で韓国語を学んでみたいとい...

友達の嫉妬がめんどくさいときの対処法と上手な関わり方とは

友達からの嫉妬がめんどくさいと感じるときってありますよね。例えば、嫉妬深い友達とは時にその嫉...

授業中に寝るのがばれないコツと睡魔に打ち勝つ寝ない方法

授業中に寝るのがばれないコツはあるのでしょうか。寝る体勢や座席によっても先生にばれずに寝るコ...

主婦のランチは節約ランチ!毎日のランチの予算と節約アイデア

主婦が一人で食べるランチはどのようなものを食べているのか気になりませんか?主婦が家で一人で食べるラン...

犬に食べさせてはダメ!クッキーや食べ物は人間用の物を与えない

飼い主さんが食べている物を犬が欲しがることもあります。ですが、人間用のクッキーなどの食べ物を犬に与え...

スポンサーリンク

牛乳がペットボトルで販売されない理由とは?

スーパーやコンビニでは様々な飲料が販売されています。コーヒーは缶入りが主流なものの、お茶やジュースはそのほとんどがペットボトルです。

軽くて丈夫なペットボトルは、輸送や陳列にも便利であると同時に、繰り返し開閉できるキャップは消費者からも利便性が高いものです。

しかし、牛乳がペットボトルで売られているのは見たことがありませんよね?

その理由は、牛乳がお茶やジュース類と比較して栄養価が高く、雑菌が繁殖しやすいから。そのため、より衛生的に管理ができる紙パックやガラス瓶に入れて流通・販売されています。

牛乳は摂氏10以下での保存が必要ですが、ペットボトルでも冷蔵庫に保存すれば大丈夫な気がします。

ただ、ペットボトルに入った飲料は多くの場面で直接口をつけて飲まれています。繰り返し開閉できるキャップであることから、飲みかけのものを長時間持ち歩く可能性も出てきます。

そうなると長い時間、冷蔵されずに常温や高温にさらされる危険性が高くなり、気がつかないうちに雑菌が繁殖してしまうリスクが高くなります。

消費者に安全に牛乳を飲んでもらうために、牛乳の容器としてペットボトルは選ばれてこなかったのです。

牛乳がペットボトルで販売されない理由はコストにもある!

2007年になると牛乳を販売するメーカーや生産者からの強い要望で、ペットボトルを使った牛乳の販売が許可されました。

しかし、現在も牛乳がペットボトルで販売されているのを見ることはほとんどありませんよね?

実はペットボトル入りの牛乳を作るには、衛生管理の面からこれまであるペットボトルでは使えないのです。

牛乳専用のペットボトルや詰めるためのシステムを準備する必要があり、これには莫大な経費がかかってしまいます。

そうなれば、当然牛乳の販売価格も高くなってしまいます。紙パックやガラス瓶のものと比較して、1.5~3倍にも跳ね上がるのです。

この価格では、あえてペットボトル入りの牛乳を選ぶ消費者は少ないでしょう。

これでは法的・技術的には牛乳をペットボトルに入れて販売することは可能であっても、すぐに一般的に使われるようにはならないでしょう。

海外ではペットボトルで牛乳が販売される理由は?

コストや衛生面の問題でペットボトル入りの牛乳はほとんどありませんが、実は海外ではすでにペットボトルで牛乳が販売されるのが主流になっています。

特にアメリカでは、スーパーなどで売られる多くの牛乳がペットボトルのもの。日本では難しいペットボトル牛乳が、海外ではOKなのはどうしてでしょうか。

それはペットボトルに施される「超高温殺菌処理」のためです。高い温度で殺菌処理するため、栄養価が高くて雑菌の繁殖しやすい牛乳もペットボトルでの販売が可能なのです。

未開封であれば数ヶ月も常温保存ができるので、たくさんまとめ買いしておくことも可能ですね。

一般的な1リットルの紙パックでは、すぐに無くなってしまうという消費の多い家庭では羨ましく感じてしまうでしょう。

牛乳はペットボトルで保存することは可能なの?

牛乳の入った紙パックを開封しようとして失敗すると、注ぎ口から垂れてしまったり見た目にも残念。ペットボトルならそんなことないし、きちんとフタが閉まって良さそうな感じ。

なら自宅で飲む牛乳ならペットボトルに移し変えて保存するのは可能でしょうか。

清潔なペットボトルであれば冷蔵保存を前提に開封から2~3日の保存は可能です。ただし、一度開封して空気に触れた牛乳は、雑菌が繁殖しやすく傷みやすくなるので早めに飲みきるようにしてください。

そして、ペットボトルにいれてフタが閉められるからといって外出時に持ち出すのは、基本的にやめておきましょう。

持ち歩くと、冷蔵庫に入れているよりも高い気温にさらされることになり、腐ってしまう危険性が高くなるためです。

牛乳パックのニューフェイスも登場!

ペットボトルでの牛乳の販売は定着しない日本ですが、2015年からは新たな容器も登場しています。

それは「キャップ付きテトラトップ」と呼ばれるものです。容器本体は従来の紙パックと同様ですが、注ぎ口にプラスチック製のキャップが付けているので、しっかりと密封することができます。

通常の紙パックは、一度開封すると注ぎ口を折り込んだだけなので、うっかり倒してこぼしてしまったり、開封時に破れてしまうという失敗がよくありました。

キャップ付きテトラトップなら、開けるのも簡単な上、しっかりと口が閉められてこぼしてしまう危険性も低くなりました。

もちろん、飲み終わったら解体してプラスチック部分を分けてから従来の紙パックと同じようにリサイクルできます。

今後、牛乳の流通には、これまでの紙パックに変わってキャップ付きテトラトップが広まっていくのかもしれませんね。