長ネギのみじん切りの方法はこれで一発!細かいみじん切りの方法

長ネギは料理に欠かせない野菜の一つで、色んなメニューの名脇役として登場しますね。
薬味としても人気ですが、長ネギのみじん切りがなかなか難しいと思っている人も多いようです。

皮の部分がつながってしまったり、細かいみじん切りにならなかったりするとあまり美味しくないものです。

そこで上手に長ネギをみじん切りする方法を紹介します!
一発でみじん切りが完成しますよ!

切りやすくする為に、包丁やまな板の準備も万全にしておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

地球の傾きの理由!地球の傾きは何度?地球の傾きと四季について

地球は少し傾いていますよね。でも、どうして傾いているのか、その理由を知らない人も多いと思います。私達...

子犬の噛み癖は2ヶ月でもしっかりと直そう!その方法を教えます

生後2ヶ月のかわいい子犬。しかし、噛み癖に悩まされている飼い主も多いと言われています。 しかし...

8ヶ月の赤ちゃんの昼寝。起こす?起こさない?

8ヶ月の赤ちゃん。 起こさないと、いつまでも昼寝を続けてしまいます。 でも、せっかく気持ちよく寝...

快適な温度とは?室内の過ごしやすい温度や湿度をご紹介

快適に過ごせる室内の温度はいったいどのくらいなのでしょうか? 過ごしやすい室内の温度は、季節によって...

旦那がケチ過ぎてムカつく!離婚する前にちょっと考えてみて!

旦那がケチで、ケチすぎて離婚したい! でも、ちょっと待って! 浪費家の旦那より、ケチな旦那の...

水彩色鉛筆の使い方!初心者向けのポイントやコツを紹介します

水彩色鉛筆の使い方は初心者には難しい?普通の色鉛筆よりもなんだか敷居の高い水彩色鉛筆ですが、コツやポ...

独身者が多い会社にはこんな理由が!?日本のリアル結婚事情

会社によって独身者が多い会社、逆に既婚者が多い会社というのはあるのでしょうか? 調べてみると、やは...

友達から遊びに誘われない理由と誘われる人になるための方法

ようやく大学に入ってできた友達。でも、遊びに行く時はいつも自分が誘ってばかりで、友達からは誘われない...

クマを隠すメイク術とは?クマの種類によってメイク方法は違う

クマがあると疲れた印象になってしまいますよね。 自分としては沢山寝ているつもりでもクマは出現します...

アロマの香りを長持ちさせる方法とは?場所に合わせる事が大切

アロマの香りを長持ちさせるにはどのような方法があるのでしょうか?アロマの香りは使い始めは丁度良くても...

玄関のタイルに付着する白い粉の正体と掃除に必要な物と手順

ふと見た時に、玄関のタイルの部分に白い粉のような物が付着していることはありませんか? どこから...

部屋に蜘蛛が!でも大きい蜘蛛ならそっとしておく手もある

部屋に蜘蛛がいるだけでもびっくりしますが、それが大きい蜘蛛だともっと怖いものです。 すぐに追い...

卵の白身が濁ってるのは新鮮なしるし?卵の鮮度について

卵の白身が濁ってると、もしかしてこれは古い卵なのでは…と思ったことはありませんか? 卵かけご飯やす...

友達は大好きだけどどうして嫉妬するの?嫉妬の原因と対処法

仲が良くて、いつも一緒に遊んでいる大好きな友達に「嫉妬」の気持ちを持った経験がありますか? いつも...

鉄のフライパンに必要な「最初の手入れ」と「普段の手入れ」

鉄のフライパンは熱の伝わりが良いので、料理の仕上がりに違いが出ます。またフライパンのままオーブンで加...

スポンサーリンク

長ネギのみじん切りは難しい!斜めに切る方法があります

長ネギのみじん切りの多くの使い道は薬味だと思います。
薬味としての切り方も様々ですが、その中でもみじん切りをもっと効率よく切りたいという声を多く耳にします。

みなさんは長ネギのみじん切りの方法はどのように切っていますか。

みんながやっている長ネギのみじん切りの方法

やっている人も多いと思いますが、長ネギのミジン切りの定番の方法を紹介します。

長ネギは細長いですがみじん切りにする分だけ切り根本を切り落とします。
長ネギを切り落とさない程度だいたい深さ3分の2程度まで3~5ミリの間隔で切り込みをいれます。
この時包丁は長ネギを斜め切りするように持つと切り込みを入れやすいですよ。
次に切込みを入れた表面を下にし裏側も同じように切り込みを入れます。
このように先に長ネギに切り込みを入れることで、長ネギを端から切っていくとみじん切りになります。

切り込みと最後に切り感覚が広ければ広いほど大きなみじん切りになり細ければ、細かなみじん切りなりますので、用途と好みに合わせてみじん切りを作ってくださいね。

長ネギのみじん切りで縦に切り込みを入れて切る方法

切り込みを入れてからみじん切りにしていく方法は前述で述べましたが、みじん切りの大きさは切り込みや切る感覚で自分の好みや用途に合わせられます。

細かいみじん切りにしたかったらネギを回しながら6~7本程度切り込みを入れていきましょう。
大きいみじん切は回しながら2~3本が目安となります。

この目安を覚えておくと、後から切れた長ネギを更に包丁で細かくみじん切りにしなくても、後手間が必要ないくらい一発でみじん切りが決まりますので最も効率が良いでしょう。

長ネギは細長く固くて太いネギもあれば細く柔らかいネギもありますので、みじん切りしずらい野菜でもありますが、この定番な方法を覚えておくことで料理初心者の方でも簡単に長ネギのみじん切りを作ることができますね。

長ネギのみじん切りの方法がわかったら道具の準備も万全に

長ネギはみじん切り、輪切り、斜め切りにして使う事が多いと思いますが、やっと切ったと思ったら後から皮がつながって2度手間になってしまうことありませんか。
刺し身のイカやタコ、そして漬物のたくあんがこのような現象になりやすいですよね。

技術の問題はもちろんあるでしょうが、包丁の刃の状態やまな板次第でそうなってしまうことがあります。

長ネギをみじん切りする包丁は研いでいますか。

安い包丁は小まめに研ぐことで切れ味が全然違い、素人にとっては1500~2000円ほどの安い包丁と100均一で売っているような包丁研ぎで十分使えますよ。

まな板はプラスチックの薄いまな板を使用していませんか。

まな板はプラスチックの薄いものですとどうしても滑りまな板、野菜共に不安定になってしまいますので、できれば木製のものを使用しましょう。

切る時は上から下へ力任せに切っていませんか。

それでは下の長ネギの皮が切れずに上の部分だけ切れてしまいますよ。
包丁を奥から手前に弾くようにリズムよく切り進めていきましょう。

その他の野菜のみじん切りの方法もみていきましょう。

にんにく
にんにくは小さな粒上でとてもミみじん切りしずらいですが、にんにくの粒を包丁の腹で潰します。
そうするとにんにくが割れつゆがでてくると思いますが、潰すことで香りが引き立つのと、つぶし割れたにんにくはみじん切りが簡単です。
にんにくの粒が大きいと上手く割れないですので、半分にし根本を切らないように切れ目を入れてから切れ目の向きを変えて垂直に切ってみじん切にしていきます。

人参
薄く輪切りにしてから、重ね合わせ端から棒状に切ります。
それを垂直に回転させ切ることでみじん切りになります。
共に1~2ミリにするとキレイな細かいみじん切りに仕上がります。
人参の鮮やかなオレンジ色が引き立ちますね。
生姜のみじん切りなども同じ方法でできますよ。

玉ねぎ
玉ねぎを半分にし、表面を下にし玉ねぎの先端を残し端から縦に細く切り込みを入れます。
先端に切り込みを入れないのは全てに切り込みを入れてしまうと玉ねぎがバラバラになってみじん切りがしづらくなります。
縦に入れた切り込み部分が横向きになるように、玉ねぎの向きをずらします。
向きを変えた玉ねぎをもう一度端から縦に切り込みを入れることで、玉ねぎはみじん切りになります。

カットした長ネギは冷凍保存できます

長ネギをその日、その時使う分だけ切っていくと、とても手間になりませんか。
ですが冷蔵保存してもそこまで日持ちしないし、食べきれなかった長ネギは無駄に捨ててしまったりしている人、多いと思います。

 

長ネギは実は冷凍保存できる食材です

あらかじめ使い野菜切り方、用途に合わせて切って保存しておくと、時間がないときでも料理の短縮になります。

買ってすぐに用途に合わせ切り使う分だけラップにしっかり包んで冷凍することで新鮮なまま保つ事ができます。
だいたい2~3週間冷凍保存がききますので、3週間で長ネギが1~2本で済むということはとても経済的ではありませんか。

長ネギは薬味として絶対必要だけど使い切れず、また買ってはその繰り返しをしている主婦にとって、冷凍保存は節約ポイントですよね。

すぐに実践していきましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691